FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
アイスランドの近況

アイスランドの近況

今回の金融危機で大きなダメージを受けたアイスランドですが、久しぶりにその動向がニュースになっていましたのでお伝えします。アイスランドの銀行は、イギリスやオランダに支店を設けてお金を預かっていましたが、アイスランドの銀行が全て破綻してしまい、お金を預けたヨーロッパの人は大きな被害を受けました。

この件で、アイスランドとヨーロッパ諸国は議論を続けていましたが、アイスランド議会はこの度60億ドル(約6000億円)の返金をイギリスとオランダにする事となりました。アイスランドの人口はわずか30万人ですから、1人あたりおよそ2万ドル(約200万円)を海外の人に返さなくてはならない計算です。

現在、アイスランドは今回の金融危機は相当危ない事になったので、EUに加盟する方向で動いています。そのため、ヨーロッパ諸国の反感を抑えるのは最重要事項で、それなしではIMFからの融資も受けられずかなり厳しい状況になっています。また、アイスランドのGDP成長率はなんとマイナス10%となっており、既に金融立国としては破綻しているので、次の産業もそう簡単には作れず非常に悩ましい状況です。

EUにアイスランドが入るのであれば、アイスランドクローナはなくなりユーロになりますかね。その方がいいでしょうね。楽観的に考えればアイスランドの人口は30万人ですから、労働人口は半分程度でしょうか。その程度の人数ならヨーロッパの各国に働きに行っちゃえば、国の復興も比較的早くできる気がしますね(すっごいいい加減。。。)ヨーロッパで2,3年がんばれば200万円ぐらいなんとかなりそうですよね。

頑張って欲しい所です。明日は南アフリカの貿易収支発表です。ランドは1ドル7.70ランドで高値を抜けられるかのラインにいますし、注目ですね。人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
労働人口なら一人当たり400万では?
アイスランドの人がヨーロッパの労働市場に出られるかというのが大問題ではないでしょうか。
一人当たり200万円で労働人口が人口の半分なら一人当たりは400万円の借金ですよね。
失業して出稼ぎに行く人が返せるかは難しいところですよ。
給料は多分300万円くらいで買い叩かれるはずですし、生活費を引いたら返済できる金額はせいぜい10万円くらいではないでしょうか?
現実的には返済は借金を重ねて行うことになるでしょう。

応援ポチ
2009/08/31 (月) 00:48:53 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
ですねぇ
Nekkiさん

こんばんは。
そうですね。

一人当たり400万はおっしゃるとおりです。
その計算の方が現実的だと思いますね。
かなり簡略化した計算を私がしています。
まー人口も少ないし、1人あたり数百万円は小さくはないけど人口少ない分なんとかなるんじゃないの~なんて、ちょろっと計算してみただけです。

アイスランドの人って教育レベルは高いはずですので、ヨーロッパの労働市場出れない事はないと思うんですけどねぇ。あんまり知らないですけど。

ただ、イギリスとオランダへの返済も6年後かなんかからのスタートみたいで若干猶予があるのと、現実的にはアイスランドの人が本当に国外で労働するかと言うとそうでもないですよね。

IMFからの融資やら、金利やらで厳しい状況には陥るでしょうが、まーなんとかなるといいなぁと。
頑張って欲しいですね。

いつも応援どうもありがとうございます!
2009/08/31 (月) 01:10:55 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張