南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
世界銀行の南アフリカに対する成長予測

世界銀行の南アフリカに対する成長予測


来年の南アフリカの経済成長は3.6%と世界銀行が予測しています。これは南アフリカ財務省の予測の4.3%よりもかなり低い値となっています。世界銀行によると、経済成長の減衰は利上げによる国内需要が弱くなる事に起因するだけでなく、ランドも弱くなると共にインフレが進むためとしています。しかし、ランドが弱くなる事により輸出部門が好転するためハードランディングとはならないだろうとの事です。

成長セクターとしては、ランドが弱くなる事で恩恵を受ける鉱業と製造業と予測されていて、2010年のワールドカップへのインフラ投資も成長に寄与するとしています。また、インフレ率は来年6%を超えると予測しています。先週の中央銀行総裁は6%のインフレターゲットの上限を来年第二四半期に超える事に言及しているそうで、2008年末には5%強としているそうです。

ちなみに世界銀行の予測によると、世界経済は2030年まで平均として3%成長するとしていて、先進国では2.5%の成長で発展途上国では4.2%の成長としています。

さて、国内の現在の消費者需要に関してみると、金利引き上げの効果が出始めたようで小売の売上成長が8.8%と減速しています。先日、自動車販売が減速した旨をお知らせしましたが、小売の成長率も経済の減速を裏付ける形となっています。とは言っても、10%近くありますのでまだまだ高い状況です。ただし、利上げの影響が出てくるのは少し時間がかかりますのであまり上げすぎるのも問題です。市場の一部では来年の2月の利上げは一度見送って様子を見る可能性もあるのではないかと考えているそうです。

うーん、ちょっと難しいですね。ランドが凄く弱くなるようには聞こえませんが、今の利上げがどの程度インフレに効力を発揮してくるかって所とランドがどうなるかって所で金利が決まりそうな感じでしょうか。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
【FXとは? 外国為替【FX】初心者が安定して月利20%を稼ぐ為替取引】
いきなりのコメント失礼します。

いつも内容の濃い情報でタメになります。私も初心者向けの無料レポートを閲覧できるサイトを運営しております。これを機会にお近づきになれればと思っております。

【FXとは? 外国為替【FX】初心者が安定して月利20%を稼ぐ為替取引】 http://hide-fx.seesaa.net/
2006/12/15 (金) 15:44:22 | URL | ナガイヒデユキ #-[ 編集]
ナガイさん

はい、よろしくお願いします。えっと、これは相互リンクのご依頼でしょうか?
2006/12/16 (土) 12:13:29 | URL | FXZAR #-[ 編集]
ランドは弱くなるのか?
>世界銀行によると、経済成長の減衰は利上げによる国内需要が弱くなる事に起因するだけでなく、ランドも弱くなると共に・・

ということですが、利上げしてランドが弱くなる、というロジックがよくわかりませんね・・。なぜなんでしょうね?
2006/12/16 (土) 17:24:30 | URL | moneytree7 #-[ 編集]
ランドが弱くなることに関して
Moneytree7さん


この件ちょっと説明します。

まず、利上げするのはランドを強くするためにしている訳じゃなくて、インフレ抑制の目的ですよね。インフレって言うのは需要が強すぎてモノの価格が上昇してしまう事を言います。

つまり缶ジュースが1本100円だったのが、110円、120円になりって感じです。そうすると同じ物を買うのに同じお金で買えなくなるっていう事だからお金の価値が下がってる事を意味します。

そうすると、そんなお金持っててもしょうがないから、みんなランド売ってよその国の通貨にしとこうと言う事になります。これがインフレによる通貨の弱体です。

で、これをなんとかするために政府は何をするかというと、金利を引き上げるんです。要はお金を使いすぎて物の値段が上がり、そんなお金持っててもしょうがないから更に使って更にインフレが進むという悪循環を断ち切る。このために利上げして銀行にお金を留めておくとか、借金しすぎて物を買ったりしないようにするとか、過剰な投資をさけるようにするとかして経済を少し冷やすんですね。

ちょうど今の南アフリカの状況です。ある意味でアンバランスな状況で、国としては物の値段(つまり通貨の価値)が安定して成長して欲しいんです。

というわけで、金利を上げるっていうのは通貨から見ると必ずしも良い状態とは限りません。日本みたいにデフレはどんなに金利を下げても物の値段が下がってしまう状態で困り物ですが、発展途上国はインフレで困ってるところが多いです。

もう一方で、通貨の弱体は輸出業にとっては良かったりします。日本なんて典型的ですが、円安になると利益がだいぶ良くなりますよね。従って、通貨が弱くなりすぎると今度は輸出業が利益を出せるようになってまた経済が活性化してくる、従って通貨がまた強くなってくるという側面も持っています。ということは極端な下落もしないんですね。こうなると通貨は安定してきますし、経済も安定して成長できるというわけです。

そういうわけで、通貨の変動性はばねのようなクッションの役割を果たしています。経済の側面から見ると良いんですね。
2006/12/16 (土) 20:49:40 | URL | FXZAR #-[ 編集]
追記
上のコメントちょっと追記しておきます。

結果としてはそんなに弱くならないはずです。ここがIMFあたりからは評価されているところで、政府として利上げなので適切な処置を行っているというコメントが出るゆえんです。

一方で世界銀行は何を言っているかと言うと、利上げは良いがそのために政府が思っているほど成長しないんじゃないかと言っています。更にインフレのためランドは弱体するのではないかと予測しているわけです。

このへんは単純に程度問題の話で、大枠は悪くなっていると言っているようには聞こえません。ただ、利上げの効果とインフレ抑制の程度として予想よりどうなるかぐらいに聞こえます。こういう程度問題になると難しいのですが、まーある程度長期保持する分には大勢に影響はないんじゃないかななんて思ってます。
2006/12/16 (土) 21:04:24 | URL | FXZAR #-[ 編集]
できれば
相互リンクして頂けるとありがたいです。

こちら、完了しました。

2006/12/24 (日) 11:33:24 | URL | ナガイヒデユキ #-[ 編集]
ランドとドル
はじめまして。
とても勉強になるブログですね。順番に読みながら勉強させて頂いています。
実は私は現在南アで仕事をしています。普段普通に使っているランドと円のレートには全く無頓着なのですが、ドルとのレートにはどのように決定されていっているのか興味があります。もし良かったらドルとランドの決定要因等解説して頂けないでしょうか?
2007/01/04 (木) 05:00:29 | URL | kazu #-[ 編集]
Kazuさんお待ちしてました!
Kazuさん

はじめまして。
あけましておめでとうございます。
ついに来ていただけましたね。南アフリカ在住の方!!!
お待ちしてました!!!
是非、コメント一杯頂けますと嬉しいです。
現地の生情報大歓迎です!

えっと、それはそうとドルとランドのレート決定要因ですよね。完全に分かれば苦労は無いのですが、色々な要因が複雑に絡み合っています。ただ、私が考えるに最も大きな要因としては世界経済と世界のマネーの流れ(安全資産かハイリターンか)を押さえることがまず大事かと思われます。

世界経済が良くなるとまず世界のお金の流れが良くなります。すると、高い金利や成長性を求めて新興国にお金が回ります。当然、投資になるものも多いわけですから新興国は更に成長をできる環境が整いこれが更なるお金を呼び込むと言う好循環になります。結果として、新興国の通貨が買われます。

さて、逆を考えると世界経済が悪くなる局面ですが、世界のマネーは最も安全なUSドルに回ります。要は投資家はリスクが怖くなるのでUSドルに逃げるわけですよね。この場合ドル買いになり、反対にランドなどの新興国の通貨は売られます。

Kazuさんは日本株の売買されますでしょうか?今の話ってわりと単純でソフトバンクとかの成長株を買うか東京電力を買うかって時と同じです。景気がよければソフトバンクを買う人が多くなりますね。景気が悪くなると東京電力やJR、NTTなどのディフェンシブ銘柄を買いますね。簡単に言っちゃえばそんな感じです。

さて、他にも考えるべきこととして金の価格や商品相場ってのがあります。金とUSドルって逆の関係があるのですが、USドルが買われれば金が売られますし、USドルが売られれば金が買われることが多いです。例えばアメリカでテロが起きればUSドルからお金が逃げてどこに行くかというと安全資産の金です。結局これも、USドルと金や商品の間をマネーがいったり来たりしているようなものです。ご存知のように南アフリカは金の最大の産出国であり、金の価格が上がればランドも上がります。従って、USドルとランドって逆相関(って言葉お分かりでしょうかね。片方が上がればもう片方が下がる関係です)の関係になる傾向があります。

ここまではドルとランドの決定要因としては外部要因になりますが、他に影響を与える要因としては南アフリカの内部要因があります。つまり南アフリカ自体の景気やインフレ状況です。ご存知の事と思われますが南アフリカは現在インフレターゲットを設定して健全なる成長を目指しています。ただ、この成長がインフレターゲットを超えた状況での成長は物価が上がってしまうのでランドの価値が下落することになりランドは売られます。流通量が全然違いますので、ランドが売られたぐらいでドルは上がりませんがランドは弱くなる方向に働きます。従って政府は金利を上げて、物価を抑制してするっていうのが今の状況で、市場はこれを好感していてランド買いに繋がっています。ただ、金利上昇は景気を冷やす事にも繋がるんでさじ加減が微妙なところではありますが市場の評価は良いようですね。もちろん、世界経済が好調に推移しそうだと言うのが基本にあってその上で金や商品の価格推移もにらみながら南アフリカの経済を見て最終的にドルとランドの価格が決定されます。

いかがでしょうか?お答えになりましたでしょうか?
是非是非またコメントください。
特に南アフリカの現地の生情報歓迎です!!!
観光場所として楽しいところとか何でも結構ですよ!!!
よろしくお願いします!
2007/01/05 (金) 01:27:55 | URL | FXZAR #-[ 編集]
ありがとうございます
丁寧な回答ありがとうございます。大変勉強になりました。途上国開発に携わっていながら経済は大の苦手で、まだイマイチロジックが分からない事がありますが、ちょっとジックリ考えてみて、また質問させて頂くと思います。ちなみに私は株や為替は全くやっておらず、純粋に興味で質問させて頂きました。
私も南アの生活や開発状況、W杯(サッカー馬鹿なので・・・)、映画、日常生活等をきままに更新するブログをやっています。為替に役立つような内容ではないと思いますが、遊びにきて頂ければと思います。http://blogs.yahoo.co.jp/chrischangwe
これからも宜しくお願い致します。
2007/01/07 (日) 07:59:14 | URL | kazu #qUnzMvgw[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張