FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
くりっく365バッドティックと金価格など

くりっく365バッドティックと金価格など

くりっく365を利用されている皆様は既にご存知かも知れませんが、先週末のランド円のバッドティックは当該価格での反対取引を行う事で救済措置とされる事になりました。
ただし、11月の13日までに申請する必要があるそうですので、該当者の方はお取引しているFX業者の指示に従ってください(業者が自動でやってくれたりしますかね、ひょっとして)。

東京金融取引所が問題を認めたという事ですね。
なんか、ドルランドのレート(1ドル8.415ランド)を入れちゃったんだとか言う話もあるみたいで、なるほどそれなら数字がそれらしいなんて思いました。
昔、ジェイコム株で60万円1株を1円60万株入れて暴落したなんて有名な話がありましたが、進歩ないですねぇ。。。
ランケンの読者のかけだしコンサルタントさん、ロペンさん、くりっく365の結果をお知らせいただきありがとうございました!

さて、金価格がまた上昇して1オンス1100ドルを超えました。インドの中央銀行がIMFの金の多くを買っており、これが市場をかなり動かしています。IMFからインドの中央銀行に金がわたった所で市場にはあまり関係ないと思うのですが、こういうのに反応するところが投機的ですよね。

金価格の上昇にはアメリカの失業率10%を超えたのも要因とされています。10%超えるなんて年始から分かってた気はしますけどねぇ。ちょいと金価格上昇の理由は色々と意味不明になってきています。

分かっていたとは言え、アメリカの雇用統計で失業率二桁を超えていましたね。
すごいなぁ。10人に1人が仕事がないんだ。。。
アメリカ人なんて貯蓄率低いのによくやっていけますよねぇ。。。
まぁ、日本とは事情が違って労働市場の流動性が高いので、一度仕事がなくなっても割と見つかりやすいんでしょうが、さすがに10%超えると簡単ではないように思います。

アメリカの失業率2007年の終わりは5%ぐらいですね。
2年で倍になってる訳で厳しい状況でしょう。
日本も楽じゃないですが、外資のランケンも実は他人事ではまったくなく。。。
よく生きてるよなぁ、ランケン(爆)。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
米の失業率
同じ所に反応してて嬉しい!先ほど友人と、10人に1人って先進国の数字じゃないよね、と話してたトコです。日本だと自殺統計が跳ね上がるけど雇用流動性あると相関薄くなるのか、キリスト教の影響はあるのか。

私も他人事じゃないです、外資じゃないけどとっくに海外に負けてる業界ですから。サブプライム以前から会社の存在が危うい。でもお尻に火が付くまでは迄は他人事として分析していよう・・・

応援ポチ
2009/11/08 (日) 02:31:34 | URL | 眼鏡 #-[ 編集]
貯蓄率?
アメリカの貯蓄率は日本の3倍近くに達したみたいですよ。 

ソースはニッセイ基礎研究所です。
http://www.nli-research.co.jp/report/econo_eye/2009/nn090708.html
2009/11/08 (日) 06:47:06 | URL | pさん #JalddpaA[ 編集]
くりっく365の南アフリカランドは
一応良い方向で話が進んでよかった
と思います。ですが顧客の信頼を
著しく失ったかと思います。
くりっく365を使わなくなる人が
増えるでしょうね。
2009/11/08 (日) 09:53:30 | URL | デイトレダー #-[ 編集]
バットティック
被害を受けたものです。
出金する人が多くて慌てて対応したこの始末。
税制で優遇しているとは言え、私も不信感持ったので店頭FXをメインにすることに決めました。
2009/11/08 (日) 14:55:04 | URL | 八郎 #-[ 編集]
貯蓄率じゃなくて貯蓄
眼鏡さん

こんばんは。
アメリカの失業率って歴史的にちょっと高めではあるんです。
一応、雇用の流動性が高いからって事になってますが、10人に一人と言うのは、分かりやすく衝撃的。

もっとも日本も20人に一人です。
日本の方が職探しはある意味難しいので、一度失うと結構コワイですよね。
アメリカと違って復帰しにくいと言う意味では、日本も十分コワイ。

いつも応援どうもありがとうございます!



Pさん

こんばんは。
たしかに。。。
貯蓄率って書くと違うですね。
貯蓄が少ないって言うべきだったなぁ。

でも、貯蓄率が日本がアメリカに負けるってのも相当コワイ話ですね。
しかも3倍ですか。。。
日本で数少ない優位性だと思うんですが。。。

日本は貯蓄も減るとなると、どうするか。
個人的には海外の人を受け入れた方がいいと思うのですが、なかなか世論は付いてこないだろうなぁ。
日本に住んでる外人の参政権すら認めれないもんなぁ。



デイトレダーさん

こんばんは。
一応は丸く収まりそうで良かったですよね。
もう少し様子見が必要なのは間違いないでしょう。



八郎さん

はじめまして、こんばんは。
おっしゃるとおりで、対応は明らかに後手に回っていますね。
知らぬ存ぜぬで済まそうとしたと言われてもおかしくないような対応だったと思います。

被害にあった方の心中はお察しします。
税制優遇も含めてやっぱりちょっとお役人のやる事だなぁと思いました。
税制優遇だっておかしな話だと思いますよ。

ただ、店頭FXも安全かと言うと業者によってだいぶ差はあります。
銀行すら潰れる時代に絶対に安全な所なんてありませんが、多少なりともいい所でやりたいですよね。
2009/11/08 (日) 18:01:00 | URL | ランケン #-[ 編集]
私は店頭で取引していたため、週明けのストップロスに巻き込まれて昇天しました。くりっく365の救済対象とはならないのですかねぇ。。。
一応まとめwikiを見つけたので拡散用に置いておきます。ご迷惑なようでしたら削除お願いします。
http://www40.atwiki.jp/clickfxtrouble/
2009/11/10 (火) 22:06:14 | URL | 烏賊の足 #SFo5/nok[ 編集]
どうもありがとうございました!
烏賊の足さん

こんばんは。
URLのお知らせどうもありがとうございます。
全然、迷惑じゃないですよ。
実際にくりっく365で起きた事です。

店頭分は救済対象にはならないでしょうねぇ。。。
ご愁傷様です。
南アフリカの理由で暴落は常々考えてて、色々とランケンでも見てきたつもりですが、くりっく365で暴落ってのは想定外もいい所ですよねぇ。

ある意味、リーマンより恐ろしいくりっく365。
2009/11/11 (水) 00:31:26 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張