fc2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 1000万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
今後のBRICSってどうするんでしょね

今後のBRICSってどうするんでしょね


知床の観光船、また沈んじゃったんですね。
あそこまで引き上げてて、もったいない。。。
あんまりコスト的には変わらないのかなぁとかコスト面の方が気になる。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

バイデン大統領が帰国しました。
北朝鮮はミサイル無しでしたな。
大親分の前ではおとなしくせざるを得ないって感じですか。

まぁ、ミサイル撃ち落とされたりすると、結構シャレにならないでしょうからねぇ。
新型コロナも蔓延しちゃってるし、余計な事しない方がいいです。
珍しく賢明な判断でしょう。

一方で米中関係は悪化と言えるでしょう。
アメリカにとってロシアはもはや脅威ではなくなりつつあるんではないでしょうか。
既に、中国にアメリカの思考は移ってる感じすらします。

台湾問題に対してのアメリカの強気さがちょっと怖いぐらいです。
一方でバイデンとアメリカ政府の間に温度差も感じますけどね。
なんとなくバイデンって老害な感じが見え隠れしてて好きになれません。
ちょっとボケてるんじゃないかなぁ。。。

中国も今のロシアを見て、どう感じるんだろうなぁ。
台湾侵攻のメリットよりデメリットの方が大きいと感じるんじゃないかと思いますけどね。

いずれにしても、米中の関係悪化は経済上はあまりよろしくない。
だからこそ、クアッドって形で中国抜きにはしてるんでしょうけど、クアッドってそんなに期待できるのか疑問です。
バイデンも韓国が入ってこないのを気にしてるんでしょうね、わざわざ韓国にまで行ってますし、クアッドに入ってなくても取り込みたいって所でしょう。

韓国の方は、中国の顔色をうかがってるのは間違いなく、大親分のアメリカと中国の間に挟まれて苦しそう。
文大統領が落選したのは良かったとは思いますけど、外交は大変だろうなぁ。

世界の経済はブロック化が進むとされています。
グローバル化はロシアのウクライナ侵攻により失敗と言っても過言ではない状況。
特にドイツなんかはロシアにエネルギーを依存し過ぎて、泣きたいでしょう。

そうなると、紛争の懸念がない国だけでブロック化した経済圏を作ろうって方向に世界は流れています。
ロシア外しはその最先端で、中国への依存を減らさないとヤバいよねってのが今の流れ。

そのブロック化した経済の中で、南アフリカはアメリカか中国かって言ったら、中国なんですよね。
イギリスが旧宗主国なんで、歴史的には欧米側に来て欲しい所ですが、以前の白人政権と今の黒人政権は違う。
BRICSの観点で考えると、そもそもロシアがこんなんなっちゃってどうしましょうって感じでしょう。

ロシアの戦後復興みたいなのをBRICSに持ち出されたら、結構なお荷物ですよねぇ。。。
ヘタしたら欧米にロシアのサポートするなら制裁するぞって言われる訳ですから、旗色悪くなる。
でも、ロシアはBRICSに頼るしかないんじゃなかろうか。。。

BRICSは中国がどうしたいかで決まりそうですよね。
中国はアフリカ重視ではあるので、南米とロシアは手を出したくないような気はします。
南アフリカと中国の関係が深まるかって言うと、ちょっと国力の差は大きいので、中国一強でBRICS経済ブロックは動いていくんでしょうか。
ウクライナ侵攻は世界の経済の在り方を大きく変えますな。

さて、今日のランドはドル安で若干上昇。
ランド円は8.06円の対ドルは15.68ポイント。

ユーロドルは昨日書いたように1.08に近づいてきました。
現在1.0732。
もうちょい来い。

アメリカの株価は弱い状況です。
今日も2%強の下落。
さすがに日経先物も連れ安してます。

そう言えば、山口の誤送金、9割がた戻ってきたそうですね。
残りの300万は町長さんとかのボーナスカットで埋め合わせだな(笑)。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



愛国心+歴史がプーチンの戦争になった。日本は何を言うべきか。

愛国心+歴史がプーチンの戦争になった。日本は何を言うべきか。


今日の東京は雨がちょっと降ってました。
割と寒いし、明日から会社と思うとやや暗くなりますわ。。。
ま、在宅勤務なので、ヌクヌクと仕事ですけどー。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ウクライナへのロシア侵攻、長引きそうですね。
マリウポリが陥落した場合はゼレンスキ―大統領は交渉のテーブルにつかないと言っていますし、既に停戦合意はあまり望めそうもない状況です。
最近、停戦交渉の話すら聞かないですもんねぇ。。。

プーチン大統領が何を考えているかがハッキリ分かる人はいないでしょうけど、色々見ていると少し分かってきました。
ここで言う分かるってのは、プーチンの考えを認めるとか許容するって意味合いではなく、プーチンのロジックが掴めてきたってだけです。

この戦争に大義は無いとされていますし、ランケンもそう思います。
でも、正しいかどうかは別としてプーチンには信じる大義があるんでしょう。
じゃないと、世界を完全に敵にまわして、ここまでやれない。
それが、ネオナチの排除なんですよね。

この辺に対する理解がどうも進まなかったんですけど、やっといくつか分かってきました。
1つはアゾフ連隊で、もう1つはステパーン・バンデーラ。

アゾフ連隊については、今まさにマウリポリで陥落寸前になっていますが、元々は同地域の民兵組織で極右とされています。
アゾフ連隊は、ウクライナをロシアから守るために結成された民兵組織で元々はウクライナ政府が作ったものではありません。
ただし、2014年のクリミア併合時にはウクライナ内務省の国家親衛隊に統合されて、正式な国家組織となっています。

で、アゾフ連隊をロシアはネオナチだと呼んでいるのは何なんだって話がありまして、極右の民族主義者である所がネオナチの傾向を表しています。
ウクライナの国民が国を守るために東側のドンパス地域で蜂起したアゾフ連隊は我々から見ると当然なのですけども、ロシアから見るとソ連の裏切り者なんです。
なぜならば、ウクライナはソ連だったからです。(ソ連になる前はウクライナはウクライナとして独立してた訳ですから、ここはプーチンの「偉大なソ連」と言う考えに根差した勝手な信奉の様子)

また、ウクライナ政府もアゾフ連隊の当初の設立者はネオナチ的である事は認めているようでして、2014年の段階ではそれらのメンバーは既に脱退したためネオナチではないと言う言い方をしています。
ロシアから見ると、そんなの信用できんってなっています。
過激派的な部分はアゾフ連隊にあったのは事実なんでしょうね。
でも、ロシアも悪いはずで、何をもって過激派と言うかは難しい定義です。

ここまでの話だと、アゾフ連隊ってのは過激派である可能性はあるし愛国心の強い極右である事は、認められるものの、ナチスに繋がりません。
そこで出てくるのが、ステパーン・バンデーラ。
この人はウクライナ人で、ウクライナ独立を第二次世界大戦でリードしてきた人です。
やっぱり、過激な部分があり、テロリスト的な活動もしていました。

バンデーラは第二次世界大戦でウクライナの独立を目指し、ソ連の敵であったドイツ(つまりヒトラー)を支持しました。
具体的に何をしたかと言うと、ドイツがソ連に侵攻した際にウクライナの国家独立宣言を行う準備をしてナチスと協業するとしたのです。
当時のウクライナはソ連の管理下にあった訳ですから、侵攻してきたドイツに味方するとなると、このウクライナ人はナチス同然です。

と言う事で、ウクライナの愛国者であり過激派であるアゾフ連隊は、このバンデーラと同じナチスになるんです。
なので、ネオナチとロシアにされており、ロシアに侵攻しかねない連中として憎悪の対象になっています。
色々見るともっと深い部分はありますが、ザクっというとプーチンがネオナチだって言ってるのは、こういう事のようです。

一歩引いて見ると、ドンバス地域で独立を訴えているドネツク人民共和国やルガンスク人民共和国も当時のウクライナと同じようなものっちゃ同じようなものな気はしますよね。
難しいのは言語もロシア語だったりウクライナ語だったりする人々が同じ場所に住んでる点で、仲が悪い。
ロシアとウクライナは兄弟だとか言いながら、お互いの考え方や生き方を認められない。
これに経済と言うかお金が絡むと更に面倒になります。

ソ連は第二次世界大戦中に2400万人もの人がドイツ侵攻によって亡くなったとされています。
これはナチスによる大虐殺です。
そして今、ロシアはマウリポリで虐殺を働いています。

こうやって書くと、ロシアもウクライナもドネツクもルガンスクも、もっと言うとナチスドイツも大義は1つ。
「愛国心」と言う生存本能。

振り返ってみれば日本もそうだった。
自分たちのアイデンティティである言葉を押し付けたり宗教を押し付けたり、民族至上主義になったりする。
893もそうだし、中学生や高校生の学校間の争いも根は同じ。

愛国心と言う言葉を元にして人を殺して良い訳がないのですが、歴史を見ればほとんどの戦争でこれが謳われています。
なぜなら、愛国心に歴史を絡ませると「大義」が生まれるからです。
昔はウクライナはソ連だったとか、隣の国がむかーしむかしに先祖に対してヒドイ仕打ちをしたとか。

プーチンは今回の戦争で歴史を持ち出しています。
歴史的にウクライナはロシアと一体なんだって言い方をしていますよね。
プーチンの歴史観は多くの国の歴史学者から歪んでいるとされていますが、完全に正しい歴史認識なんてあり得ない。
逆に言えば、解釈次第で歴史なんてどうとでもなるからこそ、歴史は勝者によって書かれる、とされる訳です。

今の時代で言えば、ドネツクの独立が正しいかどうかなんて、誰にも分からない。
結果として歴史が生まれるだけの話だし、今回ドネツクやルガンスクがどうなろうが、それを理由にして将来の虐殺を招いてはいけない。
でも、戦争ってのは、歴史を大義にして愛国心と同時に生存への恐怖から起こる。

プーチンの生存への恐怖はやはりNATO。
西側諸国にはドイツが入ってる訳でして、NATOと言う組織はロシアから見ると、ナチスを内包した武装協定に見えるでしょう。
2400万人もの大虐殺をした国が入っている組織ですから、到底認められない。
今回、ウクライナがNATO入りしたい、となった時点でプーチンが激怒したのは、こう言った歴史的な経緯があるようで、いよいよロシアの生存が脅かされる自体になったとプーチンは認識しています。

プーチンは歴史が好きです。
多くの独裁者同様に自分が歴史的な人間だと思っている。
そして、自分でロシアの歴史を終わらせるわけにはいかないと本気で思ってるんでしょう。
愛国心があれば当然のもの。

また、コロナもあってプーチンはものすごい孤立をしたとされています。
自らを外界と隔離し大臣クラスと会うにも、2週間隔離した人間でないと会わなかったそうです。
自ら孤立して、暗殺を恐れている孤独な独裁者が、強烈な愛国心を持って歴史を考えている時に、ウクライナがNATO入りするとした。

プーチンは色々と誤算していると世界中で言われていますが、誤算もレベルがたくさんあります。
ロシアの軍事力に対する誤算、ウクライナの闘争への誤算、世界のロシア制裁が本気だったと言う誤算等々。
これらは、孤立化した事から情報が正しく伝わらなかったと言うのもありますが、それ以上に問題だったのは誤解でしょう。

今の西側諸国がロシアに攻め入る可能性なんて、恐らくほとんどない。(もちろん、核兵器の利用やポーランドへの侵攻は別として)
でも、孤独な独裁者は被害妄想と歪んだ歴史観につき動かされて、ロシアの生存危機と本気で考えるようになってしまったんでしょう。

では、プーチンが引っ込むかと言うと、恐らくこの考えを変えるものがないと難しいかと思います。
5月9日に終わるといいかなと思ってましたが、そこまでの冷静さを持っているかと言うと、メタクソにやられている状況では厳しそう。
プーチン自身の生存意義を問われるようになってしまっている。

残るはロシア内部からのプーチン粛清みたいな所なんでしょうけど、これもまだまだ難しそうです。
なぜならば、プーチンの支持率は8割を超えているから。
ロシア国民の支持がプーチンにある限りは、プーチンの粛清はFSBも出来ないと考えます。

ロシア国内の調査会社はロシア政府の意向を組まないので、割と正しくロシアのプーチン支持を測っていると思われます。
この調査会社のインタビューによると、夏ごろには色々な事が明るみに出てきて(ロシア軍の犠牲者数とか)、プーチンへの支持率は急落するだろうと予想されています。
粛清が起きるとしても早くても夏ですかねぇ。。。
恐らくもっと先で、いよいよどうしようもならないとそうならないと思うなぁ。

プーチンの大義を信じてるのは、ロシアの教育をあまり受けていない層なんだそうです。
そう言う人達がプロパガンダを信じやすいみたい。
まぁ、その手の現象って、日本でもよく見受けられますよね。。。
ねずみ講やってる人って、あんまり教育程度が高くない人たちですし、それを信じちゃうから次の被害者を生むようなループになってます。

でも、ねずみ講と同じで、ロシア国民も事実を知らざるを得ない時が来る。
その時にうまくやり過ごせるかどうかがプーチンの本当の危機。
アメリカからは、この戦争は数年続く可能性があるともされています。
もはや、落としどころがないのかもしれない。

後はお金が持たなくなれば、ロシア軍は動けなくなりますかね。
ロシアからのエネルギー購入を一切止めればいいんだって人もいます。
ロシア軍の現場にプーチンの大義は浸透できていないし、プロパガンダも通じていないので、ロシアはたいした戦果も得られずにズルズルと戦争はやるんでしょう。
早い所、プーチンにその報いが戻る事を祈りたいですが、結局はロシア人しか止められないかなとも思います。。。

話を元に戻すと、日本の教育も少し見直した方がいいかもしれないなと感じます。
歴史の勉強が必要なのは間違いないんですけど、その中身はよその国から見るとだいぶ違います。(韓国人の歴史認識と日本人の歴史認識に関する議論は絶対にすりあいませんし、確実にケンカになるんです。持ち出してくるのは韓国じゃないかって話があるのも分かりますけど、どっちが始めようが結果は同じ。)
これに愛国心をあまり強調するような教育をするとプーチンみたいなのが生まれてくる。

ヤヤコシイのは政治的には愛国心を煽った方が、票になるんですよね。
これは日本もそうだし、お隣の韓国も同じだし、トランプだって同じ。
愛国心は感情に火を付けられるから、それだけ言ってれば支持を得やすい。

そんな事ばっかり言ってる政治家って世界中にいます。
国益のためって奴ですよ。
当たり前ですけど、過去の恨みつらみを元に他人に攻撃してはいけない。
許せない事ってありましょうが、違う国や違う人なんだから、そういう攻撃や思想をする政治家は絶対に当選させちゃいけないし、そういう教育にしてもいけないと思います。

日本はそれを言う事が出来る国であると思います。
原爆を落とされたけど、その報復はしないし、もう時代が違う。
プーチンは、日本がなぜ原爆を落としたアメリカに味方するんだ、みたいな言い方をしてきていますが、歴史を元に攻撃したら今の人が不幸になるって、もっと言える立場にある。
韓国にこれを言うと、日本人は過去の罪を忘れろって言うのかって怒るでしょうけど、今のロシアを引き合いに出す事も可能ではないかなぁと思う次第です。(日本としては、そこは反省するって言うべき所でしょう。相手が嫌な思いをしたのは間違いないんだから、日本は100%正しかったとは全く思わない。イジメを正当化するのはガキがやる事。)

なんか、こう書くと、戦争ってのは、それだけなのかもしれないなとも思いますね。。。
国民が愛国心と歴史を一緒にしなければ、暴力反対で戦争の大義の多くは減るのかも。
イスラエルやシリアは愛国心じゃなくて宗教もあるんでしょうけど、歴史的な話を宗教が残しちゃってるので、終わらない。
まぁ、イスラエルがガザにやってる事は現在進行形なので、歴史じゃないかもですけど。。。

とは言え、ヒドイ目にあった人たちに忘れろって言うのも酷ですよねぇ。。。
今のウクライナにロシア人を恨むなって言えないよなぁ。。。
プーチンを悪者にして、ロシア人は悪くないってのが1カ月程前にありましたけど、ここまで来ると。。。
でも、平和的に解決しないと、戦争はいつまで経っても続いてしまう。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



イーロンマスクのTwitter買収は失敗しそうかな

イーロンマスクのTwitter買収は失敗しそうかな


東京は雨で気温が下がっています。
でも、やっぱり春ではありますねぇ。
だいぶ暖かくなったと感じます。
冷え切るって感じはしない。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

イーロンマスクがTwitterを敵対的買収するとの報道がWall Street Journalで出ています。
敵対的じゃないかな?
総額430億ドル。
5兆円って所ですかね。

すげーなぁ。。。
これが成立すれば、Twitterは上場廃止になるようです。

同社の株価は下がってますねぇ。
イーロンマスクが買うって言ってる額が54.2ドル。
それに対して現状は45.76ドル。

ちょっとディスカウト気味だなぁ。
なんでだろう、買収がうまくいかないって事を意味してるかな。

イーロンマスクが数日前にTwitter社の取締役を辞退してたりしますし、この話は前からあったので反応は少な目か。
元々Twitterの株を9%持ってて筆頭株主だったので、影響力は結構あったんでしょうが、それでは足りないって事なんでしょうねぇ。

イーロンマスクって、ネジが飛んでますよねぇ。
イーロンマスクの元カノのグライムスもネジ飛んでる感じするし。。。
子供の名前、X Æ A-Xiiとか。。。

南アフリカから出てくる人って、飛んでる人が多い気が。。。
ランケンはフツーですけど。

ランドは対ドルで14.65とちょっと下げています。
なんかチャート悪くなりそうだなぁ。。。
ドル円がひたすら上を目指してるんで上がってるように見えますけど、どうだろぉ、これ。

ドル円は今日も上値を追っかけてるような展開ですねぇ。
日経先物はまぁまぁ戻してきて27000円。
まぁまぁ思い通りの展開なんですけど、オプションがうまくいってないぞ。。。
ベガロングでやられてるのか。。。

今日はINPEX株が上抜けしてきました。
いい感じです。
そろそろ抜けてくれると信じてました。
完全に願望でしたけど(笑)。
まだ粘れるですな。

野村総研は利益ではあるんだけど、なんかイマイチだなぁ。。。
これだと日経平均が下げると、すぐやられそうな。。。
CTCの方がヤバくなってきたような。。。
この辺で止まって欲しいっす。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



アメリカのインフレ率ヤバイでしょ

アメリカのインフレ率ヤバイでしょ


日本政府がプーチン大統領の娘の資産凍結をしたと報じられています。
日本にもそんなのあったのねぇ、な気分。
国際的な送金ができて外貨口座があるメガバンしかないように思いますけど、どうやって作ったのかなぁ。

住所は?電話番号は?とかとか気になりますねぇ。
国内に住所無くても出来たっけなぁ?
海外支店の話かしらん?
それなら分からんでもないんですけど。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

アメリカのインフレ率、8.5%ですよぉ。。。
ヤバイよね、これ。。。
なんと40年ぶりの高さ。

コアのレベルでもインフレ率は6.5%上昇。
南アフリカじゃないんだからさ。。。
これは次回のFRBは0.5%上げるなぁ。
フツーは0.25%ですけどね、それでは済まないでしょう。

日本でも生産者物価指数も9.3%とか言ってるし、これは消費者物価指数の上昇も間違いなく来る。
既に携帯電話料金を除くと2%上昇なんですね。
携帯電話料金って、そんなに利いてるんだ。。。

2%ぐらいならまぁいいですけどねぇ。
1000万円の貯金でも20万円のロスか。。。
結構デカいな。。。ヘタすりゃ、初任給一か月分の給料ですよねぇ。

この低金利で金利の先高観がバリバリあって、株価も高い状態でどうせいと。。。
更に円安じゃ、マジでお金の置き場がない。
インフレでやられるのを黙って受け入れろって感じか、そうでなければ投資ではなくトレードで儲けるしかない。
ハイリスクでローリターンにならざるを得ませんよねぇ。。。
困ったもんだ。。。

でなきゃ、体は資本って奴で、働くしかない。
結局はこれですかねぇ。
お姉さんに頑張ってもらいたい所だわぁ。

その証券会社のお姉さん、先週このブログに書いたアメリカの会社の社債買わないかって、また言ってきました(笑)。
今日は1000万円に枠がなってたから半分は誰かに売れたんでしょうねぇ。
ほぼ間違いなく上から号令がかかってるんでしょう。

20年モノで残存が18年半ぐらいのものなので、1年半ぐらい前に証券会社が仕入れたんでしょうね。
そのころのドル円が105円ぐらいなので20円ぐらい儲かってるはず。
社債で金利付いてて20%ぐらい儲かってる状態なんでしょう。
でも、債券価格の値下がりが見えているので、円安の内に誰かに押し付けたいんだろうなぁと。

国債価格が下がれば社債が下がるなんて当たり前。
リスク高いんだもん。
今日もまた下がってたみたいで、先週より割安で買えますって言ってました(笑)。

証券会社として、早く売りたいのは極めて合理的な行動ですよ。
20%取ろうと思ったら金利3.4%だったら、6年ぐらいかかる所を1年ちょっとで取れる訳ですからね。
しかも債券価格はこれから確実に下がる訳ですから、保持したくはない。
なので、あんまり知識のない顧客に売りつけたいって事ですよねぇ。

まったくさぁ、コンサルティングフィーまで取って、不利なものを掴ませようって態度がよろしくないよなぁ。
コンサルティングフィーって言ったって、取引が成立しないと取れないんだから、営業かけてくるのは当然なんですけどね。

長期で見れば損する可能性は少ないし、複利なんだからそれを使えって話は分からなくはないんですけどねぇ。
この円安状態で外貨資産買ってもねぇ。。。

お姉さんが、電話では分かりにくいので資料送りますって言って、いやぁ資料無くても話でだいたい分かるのでぇって言って返信してなかったんで、また電話させて頂きましたって言ってましたわ。
軽く、証券会社さんは100円ちょっとで仕入れて125円で売ろうって魂胆ですよねぇって言ったら、分かりませんけどぉってお返事www
営業員だからそこまで知らんでしょうけど、だいたい分かってるでしょぉ(爆)

まぁ、でも、この円安に加えて確実に債券価格が下がるのが分かってる状態で、この社債を既に半分売ったのは逆に感心します。
イマドキ電話で売買してる客なんて、あんまり賢くない訳でカモ扱いしてるんだろうなぁ。
カモ扱いされてランケンは悔しいかって言うと、全然悔しくない(笑)。
ブログネタになるので大歓迎w

フツーの証券会社の顧客ってそもそも社債って何かすら分かってないんでしょうね。
加えて外国通貨建ての社債なんてなると、どこにリスクがあるかすら分からないんだろうなぁ。
利率と利回りの差も分かるまい。

しょうがないかなぁとは思うものの、最低限の知識は付けておいた方がいいですよねぇ。
誰が1000万も買ったかは知りませんけど、買った瞬間にカモフラグ付けられそうですよね(爆)。
ランケンもフラグ付けられないように注意しよう~。

かく言うランケンもロッキードマーティンの株、持ってます。
ちょっと利益出てるんですよねぇ。
円安もあるし株価も上がってるし。
ただ、思ったように株価としては上がってないので利食った方がいいかもなぁ。
利食いはムズイ。

おぉ、アメリカ株、少し上に来てる感じするぞ。
ランドもまぁまぁ好調。
ガンバレー。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



FRBはタカ派になれないのではないかと思う

FRBはタカ派になれないのではないかと思う


今日は回転寿司のはま寿司でお一人様ランチをしてきました。
880円ぐらいだった。
コンビニでランチに1000円使うよりいいなぁと思いましたわ。
カウンターあるし、すぐ出てくるし、ファーストフードですな。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

日本郵船、損切りになりましたぁ。。。
10%の配当があるんで、そこまで大きなダメージじゃないからいいですけどね。

しかも、この時間の日経先物、結構下落してる。。。
こりゃ明日の東京市場もダメだわ。。。
昨日書いた通りで、笑ってください~って感じ(笑)

テクノロジー系がダメになりそうだなぁ。
CTCと野村総研は明日は下げそう。
しゃーないすな。

日経先物が下げてる理由はアメリカの株価が下げてるからですが、FRBの議事録を前にFRB委員からインフレ抑制と利上げの可能性を示唆された事が理由となっています。
あんだけのインフレ率だし、去年からインフレはそんなに長くならないとか言っててこの状態なんですから、そりゃそーでしょって気はしますよね。。。

分かってるんだから、慌ててはいけない。
でも、どーしよぉ。。。(オイっ!)
まぁ、でも、損切りに直近なりそうなのは無いかな。
まだ余裕あります。

しかし、日経平均が5%下がったら10%ぐらいはCTCと野村総研やられそうだなぁ。
ちょっとシンドイ展開も覚悟しないといけないかも。
他でカバーは全然できてるんでいいですけど、日経先物のチャート見てると地合いが悪くなりそう。
なんか下がってもいいようにしておかないとだな。

ドル円が123.75円。
こっちの方がチャートとしては汚いし、驚く。。。
125円見に行くんかいって感じ。

ランド円はまぁまぁ変わらないですね。
ちょっと対ドルが垂れてきた。
少し下がるかもですわ。

原油は101ドルとしぶとい。
これ、来月まで続くかなぁと最近思い始めています。
ロシアは5月9日を意識してるじゃないですか。
どんな勝利宣言を出すか知りませんけど、無理やり出すのであれば、一旦はそこで終わる可能性もある。

そうなると原油は少し落ち着くのではないかと思ったりします。
ロシアが何を言おうと、制裁が続くようにも思われるので、あんまり変わらないかもしれませんけどね。

インフレ懸念は原油価格の上昇圧力。
でも利上げは逆で下方圧力。

一方で、FRBが言う様なタカ派の態度を取るのか?って言うと、戦時下に利上げを強くやれないようにも思います。
原油は高いわ金利も高いわじゃ、国民生活が厳しくなる。
中央銀行の本来の役割を考えると利上げを強く打ち出す所でしょうけど、FRBの場合は雇用にも気を付けないといけない立場ですから、あんまり強気はないと思うですよねぇ。

と言うか、今まであれだけユルユルな金融政策にしておいて、この世界的にヤバくなりそうな時に金利をめっちゃ上げれます?
ウクライナ侵攻は想定外っちゃ想定外でしょうけど、ホントにタカ派になったら、今までの政策と大きな乖離になるしリスク大きすぎると思う。
インフレは気になるだろうけど、もちょっと先延ばしせざるを得ないんじゃないかなぁ。

いやぁ、FRBは難しい判断になるわ。
一歩間違ったら、株価が大暴落になりかねない。

プーチンの判断も危ういし、FRBの判断も危ういし。。。
こえー。。。
エクスポージャーを抑え目にして正解だな。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



アメリカの石油戦略備蓄の放出の意味する所

アメリカの石油戦略備蓄の放出の意味する所


桜が満開ですけど、天気は不安定ですねぇ。
東京は雨が降ってまして、桜も早くも散りそう。
この時期、天気が悪いですよねぇ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

今日はランド安の円高。
ランド円はあっという間に8.31円。
ま、やり過ぎって奴でしょ。

ドル円については、今日は121.59円と円安は一服した感じのチャートになってきました。
120円ぐらいまでは戻るんじゃないかなぁ。
ランド円も少し落ちる覚悟はしておいた方がいいでしょうね。

さすがに日経先物も重い。
コール売りは成功で間違いなさそうな展開になってきました。
でも、株全体のカバーは出来ないな(笑)

あと、原油価格が少し落ち着いてきましたかね。
1バレル104ドル。
下値を切り上げてるので、下がる感じのチャートではまだないです。

バイデン大統領は石油の戦略備蓄を今後6カ月で1億8000万バレル放出すると決めたとWall Street Journalに出ています。
これで一時原油価格は4%急落しています。

そうなると原油価格も高値を追いかける展開ではなくなりそうですかねぇ。
インフレ抑制のためにはいい話。
でも、戦争が落ち着いて経済制裁が解除される見通しがつくまでは、原油価格は100ドルはキープするんじゃないかと思うんですよねぇ。

プーチンは石油やガスの支払いで外貨を必死で集めてるようです。
それに応じなければ、輸出しないと。
いらないよって言いにくい所がシンドイ所ですなぁ。

エネルギーの供給量は確実に下がる。
戦略備蓄も6カ月。
その間にどこまで状況が変わるかって所ですけど、ロシアはお金が持たないはず。

1日に戦争にかかる費用2兆円だそうですからね。
6カ月も戦争したら360兆円でしょ。
ロシアのGDPが150兆円ぐらいなんで、半年は今のペースでは出来ないはず。
しかも、エネルギー一本足打法で制裁食らってるので、今年の落ち込みは結構なものじゃないかなぁと。

キーウへの侵攻を諦めたのもお金は理由の1つでしょう。
そう思うと6カ月って意味合いがなんとなく分かりますね。
今の戦争は6か月は続けられないと見られてるって事じゃないかなと。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ロシアの戦略変更は何を意味するか?

ロシアの戦略変更は何を意味するか?


バイデンが失言しましたねぇ。。。
プーチンは権力の座にいてはいけないなんて言っちゃって。。。
アメリカのロシアへの内政干渉になるでしょ。。。
これは悪い方に利用されるわ。。。(追記:元CIAの人があれは意図的にやってて、ロシア人にクーデターを訴えたものだって話もでていました)

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

金曜日のブログで「野村証券のお化粧買い」って書きましたけど、「野村証券のお化粧売り」の間違いでした。
野村証券が期末前に総研の株を売る事で、証券側の決算書の利益を増やすって話ですからね。
お化粧買いって言う方がほとんどで、あんまりお化粧売りって言葉に慣れてなくて、間違った。。。
失礼いたしました。

エジプトがIMFに23日に駆け込んだってニュースが出ています。
ネタ元が日刊ゲンダイで怪しいかと思ってみたら、IMFのプレスリリースにも出てましたわ。
ちょっとビックリ。

ロイターによると月曜日にエジプトポンドは14%の下落だそうです。
やはりウクライナ情勢の悪化と長期化に対する懸念とされています。
外貨準備が足りないみたいですかねぇ。
攻撃を受けやすくなっちゃうんだよなぁ。。。

ロシアじゃないですけど、やっぱり何か攻撃を受けたら強い武器を出すぞって奥の手があるってのは大事です。
通貨防衛で具体的な武器は外貨。
大量に市場で通貨が売られた時に、いつでも大量に買えるぞって脅しをかけるのは外貨準備なんですよ。
売ってる側は下がらないと儲からない訳ですから、外貨準備で買い上げるぞってけん制をされると手が出しにくい。
それだけの話ではあるんですが、外貨なのでドルが必要でして、貿易赤字と財政赤字が大きい国はドルを稼ぐ手段がない。

最近のランドの上昇には驚くものがありますけど、貿易黒字が続いているのと、しっかりと金融政策をやってる事がエジプトのようにならない理由でしょうね。
もちろん核戦争とかってなったら新興国からの資金流出でランドが売られると言う可能性は否定しませんけども、現状は少なくとも南アフリカへの資金流入が多いから上がってるはずです。

個人的にはエジプトはアフリカの中でも工業化も進んでるし、割とシッカリとしてるのかなぁと言う印象を持ってたんですけどね。
確かにエジプトポンドの取引が即時決済で出来る訳じゃないだろうし、南アフリカの金融システムに比べたら遅れてるんだろうとは思います。
外資の工場とかもかなりあるはずでそれらの資金の動きはあると思ってたんですが。

また、中国からも資金逃避がかなり出ているようです。
制裁対象となりやすい政治リスクを嫌ってるんでしょう。
そりゃぁ、まぁ、そうだよなぁ。
バイデンが中国に対して、ロシアの味方したら結果が伴うぞって脅してる訳ですから、ロシアみたいにSWIFT排除の制裁されたらお金が戻ってこないみたいな事になりかねないもん。
そんなところにお金を置いておく投資家もあまりいない。
当たり前すぎる。

やっぱり、金融システム(ITシステムのみじゃなくて金融政策や制度)の信頼って大事ですよね。
今はそういった制度の透明性がない所は売られてるって事でしょう。
南アフリカは政府の信頼は怪しいですが、金融システムに対する信用はあるって事なんだろうなぁ。
中国からのお金が一部でも南アフリカに流れてきちゃってる可能性があるのと、金利の先高観か。

さて、ロシアはウクライナ侵攻の戦略を変えたようで、ドンバス地域だけをターゲットに変えたとされています。
これ、どうなんだろう?

ドンバスってどれぐらいロシアに攻撃されて被害が出てるのかがよく分からないんですけど、未だに独立したいんですかねぇ?
独立したいなら、国民投票(ドネツクだけとかだと国民投票じゃないかもですが)やって、独立させてあげるのがいい気はします。

個人的には、この辺が落としどころの可能性があるかもなぁと考えてました。
ロシア人も多いし、ゼレンスキー大統領も以前国民投票について言及してたので、独立賛成に投票がなるなら、それで決着をするのがもっとも犠牲者が少ないと思います。

ロシアから見れば、それぐらいは出来ないと兵士1万人以上を失った対価が何もない事になる。
プーチンの顔に十分以上の泥を塗りつつ、体面を整えてやるギリギリの最低ラインじゃないかと思いました。

そうなるとドンバス地域に住む200万人の人々の意思である国民投票でこの戦争は終われれる。
じゃ、どうなんだろう?って思ってWikiを見たりしました。
そしたらねぇ、ドンバス地域ってだいぶ複雑な事が分かりましたよ。。。

2014年からこの地域は戦争をやってまして、停戦合意も幾度もされています。
毎回、停戦合意が破られるって地域。
ややこしい事に、この地域のリーダーで独立を主導してるのがIgor(Luhanskの大統領を名乗ってる)ってのとAlesander(ドネツクの大統領と名乗っている)ってのがいて、プーチンの小型版みたいな人たちなんですわ。。。

二人とも旧ソ連由来のFSB(KGB)の息がかかってるような人間で、同地域の出身のようです。
ロシア寄りではあるものの、独立したいんですかねぇ。
プーチンの影響力はそこそこあるようではあるものの完全に従属って感じでもなさそう。

ウクライナから見ると、この二人はテロリストであり、排除すべきグループとなっています。
ところが、住民が相当程度に独立を支持している。
問題はこの「相当程度」が過半数を超えているかがよく分からない。

国民投票も既に何回かはされていますが、妙な選挙操作がやっぱりロシアから入ったりするわけですよ。
ロシアだけじゃなく、恐らくドネツクとルハンスクのリーダーもやってる。
そうなると本当の民意なんてわかりゃしない。

投票については、国連やらドイツやらフランスやらが監視人としても入っています。
それでも混とんとしている。
ウクライナの思惑とロシアの思惑だけではなく、ドネツクの思惑とルハンスクの思惑はまた違うものがあります。

その状況で、今回のロシアの攻撃を両地域の独立に舵を切るような発表。
ドネツクとルハンスクが歓迎しているかどうかも分からない。
この地域にはウクライナ派とロシア派が住んでて、若い人たちはウクライナ(と言うかEU)支持っぽく、高齢者はロシア支持っぽい。(これも同じ世代でも分かれてるんですけどね)

戦争はイヤだと全ての人が言ってるモノの、お互いにお互いを攻撃しています。
ロシアはウクライナに対して攻撃をしているはずですが、同時にドネツクを焦土化している。
ウクライナも実はロシアの攻撃をしているはずですが、ドネツクを攻撃して結果として焦土化している。

ロシアから見れば、ウクライナ派の反ロシアの人はネオナチだし、ウクライナから見ればロシア派はテロリスト。。。
要するに無政府状態でアナーキーです。
結局、今後どうなるかはよく分からなかった、と言うのが正直な所です。

ただし、「今後どうなるかはよく分からない」ってのが収穫でもあります。
ロシア側から今回の戦争の争点がドンバス地域に移ったからと言って、独立がすんなり行われる訳でも恐らくなく、ロシアへの経済制裁が解除されるって話にも多分ならない。

従って、ロシアのエネルギー輸出ができるようにもならない。
なので、原油価格が落ち着くって話のもならないし、INPEX株はまだキープ。
結局、そこかい!って話なんですけど、自分の口座に直結なんだから考えちゃう。
しょうがない、と言うか当たり前。

と言う訳で、ランケンだけじゃなく世界のウクライナ情勢に関するマネーゲームはまだ続くのでしょう。
だいたいロシアはドンバス地域に戦争を移していくとか言いながら、ウクライナ西部リビウにミサイルを昨日ぶち込んでる時点で、ロシアの言ってる事の信頼性が無さ過ぎるしね。
ゲームチェンジはまだ先で、今回のロシアの戦略変更はあんまり意味は無いねって結論でした。
チャンチャン。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



プーチンの狙いに関する専門家の動画と単語帳w

プーチンの狙いに関する専門家の動画と単語帳w


だいぶ暖かくなりましたね。
ただ、花粉が酷い。
顔が痒い感じです。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

土曜日はランケン経済英語スクールでした。
今回はやっぱりウクライナの戦争が気になる事と、日本で出ている情報が薄いと言うか専門家の薄さと言うかでイマイチなので、アメリカの公共放送によるインタビューを見て勉強しました。
先日の当ブログで紹介したブリンケン国務長官が出ていたインタビューのシリーズと同じFrontlineですが、あれは4年前に対してこちらは数日前のものです。

内容としては、ロシア生まれアメリカ育ちのロシア専門のジャーナリストが今までの経緯も踏まえ、プーチンにフォーカスを当てて説明したものです。
このジャーナリストさん、クレムリンにも友人がいるそうで、全体的にとてもツラそうなインタビューになっています。
全体で45分超の動画ですけども、最後の15分(31:05ぐらいかは始まる)だけでいいかも。

最後に何を言ってるかと言うと、やはり核兵器の利用は専門家から見ると十分に考えられるって事です。。。
やや真面目に核シェルターでも買おうかと思わなくもなくなるぐらいですけどね。。。
ちなみに核シェルター300万ぐらいらしいですよ、3畳半ぐらいの広さで一週間生きられるとか。(その先に困る事は目に見えていますけども。。。)

日本のテレビでも報道されていますけど、プーチンの側近がスゴイ長いテーブルの端と端で会話しているのが出てたりしますよね。
あぁいう画面やプーチンが側近に戦争に賛成かどうかを厳しく問うてる姿、またあの場面って合成なんですけど(各人の時計の時間が全部違ってるらしいです)、ロシアでは生放送とされて報道されていまして、かなり疑問がわく映像になってますよね。
つまり、意図的に出した映像になりますが、その理由を考えてくれています。(要はアメリカに情報が筒抜けになっているので、お前がリークしたんだろって脅しを一般に出してる、と考えられています)

また、プーチンのトリマキについても説明がされています。
彼らは、権力の座から落ちると言う事は、ほぼ終わりと言う事で、ひたすら怖いようです。(牢屋に入れられるか、消されるか)
お金周りでウロウロしているオルガリヒは家族がロンドンに住んでたりしており、お金もかなり西洋諸国に資産を築いていまして、発言力は今は無さそうです。
また、FSB(元のスパイ組織KGB)はアメリカに情報を漏らしている人もいるようで、こちらからもプーチンは情報が入っていないと言うか、入らない状況になってしまっている。
結果として、プーチンは今回の壮大な計算間違いを起こしたと説明されています。

プーチンにしろ習近平にしろ、あの手の人たちは自らの伝説を作って後世に歴史を残そうとします。
プーチンの野望はソビエト帝国の復活で、アメリカとの冷戦時代は良かったと言っていたそうです。
それは、世界の全てが何かをしようとすると、ロシアにお伺いを立てないといけないと言うトップだったからです。

現在69歳のプーチンは10月に70歳になるので、今回のウクライナ併合の狙いは、プーチンのエゴと曲がった歴史認識。
ウクライナはロシアであるし、ウクライナ人はロシアに戻りたがってると考えていた。
だからこそ、ウクライナ軍に対してクーデターするように演説したりしていますし、2日で併合できると甘く考えていた。

プーチンの周りも、まさかウクライナと戦争するとは思ってなかったから、聞こえのいい事ばかりを言っていた様子です。
ありとあらゆる事が間違っていて、プーチンは恥をかかされている。
今、間違ってました、なんて絶対に言えないし、歴史的な正当性(曲がってますけどね)を元に強引に併合する方向です。

そうなると、都合の悪い事は何もかも陰謀論で考えてしまいますし、反対する人は全て消していくわけですから、どんどんと狂っていく。
その結果、現在プーチンが各国首相と話をするとどうなるかと言うと、現状なんかほぼ無視でプーチンの正当性を延々と話をしている。
フランスのマクロン大統領と5時間も話をしても、中身はアメリカとNATOについてばかりで話がかみ合わない、と言う状況になっています。
本来ならウクライナの民間人をどう逃がすかとか、停戦合意のための条件とか、そういう話にならないといけませんけど、全然そうならないので、絶望的です。

そんなことが分かってくる動画ですので、見てみてください。
なお、単語帳を作成してクラスで配ったものを下記のリンクに置いておきます。

動画を見て分からない単語がたくさん出てくると思いますので、こちらにだいたい出てます。(結構難しいんだ。。。)
プリントするなりなんなりして動画と一緒に見てみてください。
英語もキレイですので、スクールの受講生さんは聞きやすいと言ってました。
字幕を出して見た方がいいですね。

プーチンに関するインタビューの単語帳へのリンク
(単なるPDFファイルなので、ウイルス系は心配いりません)




一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



プーチンは核ミサイルを使うかもと思いだした。。。

プーチンは核ミサイルを使うかもと思いだした。。。


3.11ですね。
大震災の金曜日、かつSQの日。
師匠がLINEで教えてくれてシンミリしてましたわ。
プット売ってたからなぁ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ランド円が7.79円です。
スゴイ、ランドが上抜けしてきたか?って思ったら、ドル円が117円に抜けてきてガッカリ。。。
対ドルのランドは15ポイント。
こっちも抜けても良さそうなもんですけどねぇ。

ドル円が117円なんてホントに久々です。
5年ぶりぐらいですかね。

原油価格はスゴイ下落をしてまして106ドル。
それでも高いなぁ。
128ドルとかまでありましたからねぇ。

完全に投機の連中がスクイーズされた感じでしょう。
ショートスクイーズってか、ロングスクイーズってか(笑)
原油の先物はだいぶバックワードになってたので、期先がそこまで高くなってなかったんですよね。

もうちょっと下がってもおかしくないですかね。
上がり方が凄かったんで、下落もスゴイ。
まだ投機的な動きが全部はがれたのは思えないです。
ただ、投機筋がなくなるなんてのも無いですし、今の状況だと全戻しになるのもなんかなぁって感じですよねぇ。

原油価格が急落した割にはINPEX株は上昇。
今日は3.58%の上昇でいい感じです。
変に10%とか上がるよりも、これぐらいでシッカリと上がるのが固まってく感じでいいですな。

日経平均も今日は下げたのにINPEX株が上昇してるのはありがたい。
と言うか、昨日窓埋めした下の方を買い増ししたんで、ハマってるのが嬉しいです。

危なくなってきてるのがエムスリーですな。
来週には逆差しで切られそう。
3850で成行で設定しています。
お姉さん銘柄、今回は失敗するんじゃないかなw

ウクライナ情勢、色々と海外の情報を見て漁ってるんですけど、クーデターがないと終わらないかもですねぇ。。。
ロシアと言うかソ連の歴史を見れば割とクーデターがある国なので、全然あり得ると言う話はあります。
どうもプーチンはモスクワの地下にこもってるらしいです。

これはもちろんクーデターと言うか暗殺を恐れているのが1つ。
もう1つは、新型コロナだそうです。
テレビとかでもロシアの外相とかフランスの大統領との会談時の距離がメチャクチャ遠いのが映されてますけど、コロナを極端に恐れています。

多分ねぇ、基礎疾患があるんですよ。
パーキンソン病もそうだろうし、ここ数年でプーチンは変わったとアチコチで出ていますように、だいぶ世俗から離れた世界でコソコソしてるみたいです。

そりゃーね、世界中の要人の暗殺はプーチンがやってきた事だし、ウイルスによる生物兵器だってロシアでは散々研究されてプーチンも知ってるだろうし、そう言うのがプーチンを狙ってるのも本人は分かってるでしょう。
パーキンソン病もきっとアメリカのスパイに毒を盛られたとか考えてるんじゃないかなぁと。
KGBの考え方ってのはそう言うもんらしいですわ。

日本でもいますよね。
なんもかんも陰謀だって真面目に考えてる人。
オウム真理教なんかもそうだったし、トランプもそうだし、偏執症的な人。

秘密の情報とか、「誰も知らないxxxな話」の方を信じたくなっちゃう人っているよなぁと。。。
ヘタすると、遺伝的に優秀だからみたいな所まで行っちゃってネオナチになっちゃうんだな。
情報にバイアスは必ずついて回るものですが、客観的になるべく公平な情報を取ってこようと考えられないんでしょうね。

ロシアのスパイ組織KGBは、物事には必ず裏があるって考える組織だそうです。
二重スパイみたいなのもゴロゴロしてる世界でしょうから、そうなっちゃうんでしょうね。
KGB出身のプーチンが、パーキンソン病になって、フツーの病気として受け入れられるかって言うと、多分難しい。

アメリカにやられたって思う可能性は十分にあるし、敵対視しているアメリカに復讐するって意志は強い。
ちなみに、先日紹介した動画のインタビューでもPutin's Revenge(プーチンの復讐)ってタイトルのものが出ています。
2019年のもので、今回の戦争の3年前のものです。
どれだけアメリカを恨んでいるかがよく分かります。

プーチンの首は恐らくアメリカでも取れないでしょう。
オサマビンラディンですら、10年ぐらいかかったはず。
やはりロシア内部からでないとなかなかに厳しい。

最悪を想像するとアメリカに核ミサイルを撃ち込むことになっちゃいそうで怖いです。
これはランケンの想像だけではなく、クレムリンとプーチンをよく研究している人がそう感じて話をしている。
怪しい情報ではなく、それなりの話なので怖い。
明日のランケン経済英語スクールネタです(笑)。
オソロシアは笑いごとではない。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ロッキードマーティンでもやろうかなぁ

ロッキードマーティンでもやろうかなぁ


ハイオクのガソリン価格181円でしたよ。。。
ロードスターなんて比較的マシな方ですけど、ハイオクのスポーツカーなんて燃費も悪いし、ますます売れなくなりそうですよねぇ。
しょうがないとはいえ、ありがたくないですわな。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

2021年第四四半期の南アフリカのGDPが出ています。
1.2%の実質成長で、予想よりはいい結果です。
南アフリカの新聞を見ると、コロナ前にはなかなか戻せないのが見て取れます。
まぁ、でも頑張ってはいるようには思うなぁ。

ランドは今日もまずまずですな。
割と上がってるように見えなくはないですが、円安の影響も半分ぐらいありますね。
ランド円7.64円。

さて、南アフリカはなぜか落ち着きまくってて刺激が足りないので、とっととウクライナ情勢。
ウクライナ大統領がNATO入りを諦めることを考えているようですね。
そこはロシアも絶対に譲れないと思うので、最低限でしょうねぇ。
NATOも、もはやウクライナがNATOに入っていいよって無邪気に言えないでしょうし。

アチコチに出ていますが、ドネツク辺りの独立を認められるかって言うと、それは厳しそうに思います。
プーチンもこれだけの軍隊を出して、ここまでやられて、NATO入りを諦めたぐらいで引けないでしょう。
まだ、しばらくはかかるでしょうね。

ゼレンスキ―大統領も少し自信を付けたように見受けられます。
今回のロシアの侵攻をだいぶ抑え込めてるからでしょうね。
ぶっちゃけ、対戦車のジャベリンと地対空のスティンガーがあれば、今のロシア軍のしょぼさだとギリギリでなんとかなる事なんじゃないかと思います。

ちょっと気になるのは、武器が多すぎるかもしれませんね。
ウクライナが元から貯めこんでいる武器もあるし、ヨーロッパが送り込んでいるものもあるし、ロシアが運び込んできたものが相当数ありそう。
あれ、どうするんだろうなぁ。
ベラルーシ辺りが買いたがるものもありそうな。。。

いずれにしても、ウクライナは戦力強化をせざるを得ないですかね。
ややこしいのはウクライナだけではなく、その他の国々も強化するんでしょう。
これにはロシアも含むのが更に困ったものです。。。

今回の戦争はテクノロジーと軍隊の維持にどれだけお金をかけられてるかって言う所で、ロシアが負けてると言ってもいいでしょう。
単なる雇用の受け皿になっちゃってて、ろくにトレーニングも積んでないし、トラックもボロボロだしって感じなのが露呈してますからね。

ロッキードマーティンの株でも買おうかなぁと思わなくはないですねぇ。。。
発想がクソではありますけどね。

ただ、株価を見ると高いなぁ。。。
PBRが11倍で、明らかにSP500の上昇で上がってきてる。
SP500が下がったら下がりそうだなぁ。

うーん。
今朝、証券会社のお姉さんにIHI勧められたんですけど、ちょっと違うかなぁと思って断ったんですよね。
コマツの方がいいかもなぁと思わなくはない。
その路線で行くとロッキードマーティンなんですよねぇ。

為替リスクとSP500リスクとバカ高い海外株の手数料をペイできるかって話はありますねぇ。
SP500を売りながらならイケそうですね。
ヘッジアリならいいかもな。

お姉さん銘柄、イマイチになってきましたねぇw
エムスリーと日本郵船は赤字ですわ。
地合い悪いし、しゃーないか。
エムスリーは3800割ったら絶対に切るぞ。
銀行系は元々長期のつもりなんでほっておくかナンピンする。

明後日はSQですね。
235のプット売りたくなってきましたわ。
なんとなく一回は上に行く気がします。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張