fc2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 1000万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
日本の財政セミナー

日本の財政セミナー


  昨日はSarahさんに誘っていただいて「大蔵省OBが語る日本の財政」と言うセミナーを受けてきました。
  場所はなんと沼津。帰りは新幹線で帰って来ましたよ(笑)。
  お寿司とかおいしかったし、最後はお寺で晩御飯頂いたりして(爆)、展開がムチャクチャ面白かったです。
  滅多に無い不思議な休日でした。

  主催はこの方。OLなんて自己紹介に書いてますが、超やり手です。
  元大蔵省の講師T氏はゴールドマンサックスにもいたエリート中のエリートで、なかなか面白いセミナーでした。
  
  セミナーの内容の日本の財政ですが、やっぱり良くないんだなぁと感じざるを得ません。
  興味を引いたのが、日本以外で不況を脱出した国のパターンです。
  
  ノルウェイや韓国あたりの不況脱出パターンって、結局通貨下落による輸出競争力回復を通して、景気回復、税収回復って感じです。
  もちろん、景気回復の際には財政出動などもある訳で、これが景気の下支えをし、民間の競争力が通貨下落により回復する時間稼ぎとなるという形。
  
  これは、残念ながら今の日本では当てはまりませんでした。
  1つは通貨下落をあまりしなかったからと言うのもあるでしょうし、デフレスパイラルに陥ったと言うのもあるでしょう。
  
  日本の財政の悪さは色々と書かれていますので省略しますが、結局は日本と言う国の成長戦略の不在が根本原因だなという感想です。
  かつて、製造業で世界を席巻した日本ですが、今はどうやっても中国に勝てません。
  技術力は確かに日本の方がありますが、人民元が固定相場制を採用している事により、日本の優位性はかなり小さくなってしまっています。
  そこにデフレも加わり(これもある程度は中国の影響もある気はしますが、他の国でデフレかと言うとそうでもないので、日本の問題が大きい感じしますね)、少子高齢化、年金の破綻、生産性向上の限界、新しい産業へのシフトの失敗など萎縮してしまう条件が揃っています。
  
  財務省及び日本政府はこのあたりの成長戦略が見出せないまま、お金をどこから取るか(ファイナンスするか)とか、どこに配分(地方も含め)するかみたいな議論を続けていたんだなと言う感じをセミナーで受けました。
  これは、結局縮み行くパイの中であちらこちらの赤字(地方やら年金やら道路やら社会保険費やら)を埋めるためのお金を探す事に努力が払われる結果となり、ほとんど投資にはならなかった。
  お金をジャブジャブ使いこんだ割にはほとんどリターンのない状況で、使われた方の延命措置にしか過ぎず、ある意味浪費に終わっています。
  
  その結果、赤字国債の発行につながる訳ですが、これがまた減る見込みのないのにズルズルと増えています。
  そうこうしている内にサブプライム崩壊でバブル破綻。
  日本もやはり財政赤字が更に膨らみ、更に財政悪化。
  民主党政権は自民党以上に財政規律が出来なさそうで、ますます危うい状況が進んでいます。
  
  財政赤字が進んでいる割には日本の国債下落しませんが、やはり日本はお金はあるんです。
  特に個人はお金を結構持っていて、銀行には貸し出し先のないお金が結構ある状況です。
  このお金はどこに行くかというと、結局日本の国債を買う事になり、その結果日本国債は日本の民間企業によりほぼ90%は日本で購入するため、債券下落にはつながらず、幸か不幸か日本の通貨円も下落しません。
  
  しかし、上で書いたように、日本国債は銀行が貸し出し先が無い事により消去法によって買われている側面が強く、不況の裏返しです。
  景気がもっと良ければ、銀行も資金の貸し出し先が増え、超低金利の国債を買う必要はないのですが、成長産業もないため、銀行に滞留したお金は国債に回る。
  そこにデフレが加わると、ますますリスクを取って成長させると言う気概が世の中になくなり、お金は銀行に眠り続けると言う構造です。

  完全に悪循環の中で、もっともリスクの低い国債だけが順調に消化でき、政府の赤字はひたすら増えるのみ。
  低金利で発行しても日本人が自分で買うんだもん。
  そして、それは効率の悪かったりする独立行政法人や無駄に赤字を膨らます地方の延命措置に費やされる(日本に47都道府県もいらないですよねぇ。人口3億人、国土24倍のアメリカだって50州なのに)。
  
  日本の信用はたいして無いにも関わらず日本国債の暴落は構造上起こりにくい。
  日本人ですら、国内の投資対象(銀行の貸し出し先も含めて)が見当たらないため、個人のお金が眠り続け国債に回る状況ですね。
  
  セミナーの講義自体の感想はそんな感じでした。
  その後の質疑応答で主催の1人でいらっしゃる平九朗さん(この方も日本株の元プロディーラーの方です)が、今後20年先のための投資先として何がいいだろうかという質問をされました。
  
  長くなったので、また次回。
  
人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
おもしろそう^^
いいですねー。予定が合えば行きたかったですね。人脈も広がりそうだし。

またあるんですかね? その時はご一緒しましょう。Cステ合宿みたいな感じでw
2010/03/07 (日) 17:56:56 | URL | 鷹鳩 #-[ 編集]
面白かったですよ
鷹鳩さん

色々な意味で普段経験できない事が多かったので面白かったですよ。
主催者の方は毎月やってるみたいなので、またあるでしょう。

Cステ合宿も面白そうですね。
ちょっと遠いんですけどねぇ。
2010/03/07 (日) 22:34:19 | URL | ランケン #-[ 編集]
財政赤字
日本の額凄いですよね、不況を脱した国の方法が興味深いです。確かに国債は消去法で、親に勧められるのってこれしかない。でもリタイヤしてても20年は生きるだろうから、低リスク且つもう少し利回りいいのあるといいんですけど。

日本株で、某スーパーが優待で割引券出してます。買おうかと計算したら年数千円。あまり買い物しないからなぁ。配当もあるとはいえ、長期の成長期待しにくくてこの額じゃ嫌です。某自動車は安心して長期保有してますが小売はまだ再編出来そうですもん。親レベルだと海外もなぁ。

お寺は精進料理ですか?この方、愛読書も渋いですね。リルケって久しぶりに見た・・・プロ倫は皆読みますけど。
2010/03/08 (月) 13:55:12 | URL | 眼鏡 #-[ 編集]
こまりもんです
眼鏡さん

こんばんは。
日本の財政こまりもんです。
一番イタイのが健全化のメドがゼロな点。
どうするつもりなんだろう、政府は。。。

お寺は精進料理ではなかったですが、おいしかったです。
2010/03/08 (月) 22:34:30 | URL | ランケン #-[ 編集]
ランケンさん ナース奈那子です
こんばんは
先日さらちゃんとたこ焼き食べました

おもしろそうなイベントが沢山
ありますよねぇそちらには
今度誘ってくださいね☆
2010/03/10 (水) 22:09:49 | URL | 奈那子 #nL6A2.tM[ 編集]
実は最初は。。。
ナース奈那子さん

こんばんは。
コメントどうもありがとうございます。

サラさんとたこ焼きですか。
私はサラさんと昼間っからお寿司ですわ(笑)。
凄いでしょー。

今回のイベントはFXと言う感じではありませんでしたねぇ。
かなり、教科書の世界でもあり、実はランケンも最初の方は眠くなりました(爆)。

ただただ、付いていっただけなんですが、最後はお寺で晩御飯食べるとは思いもせず、楽しかったです。

東京に来る際は是非お声掛けください!
何かあれば企画しましょうね(ランケンはあまり主催しないので、何かあればって感じではあるんですが。。。)
2010/03/10 (水) 22:34:37 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張