FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ、アンゴラに過去最大の訪問団

南アフリカ、アンゴラに過去最大の訪問団

月曜日にアンゴラの記事を書きましたが、南アフリカズマ大統領は大統領就任後初の外国訪問としてアンゴラを一昨日から訪問しています。南アフリカも原油産出国のアンゴラは非常に魅力のある国に見えるようで、なんと閣僚11人と企業経営者も伴い1994年以来最大のアンゴラ訪問となっているそうです。

この中で大きな契約が6つほどまとまったそうで、スタンダード銀行が支店をアンゴラに開く事になりました。これにより、南アフリカからアンゴラへの直接投資が出来る事になり、経済的な関係が緊密になります。

ズマ大統領はアンゴラ大統領と個人的に親しい関係も構築できているそうで、南アフリカの前大統領ムベキ氏よりもずっと良いとされています。南アフリカのシンクタンクなどでも、アンゴラは戦略的パートナーとして重要でズマ政権の外交努力で利益を得る事が出来るだろうとしています。

アンゴラ大統領も南アフリカとアンゴラの関係で更なる発展を創造できる準備が出来ていると述べています。また、この2ヶ国の共通事項として軍事力が強い事があるんだそうです。アメリカがアフリカの安定を目指して軍事的影響力を強めようとしていますが(AFRICOMと言うのがあります、また今度書きます)、アフリカ諸国は実はアメリカの軍事力の展開を嫌っており、こう言った面における外交でもより緊密になりそうです。

軍事力の後ろに見え隠れするのは原油です。アンゴラの原油を巡っては中国も進出していますし、南アフリカも指をくわえて見てるつもりは無さそうです。最近、オイルパワーは中東からアフリカにかなり移っています。アフリカ全般の発展もあり、地政学的にも面白くなってますね。ランケンはアフリカ勉強が楽しい!人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
新型インフルエンザ再流行か。
こんばんは。例によって、表題と無関係です。
またもや、新型インフルエンザが流行りだしましたねー。特に奈良県だそうですね。
図書館通いをしているのでちょっと調べてみて、当たりました。
引用始め。
08/21
「豚インフルエンザ 沖縄に次いで新型インフルエンザ絶賛流行中の奈良県奈良市立中央図書館職員2名が感染 現在療養中」

「先ほど、奈良市立中央図書館に行ったら、入り口に消毒用アルコールが置いてあった。
 おお、これは準備がいいなと、よくみると、昨日付で 本館職員2名が新型インフルエンザに感染しました。ただいまリレンザなどを服用して自宅で療養中です。などと書かれた紙が一緒に置いてあるではないか・・・」 引用終わり。
5月の時も図書館閉鎖したところがありました。
私は、前回の感染時にはこれから暖かくなるかる冬まで終息すると思っていたんですがねー。ちょっと、ブルーです。
アフリカでもインフルエンザが流行っているのかなー。
まー、自衛手段を講じるだけですけどね。
応援ポチッ。
2009/08/22 (土) 19:48:36 | URL | 単独行 #-[ 編集]
インフルエンザ
単独行さん

こんばんは。
南アフリカでもインフルエンザが上陸したと先日新聞に書かれていましたね。
だいぶ遅いな~なんて思ってたら日本でもおかしな事になってきてますよね。
こんな時期にインフルエンザなんて。

私の知人も先日まで寝込んでたなんて言ってましたから、かなり自分の近くまで来ているようです。
ランケン、結構もらうんだなー、こういうの。
いらんものばっかりもらう。。。

私も外から帰ったらうがいとかしてます。
自衛手段、大事ですよね。

いつも応援どうもありがとうございます!
2009/08/23 (日) 21:44:45 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張