FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
日経新聞とエスコムCEO

日経新聞とエスコムCEO

金曜日と土曜日の日経新聞の朝刊に南アフリカの特集記事が出ていましたね。ほぼランケンで既に紹介してある話で目新しいものは特に無かったように思いますが、日経新聞が南アフリカを特集で取り上げる辺りがなんとなく嬉しいですね。まぁまぁ好意的に書かれてたし。

日経新聞と言えば、日本のデフレが長引きそうだなんて記事も昨日出ていました。2011年まではデフレとされており、恐らくその後は不明なんでしょう。来年のデフレは0.8%、実質成長1.2%って名目は0.4%のようです。。。これって成長と捉えるのかなぁ。。。相変わらず日本の先行きには悲観的にならざるを得ません。ほんと、どうするんだろうか、この国は???

さて、南アフリカは電力問題が目下最大の国内懸案事項となっていますが、南アフリカ国内唯一の電力会社エスコム社のCEOに辞任要求が取締役会から出されたようです。一方で、CEO側はそのような要求は出ていないと否定していますが、結構ニュースになっています。

CEO変わってもどうかなぁって気はしますよね。そもそも電力供給の独占が政治家の色々な思惑を受けやすい構造になっているため、今回の電力問題もおきています。CEOレベルの問題と言うよりも、電力行政のあり方から議論した方がいいとは思うんですけどねぇ(してるとは思いますが)。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ランド、朝から大荒れでしたね。まるで、一年前を見ているようです。

金曜日には雇用統計もあるし、今週は何かとバタバタしそうですね。

ところで、一部の間で大変な騒ぎとなっているくりっく365の先週末の異常レート(終値Bitが8円台)について、業者(インヴァスト)から回答がありましたので共有です。どうやら東京金融取引所は正常なレートだと言い張っているようです。どう決着つけるのか注視しなければいけませんね。


平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
インヴァスト証券【くりっく365】でございます。

お問い合わせいただきました件について、回答させていただきます。

くりっく365におきまして10月31日の午前4時59分台にランド円の価格が
8円台となったことについて回答させていただきます。

10月31日午前4時59分台に、ランド円の買気配価格が8.415円及び8.435円で
配信されました。同日、当社より取引所に問い合わせたところ、市場要因で
発生したレートでありシステム障害は発生しておらず、有効な価格との
説明がありました。

ただし、当社といたしましても市場価格から大きく乖離して取引が成立する
ようですと、お客様に安心してお取引いただけなくなるため、本日、再度、
取引所に対して詳細な説明と今後の対応について問い合わせております。

取引所から回答が出ましたら再度、メールにてご連絡させていただきます。

返信が遅れ、誠に申し訳ございませんでした。

その他ご不明な点、ご要望等ございましたら、
下記サポートセンターまでお気軽にご連絡ください。

今後とも、インヴァスト証券【くりっく365】をよろしくお願い申し上げます。

2009/11/02 (月) 18:26:36 | URL | #-[ 編集]
東京金融取引所の対応
お名前を書かれなかった方へ

情報どうもありがとうございます。
くりっく365コワイですねぇ。。。
いくらなんでも実勢と乖離しすぎでしょう。。。

異常レートじゃなくて仕組み上そうなんだって言う解答が業者やら東京金融取引所から出されていますが、それは仕組みの不備とも言うのではないかと思うんですが。。。
おっしゃるとおり、決着をどう付けるかは見たいですね。
これが出されるまではくりっく365では取引しない方がいいぐらいに思います。

以前もポンドかなんかで似たような話があったみたいですし、改善すべきでしょう。
じゃないと、リーマン破綻みたいなのがくりっく365ではしょっちゅう起きる市場ってな事になりますよね。
しかも、悪意を持ってやられるようでは非常に大きな問題じゃないかと。
東京金融取引所の対応を少し注視しましょうね。
ご理解くださいで済ますなら、もうあそこではやってはいけません。

なにか対応案が出たらお知らせくださいますと幸いです(私、くりっく365もってないのでほぼ確実に見逃します)
2009/11/02 (月) 23:46:48 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張