FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカの銀行による2010年のランド予測

南アフリカの銀行による2010年のランド予測


  明日も会社だ。。。
  皆さんお休みに入ってますよね。。。
  やる気しないけど終わらないとお正月も仕事するはめに。。。
  というか、もうそれで決定か。。。
  人気blogランキングへ
  
  南アフリカのRand Merchant Bankは来年2010年の第二四半期までに9%下落する可能性があるとの予測を出しています。これは対ドルで1ドル8.5ランドまで下落する事を意味しており、ドル円が90円のままなら10円台半ば程度までの下落となります。理由としてはアメリカの金利引き上げによる高金利通貨が売られるとされており、ドル買い戻しとも解釈できる形になっています。やはりドルの行方次第となりそうではあります。
  
  アメリカの金利が来年中には引き上げられるのは確実な情勢となりつつありますが、南アフリカも金利引き下げフェーズは既に終了しています。次は金利引き上げに入るのもこちらはある程度見えてきており、金利差は小さくなるか大きくなるかは実は分かりにくい面はあります。
  
  ただ、アメリカの金利引き上げのペースが新興国よりも速いのであれば、RMBの予測は考えておいた方がいいと思われます。


人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ランケンさん、こんばんは。
何か、年末までお仕事大変そうですね。。。お疲れ様です。

それで、2010は世界的に見ればいよいよ利上げのフェーズになるんでしょうね。

資源国・新興国(南アフリカ) < 先進国(アメリカ) <<<< 日本

なんてシナリオを勝手に描いてましたが。。。

ワールドカップの辺りになんて、期待しているのは私だけでしょうか。
2009/12/27 (日) 23:19:19 | URL | ロベン #-[ 編集]
不等号の意味
ロペンさん

こんばんは。
2010年の後半ですね、利上げは。
あと、半年以降かな。

不等号の意味合いがよく分かりませんが、日本が一番強いんですか?
何が?
不等号反対じゃなくて???
2009/12/27 (日) 23:34:52 | URL | ランケン #-[ 編集]
ご指摘ととおり、逆ですね。

単純に、時間的な流れを書きたかっただけなんです。。紛らわしくて、すいません。

日本だけ、カヤの外。デフレの分だけ、実質金利はすでに上昇しているんでしょうけど。
2009/12/28 (月) 00:49:11 | URL | ロベン #-[ 編集]
ランドと関係無いですが
韓国が中東で原発受注を取りましたね。 大統領もアブダビに行って、国を挙げての売り込みが実ったのでしょうか。
先週からKBSニュースでは、競合は激しく、契約が決まれば画期的、転換点であり、また外交の勝利とも政府の報道官が言っていました。
負けたのは、日立、GE他連合だそうです。

NHKBSニュースで短く伝える韓国ニュースは、結構、政策を伝えています。
最近では、電気自動車化へのインフラ整備、温暖化防止の具体策(同時に目標値を発表)がありました。
方針がはっきりしていてバンバンと具体策を打ち出している感じ。基本は、アメリカの政策に沿っているように見えます。

ところで、意外と侮れないと私が思うのは、ドラマの海外輸出による、韓国売り込み力みたいな韓国文化への関心力アップの効果です。
中国でも人気あるそうです。

で、スゴイと思うのは、金融危機下でも果敢にドラマ制作を続け、莫大な費用を海外への積極的な輸出で回収しようとするチャレンジ精神というか、勇気というか、投資家マインドがあることです。

俳優も、出演料の半分は後払いでいい(かなり高額だった!)
と自ら申し出て、撮影に入ったりしていました。これがまた、ハンパなくハードなお仕事で、怪我や過労入院もあるので驚きです。
ただ、「サランヘヨ~」(愛してるよ)
と言ってるだけのドラマじゃないってことですね。
映画みたいなスケールの大きな作品もあり、演出や演技力がスゴイし、売れるのもよくわかります。

そんなこんな、日本及び最近の日本人のマインド?との違いを感じました。


ランケンさんも、仕事と風邪と、大変ですね、頑張って下さい!ずっと応援していますよ~!
2009/12/28 (月) 10:06:44 | URL | みずほ #-[ 編集]
日本人のマインド
ロペンさん

こんばんは。
そーですよねぇ。

日本だけカヤの外ってのはおっしゃるとおりですね。
危機感を感じるなぁ。。。



みずほさん

こんばんは。
韓国が頑張ってますよね。
日本は内向き志向が更に強くなっている気がします。
特に民主党。
本気で大丈夫だろうか。。。

アメリカとの関係こじらすのは最悪だと思っています。
アメリカだけが外交じゃないと言うのは分かりますが、中国と組めるとも思えません。
アジアの日本はおおいに結構ですが、アジアが日本を向いてるとも思えない。

民主党って未だに野党丸出しで、政権担当能力を感じませんね。
支持率が下がったなんて書かれていますが、当たり前です。
来年からは更に厳しくなるのは見えているでしょう。

亀井の議席分を自民党から抜いてくるぐらいのこと出来ないんだろうか?
支持率1%の国民新党に日本は壊されかねないと思いますね。

日本人のマインドは保守的になりすぎてるかもしれないですよね。
移民もダメ、外人への選挙権もダメ、アメリカ軍もダメ、ではさすがに世界に相手にされない気がします。
格差是正が叫ばれていますが、格差がないのが当然というマインドにそもそもの問題があるかもしれません。
統計なんかでは日本の格差が大きすぎるなんて話もありますが、海外の移民の人なんて統計に出てこない人がいっぱいいます。
まして、アフリカとかみたいな格差に比べると全然ですよね。

マインドの問題は価値観の問題になるので難しいものだと思いますが、日本人のマインドはちょっと疑問を感じなくはないかなぁなんて思います。
特にグローバルな時代について来れてないのかもなんて考えますね。
ガラパゴスとか呼ばれるぐらいで、海外とは違うのは明らかでしょう。
まぁ、ランケンのマインドもかなりダメダメですが。。。

応援どうもありがとうございます!
2009/12/28 (月) 23:28:48 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張