FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ景況感指数

南アフリカ景況感指数


  もうあさってですね。ワールドカップ。
  早いなぁ。↓
  人気blogランキングへ
  
  第二四半期の景況感指数は7ポイント下げ36ポイントになりました。予想の43ポイントより悪い結果となっています。下落はしたものの第一四半期が良すぎた事もあり、この結果は現実的なレベルに落ち着いたと調査をしているRMBは述べています。これは第一四半期の上昇率が過去15年間で最大のものであった事に触れたもので、今回の下落はその意味で現実的ということです。
  
  ただし、36ポイントと言う数字自体はあまりよくありません。50ポイントが中立ですので、第一四半期の結果を差し引いて考えても楽観的になれるほどよいものとは言えなくなっています。この結果について、南アフリカでは予想外の結果ではあるものの、それほど失望するものではないとしています。
  
  一方で、ヨーロッパの債務危機など世界経済は不安定な状況が続いています。ヨーロッパは南アフリカにとっては、最大の貿易相手ですので、この影響に関しては南アフリカでも心配されています。また、南アフリカ国内においては消費が盛り上がることが期待されています。3月の結果はまずまず好調でしたが、消費の盛り上がりは力強さにはかけており、その点が懸念材料とされています。
  
  今の世界情勢で景況感がよいのはなかなか難しいのですが、ワールドカップもあるのでもう少し期待値が高くてもいい気はしますかねぇ。まぁ、しょうがない所でしょうか。
  
  さぁ、ワールドカップの準備だ。(って何するんでしょう?)
  
人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの製造業生産量の予測

南アフリカの製造業生産量の予測


  南アフリカの4月の製造業生産量は年率7.1%上昇の予想が出ています。
  これはロイターのエコノミストの予測みよるもので、堅調な製造業の伸びが継続すると期待されています。
  四半期ベースでも4.3%の伸びとされています。
  製造業生産量の発表は今日の8時ぐらいなのですが、ランケンがちょっと間に合わないのでまた明日詳細を書きます。↓
  人気blogランキングへ
  
  ランドはまぁまぁ硬いですが、やや下落基調かなぁと言う感じは否めなくなってきました。
  1ドル7.78ランドぐらいですが、ユーロ下落に伴いリスク資産回避が続いています。
  市場では1ドル7.6ランドが当面の壁とされています。
  
  さて、ギリシャは公務員の人数が把握できていない事が分かって、人数把握に乗り出したようです。
  一般で言われているのは5人に1人とか4人に1人が公務員だとかって話ですからスゴイですよね。
  すっごく単純化した計算をすると20万円の給料もらってたら4万から5万円は最低でも公務員の給料のための税金に持っていかれる訳です。
  それ以外に工事したり、外注したりってそりゃー赤字になりますわな。
  
  GDP比14%ぐらいの赤字のはずですが、そもそも公務員削減をしないとどうしようもないように見受けられますね。
  1000万人の人口のうち、労働者が500万人、そのうち100万人が公務員として、10%程度まで公務員の比率を下げると50万人の職がなくなる事になります。
  失業率が10%増加する計算になりますが、単純計算にしてもスゴイ話です。
  
  それだけの人数を吸収できる産業があるとも思えませんし、3年間の延命じゃ無理じゃないかって話はよく分かる気がしますね。
  ドイツが怒るのも無理はないのですが、怒ってばかりでもねぇ。。。
  まぁ、政府と言うより国民が怒っているので、政府は悩ましい所でしょう。
  時々思うのですが、国民が間違ってる場合ってないんでしょうかねぇ(日本も含めて)
  少なくともポピュリストって言う言葉があるぐらいで、国民は基本的に欲しいしか言わないわけで、規律なんてものは選挙でどこまで通じるんだろうかなんて思うんですが。。。
  
人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ワールドカップ経済効果1兆円

ワールドカップ経済効果1兆円


  日本のスポーツ新聞なんかで南アフリカで銃撃戦みたいな記事が一面に出てきましたね。
  さすがと言うべきかなんと言うべきか、マスコミは過激なのがお好きです。↓
  人気blogランキングへ
  
  さて、日本チームも南アフリカ入りしていますが、各国チームも続々と南アフリカに入ってきています。
  各国チームの到着にあわせて南アフリカも万全の体制を取るべく、軍を出動するなどしています。
  南アフリカの軍ってかなりスゴイみたいですからね。
  なにせ傭兵の国、銃撃戦なんかになって鎮圧出来ない訳がない。
  
  今日はアルゼンチンのフーリガンを国外追放したなんて話も南アフリカの新聞には出ていました。
  南アフリカ国内にはフーリガンがいないので、南アフリカ国外(主にイギリスのようです)の専門化が判定するそうです。
  既に先月だけでイギリス人のフーリガンなどのトラブルメーカーなんと3200人を追放したそうです。
  すげーな。。。
  
  しかし、フーリガンもスゴイですよね。
  わざわざ北半球から南半球の端まで降りてきて、あんな黒人の強そうな軍隊が配備されている中で暴れようと言う気が知れん。
  南アフリカに行ったときにダイヤモンド研磨工場か何かの建物にゴツイ黒人のマシンガン持ったガードマンが普通に立っていましたが、あれが軍隊でいるのに、どうするつもりだろうか???
  
  南アフリカの新聞はアフリカの可能性を世界に示すいいチャンスだとしながらも、もし暴力などで失敗した場合は大きなイメージダウンに繋がると述べています。
  南アフリカ人もここ数週間で批判的な人もだいぶ静かになったそうで、最初で最後のワールドカップとばかりに盛り上がっているようです。
  
  ワールドカップによる経済効果は最終的に120億ドル(約1兆円)と試算されています。
  ちなみにギリシャへのIMFの支援3年間で3兆円強です。
  およそ1年間で1兆円ですので、南アフリカワールドカップの経済効果並ですね。

  1ヶ月間の世界最大のお祭り、ランケンは前向きに楽しみますよ。
  銃撃戦なんて今に始まった話じゃないし、サッカー好きだもん。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



クリック証券のランドのスワップ

クリック証券のランドのスワップ


  FX業界の価格破壊と言うとクリック証券ですが、ランド円のスワップが210円(10万通貨単位)になっています。
  恐らく、最高値レベルのスワップだと思います。
  
  クリック証券ではちょっと前からCFDも始めています。
  クリック証券はFXやCFDだけではなく、株式、先物、オプション、eワラントまで取引できます。
  情報配信などよりも手数料の引き下げに力を入れていて、業界最安値水準です。
  
  CFDは日経225とダウ先物のCFDだけですが、FXの人気会社の1つですからこれから増やしてくかもしれませんね。
  個人的にはスペインとかの取引もさせてほしいところですが、なかなか難しいかな。
  クリック証券の取引ツールはデイトレ派にも使いやすいと有名ですね。
  
  そういえば、デイトレで思い出した。
  明日のヨーロッパは結構下げそうです。(日経も下げるはずですけど)
  金曜日にダウが結構下げましたからねぇ。
  ちょっとショート狙いたい感じですよね(4時って時間が厳しいんだよなぁ。。。)

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカワールドカップダンス!

南アフリカワールドカップダンス!


  いよいよ来週の金曜日から世界最大のスポーツイベントのワールドカップが開催されます!
  楽しみですねぇ!!!↓
  人気blogランキングへ
  
  南アフリカでワールドカップダンスがはやっているようです。
  サッカーの動きをダンスにしているんですね。
  なかなか面白いです(なんか前も掲載した気もするんですけど、書きましたっけ?これ?)  
  
  ワールドカップのダンス

  
  踊り方

  
  チケットは3週間ほど前に300万枚の内9割が売れたそうで、ほぼ売り切れが予想されています。
  ちょっと景気後退もあってチケット販売に苦戦している感じはしてましたが、なんとか売れそうですかね。
  
  各スタジアムの資料なんかも下のファンガイドにあります。
  行かれる方は参考にどうぞ!
  
  南アフリカワールドカップのファンガイド
  
人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ、為替介入へ近づく

南アフリカ、為替介入へ近づく


  管首相が誕生ですね。
  どうなる事やら分かりませんが、国民新党との連立なんとかなんないのかなぁ。。。
  
  鳩山政権でランケンが最初から引っかかったのは郵政の話で、国民新党にはいい感じしないです。
  沖縄の話は社民党でしたが、結局のところ鳩山政権は連立を組んだ事による2つのテーマと自身の政治資金で倒れたと言える気はします。
  もちろん、民主党が社民党と国民新党の意見に賛成だったからこそ組んだ連立でしょうが、連立のせいでこじれている部分もあったと思います。
  
  それでも、まだ連立を組まないといけないのがどうもなぁ。。。
  政治でいつもがっかりさせられる事の1つですよね。↓
  人気blogランキングへ
  
  さて、南アフリカ中央銀行は為替市場での介入に踏み切りそうで、まもなく南アフリカ中央銀行から発表がされると報じられています。
  目的は、ランドのボラタリティーの低下を狙ったものであり、ドルにペッグしたり特定の価格にするものではなく、変動為替制は維持するとしています。
  基本的には市場のスムージングを狙ったものであるのはたしかなのでしょうが、新興国への資金流入が続いておりランドも下がらないので、少しランドを引き下げたい思惑はなくはないんじゃないでしょうか。
  
  今日はユーロがまた下げていますね。
  ユーロドル1.2割れそうです。
  理由はハンガリーがギリシャに似た状況に陥っているとされています。
  ハンガリーの首相がギリシャみたいにはしないと述べていまして、それ自体異常な話ではあります。
  
  そもそもハンガリーってリーマン破綻前後でIMFの支援を受けているはずなんですが、どうなったんでしょうね。
  ヨーロの危機のあおりをくらって、外人が資金を引き上げて国債の消化が出来ないって図式かな?
  
  今日はアメリカの雇用統計もありますし、どっち行くかは分かりませんがかなり動くかもしれませんね。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ景況感指数下落

南アフリカ景況感指数下落


  ワールドカップまで後1週間じゃないですか。
  なんとなく盛り上がりを感じませんが、楽しみですよね。
  仕事したくないなぁ。
  6月11日の金曜日に南アフリカ対メキシコ戦が開幕です!↓
  人気blogランキングへ
  
  南アフリカの5月景況感指数は82ポイントとなり、4月の84.2ポイントから下落しました。
  発表を行っているSouth Africa Chamber of Commerce and Industryでは4ヶ月ぶりの下落としており、経済統計がやや悪化しているのと民間の資金需要が減っている事を反映しているとしています。
  
  また、懸念事項としてストライキがあげられており、インフレ率を超えた賃金上昇も指摘されています。ストライキに関しては、政府の支持団体である労働組合が圧力を強めていて、今後の成長を妨げる可能性があると警告しています。労働組合側は最悪ワールドカップ中のストライキもあり得るとして、過熱感が出ています。
  
  ランドは今日は上昇してきていますね。株価も上昇して、リスク資産への買いが戻ってきています。ただ、まだ危機が去ったわけではまったくなく、特に来月あたりのスペインの国債の売り出しはまた市場が動揺しそうです。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ金産出量減少

南アフリカ金産出量減少


  鳩山首相が退陣しましたね。
  退陣して株価が上昇。でもやっぱり地合の悪さはあってその後下落しています。
  ただ、明らかに鳩山退陣を市場は好感した感じしますね(笑)。
  ランケンは当初から批判的でしたが、最初から最後まであんまりいい所のない政権でしたね。。。(まぁ、反自民票で民主いれてますけどね)
  選挙だけはやたらと現実的で(悪い意味で)、政策は理想論ばかりでまったく地に足のついた感じがしない政権だったなと言う感想です(ちょい厳しいかなぁ)。↓
  人気blogランキングへ
  
  株に関してはCFDステーションで昨日書いたトヨタ買いのホンダ売りスプレッドがもうワークしてニタニタしてます。
  まぁまぁ勝てるポジションだと思うので、CFDステーションご覧ください。
  
  さて、南アフリカですが、今年第一四半期の金(GOLD)の産出量が2009年第四四半期に比べて15%も下落しています。
  年率でも12.4%の下落とかなりの下落幅を記録しています。
  
  南アフリカの金産出量は近年下落を続けていますが、背景には採掘しやすい場所が減ってきた事があります。
  ピークは2006年となっており既に前から分かっていた事ではあって、市場に影響を与えるようなニュースではありません。
  金の産出量がGDP成長率に影響を与えるならば、問題ですがそれはなさそうです。

  それもあってか、最近はランドと金の価格関連ってあんまりない気がするんですけどねぇ。
  資源国通貨なので金価格にある程度は影響を受けているとは思いますが。
  
  その金価格は1オンス1225ドルをつけています。
  ヨーロッパの債務危機によりユーロから逃げている資金が金市場にも向かっているようです。
  ユーロが買えにくいのはもちろんの事、ドルも買いにくいという状態ですので、金は底堅い推移となっています。
  
  市場では、ユーロを救うにはユーロを印刷しまくってインフレを起こして、債務価値を減らすしかないとの過激な意見も出ており、金価格の上昇につながっているとの話も出ています。
  まぁ、日米欧をはじめとした世界中の債務を一気に減らすにはそれが有力な手である事は否定しませんが、それってかなりの生活苦を世界中に広める事になりますし、世界中の貯金の価値がなくなっちゃうので劇薬ですよね。
  1つのシナリオとしては認めますが、可能性が高いとは思えません。
  ただ、その懸念はなかなか現状では払拭できないので金が上がるって話なんでしょう。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



電源開発、南アフリカから石炭輸入を検討

電源開発、南アフリカから石炭輸入を検討


  日本最大の卸電気事業者で発電会社の電源開発株式会社(J-Power)が南アフリカの石炭の長期購入を検討しているそうです。背景には中国やインドが石炭の需要を増やしており、供給が厳しくなってきていることがあるそうで、供給の多様化を狙っているとされています。
  
  J-Powerは日本でもっとも石炭発電の能力を持っている会社です。そのため、安定供給を確保したい所でしょうが、今後2年以内に購買量は中国に抜かれることは確実と見られており、それにより購買力や交渉力の減少が懸念されている状況のようです。そのため、なるべく長期の関係を維持できる国を探しており、他にはアラスカも候補にあがっているそうです。  
  
  南アフリカは石炭の輸出国としては世界第二位で、アフリカの石炭の多くを持っています。その意味では検討するのは当然なのですが、石炭って比較的世界中で採れます。それほど供給不安が強い訳でもないはずで、地理的に遠く、品質が高いとは言いがたい南アフリカにまで来るのはある種スゴイ気はします。
  
  新興国の発展や石油の地理的不安定さ及び原油価格の高騰を考えると、安価な石炭需要は今後も需要が強そうです。アフリカの発展なんかも考えるとブラックダイアモンドの魅力は増えるかもしれないですね。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張