FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ゴーンの会見とかイランの攻撃とか

ゴーンの会見とかイランの攻撃とか


ゴーンさんの会見をライブでWall Street Journalでやってたので見てます。
とっても元気(笑)。
しゃべるしゃべる。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

色々と言ってますけども、自分の無罪を主張しています。
ただ、証拠がこうあってって具体的な感じではなく、印象を良くしようとしている感じは強い。
ゴーンのお金の流れについて等の説明があったら良かったんでしょうけど、あんまり無かったように思います。(とは言え、ランケンもお風呂入ったりしてまして全部聞いてた訳ではないので、聞けなかったところがあるかもですけど)

日本人は未だに大好きだと言ってまして、今回の事は完全に政治だと述べてました。
福島の地震でも一番最初に戻ってきた外人だと主張してましたし、GM(GEだったかも。。。)の社長で2倍のオファーがあったのも断った、なぜならば船長はトラブルの際に最後までいなくてはいけないからだ、そんな人間が欲深いと言えるのか?みたいな感じ。

主張の部分よりQAを聞きたかったんですけど、英語じゃなかった。。。
フランス語とアラビア語とポルトガル語ばかりで全然分からん。。。
せっかく先にお風呂入って後半見ようと思ってたのにダメじゃん。。。

お、QAで英語出た。
国際的な逃亡者となった今、今後をどう考えてるんだ、フランスに行く事はあり得るかって質問です。
あんまりハッキリ答えてないですけど、世界のどこでも公平な裁判が出来る所に行って、名誉を回復するために戦うと話してます。

個人的に、ちょっとゴーンの言ってる事で正しいかなぁと思った事もあります。
裁判も始まってない状況で(つまり無罪の状況)、妻にも会わせない、携帯電話も使えない、インターネットもまともに使えない、友人にも会えないで自由を奪われていつまで続くか分からない、しかも判決が出るのに5年はかかるってのは納得いかないと。

日本の裁判所がこれらの制限をかけてる理由は逃亡の恐れがあるからだって話ですけど、そんなのGPSで解決出来るじゃんって話はあるですよねぇ。
電話だって、物理的な制限ではなくて、録音でいつでも聞けるようにするとかネットもログとっておくとかやりようはいくらでもある。
自由を奪わずに監視する方法は今の時代ならあるはずなんです。
そういうテクノロジーに関して判断する能力が、日本の司法はないんでしょうねぇ。

あと、日本から逃げたのは日本の法律違反でダメじゃないのかって小学館かなんかの日本人が聞いてましたけど、検察はリークしまくっててそれだって違法じゃないかってゴーンは反論してました。
逮捕後の扱い方や情報リークについては、日本の司法も色々とやり方がマズい部分はありそうです。
ホリエモンがいつも怒ってますけど、この辺は検察や裁判所も少し見直した方がいいだろうなと感じました。

ランケンもあんまり司法の人に関わった事が無かった時は、スゴイ賢い人たちかと思ってたんですけどね。
正直、そんなでもないですよ。
日本のトップクラスの企業の社員の方が優秀だと思った事も割とありますし、もう少し生産性を上げて欲しいと思う事はよくあります。

色々と遅れてるし、それでいいと思ってるんだよなぁ、あの世界。。。
法律以外について学ぶモチベーションがないんでしょうね。

さて、やっと南アフリカ。
ランド円が少し回復してまして、7.63円。
理由は南アフリカの製造業指数が47.1ポイントと12月はなった事です。

11月は47.7ポイントだったので下落してはいるんですけども、一応予想では45.5ポイントまで下がるのがコンセンサスだったので、思ったよりも悪くないって事でまぁまぁしっかりと評されています。
特に他の新興国通貨がイランのミサイル反撃で下げてる中で反応が良かったそうで、その意味では他に比べてマシって感じみたいな評価です。

市場はイランのミサイル発射で動揺が日本時間の朝は見られましたけど、NY時間は回復してます。
アメリカの基地に攻撃したって事ですが、被害者は無し。
イランも本気とは思えん。

次はアメリカがなんかやる番ですかね。
ただ、アメリカはこれ以上の人的被害をイランには出させたくないでしょう。
泥沼化は望まないだろうし、イランがアメリカ人の被害者を出さなかった以上は人を狙うのは正当性がない。
原油施設や原子力施設は狙えるでしょうけど、明白に人をターゲットにする事はしにくいでしょう。

イランがまだやりそうですけども、お互いにこれ以上過激にはしたくはないと思います。
次善の策と言うか、他の手段としてイランがやる事はアメリカ同盟国を困らせるって奴でしょう。
イスラエルとかが狙われるかもですねぇ。
と言う事で、まだバチバチしそうなものの、落ち着くと思ってます。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



イランの指導者への攻撃で中東情勢一気に悪化

イランの指導者への攻撃で中東情勢一気に悪化


年始の雑感を書こうと思ってたんですが、株式市場が急落して原油が跳ね上がると言う状況で、何やら世界情勢が面白くなってきてしまった。
ちょっと雑感を今日はパスさせてください~。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

報道されてますように、アメリカがイランのリーダーを殺害しました。
これはイランも怒るでしょう。
過去数十年で起きた中東状況では最大のものの1つとWall Street Journalでも報じています。

イランの最高指導者は3日間、喪に服すとしていまして、厳しい報復が犯罪者に待っていると述べました。
また、同時にイランの外相は国際的なテロだとアメリカを非難しています。

在イランのアメリカ大使館もイラン国内のアメリカ人は早急に国外退去をするようにとの指示を出しています。
原油関係でイランにいる人たちも一気に引き上げる訳ですか。
うーん、イランの大使館も外側の壁に火をつけられたりしてますね。

うへ、隣国のイラクにいるアメリカ軍5000人だそうですが、4000人を数日で増やせるとペンタゴンが言ってると書いています。
イランのアメリカ大使を救出しないとでしょうけど、それだけで済む話でもなさそう。

原油は1バレル63.5ドルへ急上昇。
9月の高値を抜けました。
状況が状況だけに昨年3月の67ドルを目指す展開になりそう。

日経先物500円以上の下落です。
ドル円も108円ちょうどぐらい。
これは107円台に来るな。

ランドも一気に急落で7.55円。
南アフリカなんてまったく関係ないですが、まぁそういうもん。
だいぶ落ちましたねぇ。

中東情勢は一気に悪化しています。
これって、計画的にやられてるはずです。
原油価格がここ3か月ぐらいにじり上げしてるのはそう言う事かもしれません。

恐怖指数のVIXも15.78ポイントまで上昇。
まぁ、でもそこまで高くもないな。

そう言えば、昨年末にVIXがちょっと上がってきてるのが気になるってランケンが書いた記憶があります。
これだったかな???
なんか、市場が落ち着いてる割には、VIXが上がってきてたのが気になったんですよね。

プット買っておけば良かったのにぃって話になりますわなぁ。。。
こんなん、分かりませんからねぇ。
目は付けてたんで、ちょっと悔しいけど、しゃーないですね。

イランの出方が気になりますけども、どーなんでしょね。
アメリカと戦争をする気はないような気がしますけど、そんな論理よりも感情で動く気はするなぁ。

サウジアラビアが次のキーワードかもですね。
イランがアメリカに報復するとは言っても、アメリカ本土にミサイルって話はさすがに出来なかろうし、そこまでの能力はない。
となると親米のサウジアラビアとイスラエルが怖い思いをするんでしょう。

11日のランケンスクールのニュース編は原油かなぁ。
ちょうど、12月のニュース編も原油が安くて妙味アリでバフェットが買ってるなんて話だったんでちょうどいいかもですね。
ちょっと、アルジャジーラでも読んでみようかな(笑)

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



オーストリアの100年債が爆上げらしいす

オーストリアの100年債が爆上げらしいす


寒いですねぇ。
今日はかなり冷え込んだ感じがしました。
会社の席が窓に近い(窓際族ではない!。。。はず。。。)ので、夕方ちょっとした寒気を感じたぐらいです。
一瞬、風邪ひいたかと思ったですが、単に寒かっただけっぽい。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

Financial Timesを読んでたら2019年に良い投資となった市場は何かって話が出てました。
アメリカ株が良かったのは明らかなんですけど、それ以外にも新興国市場も良かったとされています。
意外な所で言うと、ポンドが良かったとされており、対ドルでは主要通貨の2位なんだそうです。
BREXITが落ち着きそうだからですかねぇ。
イギリスが評価されて買われたって話ではないと思いますが、市場ってのはいい加減なもんだなぁと。。。、

面白いのはオーストリアの100年債。
爆上げしまして、2倍ぐらいになってる。
オーストリアなんぞに100年もお金を貸そうって気が知れませんけど、完全にバブルなチャートになってます。

そう言えば、先日ランケン経済英語スクールの方でも扱いましたけど、ギリシャが債券市場に戻ってきています。
しかも、10年債の利回りがなんと1.16%!!!
驚くわぁ。

いくら、ECBが後ろにいるからと言って、そこまで上がっちゃうのはどうかと思うけどなぁ。
まぁ、ギリシャにしてみれば資金調達が楽なのはいい事でしょうけど、それで借金し過ぎてギリシャ危機になった事は忘れるべきではない。

さて、トルコリラ、下げ止まったっぽいって書きましたけど、今日は多少上がってます。
切り下げがなくなったので、買い戻しが入りそうな感じ。
市場も薄そうなため、あんまり突っ込みたくないですけど、素直に買いかなぁと。

ランドも続伸。
すごいな、8月の高値に迫ってきた。
まぁ、でも対ドルで見るとそこまで行かないか。
対ドルで見ちゃうと、この辺が上値のポイントっぽくも見えちゃいますね。。。

今日からクリスマス休暇も終わりのはずではあります。
でも、明日で金曜日だからなぁ。
仕事するかなぁ。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



イギリス、EU離脱はほぼ決まりか

イギリス、EU離脱はほぼ決まりか


ANAの飛行機エンジントラブル、落ちなくて良かったですよねぇ。
片肺でも飛ぶのは知ってますけど、パイロットもうまく飛ばせてました。
無事、着陸させられたのは表彰モノですよね。

鳥が突っ込んだっぽいですかねぇ。
さすがに不可抗力かもしれません。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

イギリスはEU離脱の投票をほぼ決めたとの話が出ています。
賛成358票、反対234票との事ですので、だいぶ差が大きい状況。
まだ、最終的に決まってないもののEUからの離脱は1月末の見込みです。

焦点だったアイルランドの国境は物理的な国境をアイルランド内にはつけない事で決着のようです。
アイルランド島に入る前に関税は済ませておけって話になります。
アイルランドはEUですし、ユーロを使ってる訳で、イギリスとは完全に違う経済圏になります。

一方でイギリスの一部である北アイルランドはアイルランドと地続きで、国境なんてないのが現状です。
北アイルランドがかなりグレーゾーンになる訳ですが、国境も無しでは税関も作れない。
そのため、イギリスであるスコットランドから出る時にしっかりと税関もやってこいって話になってます。

北アイルランドはだいぶ訳の分からん地域になりますね。
住民はユーロを普通に使うでしょうし。
まぁ、でも、2016年に国民投票で始まったEU離脱は3年かかってやっと終わる感じですね。

さて、市場の方は割と小動きです。
三日ほど陰線を付けてた日経先物も止まるかもしれないってポイントでヒゲを出しました。
ちょっと上に見たい所です。

アメリカの株価は好調ですな。
まだ上に行くんだって感じ。
SP500は3225ポイントです。

ランドも堅調。
7.7円ぐらい
ちょっと十字線っぽいけどなぁ。
まだ、現時点で金曜日が終わったわけでもないですし、ランドの上昇トレンドが止まったと判断するには早いと考えてます。

もう少しがんばれー!

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



プジョーとフィアットの合併

プジョーとフィアットの合併


会社でシステムのアーキテクチャーの検討してるんですが、セキュリティって難しいですねぇ。。。
柔軟性のあるシステムって、何十年も前から言われてるものの、セキュリティ考えると全然うまくいかない。
そもそも、要件もあんまりハッキリしないのに、セキュリティだけはガチガチとうるさいんだから、何がしたいんだって気にもなります。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

プジョーシトロエンがフィアットクライスラーと統合てなニュースが出てますね。
一体、何か国の国だ???

プジョー:フランス
シトロエン:フランス
Fiat:イタリア
クライスラー:アメリカ

こんなもんですかね。
フランス人とイタリア人とアメリカ人なんて相性めっちゃ悪そう。。。
誰が仕事するんだろ?って感じしません?

しかも、全部、各国の政治家の思惑が入りそう。
絶対に入りたくないですよね(笑)。

あ、でもオペルも入ってるんですね。
これはドイツだ。
地位が低そうなので、あんまり経営に関与しないような気がしますけども。

合併がうまくいけば、売上1890億ドルだそうです。
20兆円ぐらいか。

今日はランド円が高い所にいますね。
7.63円は頑張ってる。

一方で、ドル円、ちょっと微妙になってきたかなぁな感じ。
ポジション減らしました。。
上に来るかもしれないけど、あまり深追いしたくなくなった。
株価がイマイチになっちゃったんですよねぇ。

しっかし、下に下がらないですね。
押し目を狙ったポジションでも組みますかって感じだなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



香港の資金逃避が心配かも

香港の資金逃避が心配かも


最近、多くの会社で残業規制が厳しいんだそうで、本社に戻るのにタクシー乗ったら、タクシーの運転手さんが嘆いてました。
月曜日から木曜日に深夜にタクシー乗る人なんて、あんまりいないそうです。
いい事だと思いますが、タクシーの運転手さんの商売は厳しいでしょうねぇ。
まぁ、どうせ自動運転の時代が来たら、割と無くなる職業だからなぁとか思いながら乗ってました。(さすがに言わなかったですけどね)

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

トルコリラがまた、1カ月ぶりの安値更新しそうですね。
雲も抜けそう。
短期的に売りを試したいチャートですな。

ランドは昨日は割と上昇して、今日もその流れを引き継いでいます。
ランド円も7.6円。
なんで上がるんだかって感じはしますけど、株価が上がってリスクオンになってるからとしか思えませんね。

ドル円も110円を見据えた動きですね。
多分、抜けてくると見てますが、109.7円ぐらいの抵抗が重い。
110円にオプションでもあるんですかね。
抜けたら跳ねそうな感じ。

恐怖指数のVIXもだいぶ低いですね。
12ポイント。
これ以上、下がらないだろうなぁって感じです。

まぁ、ジワジワと上がるかな。
バックでも組んでおくしかないかなと。
ちょっとファーを売るか。

香港がヤバそうですね。
飛行機会社の飛行機が差し押さえくったりしてるみたいですし、50億ドルが資金逃避したらしいです。
GDPの1.25%だそうですから、ちょっと無視できないレベルです。

台湾化してきてるよなぁ。
完全に本土とケンカしてますからねぇ。

で、イギリスの銀行が香港へのエクスポージャーが結構あるらしく、ヤバイみたいです。
BREXITもハードみたいだし、大丈夫かいな。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



HPをゼロックスが買収か

HPをゼロックスが買収か


今日、中央区の自転車シェアリングに登録したんですよ。
一回150円で自転車を借りれるって奴で、クレジットカード決済です。
イマドキはクレジットカードをカメラで枠に入れると数字読んでくれたりするんですね。

IT屋なのでたいした仕組みじゃないとは思いつつも、ちょっと驚いちゃった。
クライアントが結構リッチになってきましたねぇ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


ランド、今日もシッカリですね。
そろそろ窓を埋めに下げてくるんじゃないかと待ち構えてるんですけど(笑)。
ランド円7.33円で対ドル14.86ポイント。
対ドルで15ポイントはまた付けると思うので、7.27円までは下がるはず。

コンピューター関係の話題が続くようですが、ゼロックスがパソコンで有名なヒューレットパッカード(HP)の買収に動いてるそうです。
金額は270億ドルで3兆円近いです。
すげーなぁ。

そもそもヒューレットパッカードの方がゼロックスよりも3倍も大きいそうでして、かなりの大型買収です。
笑っちゃうのがWall Street Journalが両社ともを「テクノロジー会社の消えゆく星々」の大胆な動きと表現している事です。
キビシーなぁ。

ゼロックスと言えばコピー機屋さん、一方でHPと言えばパソコンの小型プリンター屋さん。
確かにどちらもイマドキではない。
クラウドとかAIとかモバイルって話では両社とも全然出てこないですからねぇ。
ネット系に全く絡めてないんだな。

って言うか、サーバーとかのエンタープライズ部門と家庭用のHPって2015年に分離してたんだ。。。
知らなかったぁ。。。
今回の買収は家庭用の方です。
それじゃネットも何もないのか。

もし本当に合併だか吸収がされるにしても、あんまりイマドキの会社って感じでは無さそうですねぇ。
HW屋さんだもんなぁ、両方とも。
ランケンも同じ業界にいるものとしては複雑な気分ではあるなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



BREXITの合意と言うか妥協と言うか。。。

BREXITの合意と言うか妥協と言うか。。。


ラグビーのウルグアイ代表が暴れたらしいですけど、ウルグアイのラグビー協会は些細な事として、なんとも思ってないみたいですね。
まぁ、感覚が違うわなぁ。
向こうの国でクラブなんかやるなら屈強なボディガードがいないといけないぐらいでしょー。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

だいぶ報道されていますように、今日の大きなニュースはイギリスの首相がEUとBREXITの合意が出来ました。
だいぶ、イギリス首相も妥協をしたみたいです。
これによりポンドが上昇しています。
ただ、チャート見るとユロポンは迷いが見られる感じもするなぁ。

どっちかって言うと、ユーロドルの方が興味深いですね。
雲を超えそう。
反転したのかなって感じがします。

BREXITに戻ると、本当にEUから出られるかどうかは未決な状況で、ボリスジョンソン英首相はこれから議会を通さないといけません。
結構、ビミョウみたいですね。
ただ、ボリスジョンソン首相としては既にEUに対して離脱の延期をオファーするなって話はつけたみたいで、これはイギリスの議員にダラダラと結論の引き伸ばしをさせるなと言う意思表示のようです。

従って、議会は10月末にはEU離脱かどうかの結論は出すんでしょう。
もしも否決となった場合は国民投票になるのかな。

焦点となっていた北アイルランドには国境は引かない事になっています。
その代わり、イギリス本島(って言うのかな)のグレートブリテン島で関税に関するチェックは全て済ます事が求められます。
要するに海を渡る時点で関税やら何やらはきちんとやって来いって話みたいです。

北アイルランドは今後もイギリスではありますが、実質的にアイルランドっぽい感じになるのかもですね。
で、これの是非がイギリス国内でこれから問われると言う事になる訳ですな。

なんとなく、最終的にはEU離脱しないんじゃないかなぁって気もします。
その方がいいと思うんだな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トルコ、シリアに攻撃

トルコ、シリアに攻撃


台風がまた来てますねぇ。
土曜日の午後、ガッツリっぽい。。。
ランケンスクール、初めての休講にさせて頂きます。
9年目にして初めてだなぁ。
帰れなくなっちゃうのも困るし、そもそも誰も来ない気もしますので、ご容赦くださいませ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ノーベル賞、出ましたねぇ。
なんか毎年の事となると、段々驚かなくなってくると言うか、慣れを感じます。
でも、吉野氏は感じがいいですねぇ。
どっかの青色ダイオードでもらったNさんは感じ悪いなぁとおもったけど(笑)

Financial Timesでトルコがシリアのクルド軍に対して攻撃をしかけるとのニュースが出ています。
これが分かってたから数日前のトルコリラは下げてるのね。

今までアメリカがクルドを支援してたんですが、数日前にトランプが関与しないと発表しました。
これが引き金となってトルコはクルドの攻撃に出ようという話ですな。

アメリカがなんでクルドを支援していたかというと、ISISの掃討のためにクルドを使ってたんです。
なので、クルドから見ると完全にアメリカに裏切られた形。
これさぁ、ますますこの地域を混乱に陥れる行為ではなかろうか。。。

なんかテロが増えるぞって気がする。。。
クルドだって、トルコから見たらテロ組織だったりするぐらいで、あんまり温厚な人たちとは言い難い。
アメリカへのテロに変わったら、アメリカは今度はクルドを潰しに行くんだろうか。。。

シリア情勢に詳しい訳では無いんですけど、トルコとロシアが割と近い関係にあり、アメリカとクルドが近い関係だったのがパワーバランスが変わります。
ホントにどうしようもなくなってきてるな、シリアは。。。

トルコ円は18.32円まで下げています。
何年か前から書いてると思うんですけど、トルコってのは地政学的にも宗教的にも経済的にも複雑な所ですね。
難しい国です。。。

今日のランドはちょっと上がっててランド円7.07円。
ドル円が107円に戻ってきた事が理由です。
その意味ではランド自体はたいして上がってないかな。
なんか、ドル円の方向性が分からなくなってきましたね。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



BREXIT、出来ないかなぁ

BREXIT、出来ないかなぁ


日経BPさんから本を頂きました。
Big Mistakesとかって本で、まだ読んでないんですが、どうもバフェットなどの大物投資家の失敗談みたいです。
どうもありがとうございました!
ランケン経済英語スクールの取材に来て~(笑)。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

BREXIT、離脱が怪しいです。
問題は北アイルランドをEUに残したまま、BREXITを強行しようとしているイギリスにあるようです。
北アイルランドはイギリスとされていますが、一方でアイルランドとイギリスの国境もはっきりしないと言うややこしい状況です。

EUであれば、国境は取り外そうって思想が無くはないので、別にいいんですけども、今のイギリスはむしろEUの国々と線をBREXITで引こうと言う流れです。
ここが矛盾していて、北アイルランドを連れて出ていけってのがEU側のスタンスです。

肝心の北アイルランドの住人もイギリスに属するんだってプロテスタントとアイルランドに属するんだってカトリックが同じような所に住んでおり、キリスト教内での宗教戦争となっています。
ややこしいわなぁ、宗教戦争では。。。
同じ、キリスト教なんだから仲良くせいよって感じはしなくもないですが。。。

EUのサミットは来週となっています。
その中では今月末の期限を更に引き伸ばすかどうかって話になるようで、BREXITが決定と言う話にはならないと見られています。

で、イギリス側は場合によっては国民投票が再度行われる可能性が出て来ています。
国民投票になった場合は、BREXITは無かった事になって、EUに留まる可能性が高いとされています。
結局、ただのから騒ぎになるんでしょうかねぇ。

もちろん、Boris首相は出るって言ってる訳ですから、政権としてはBREXITのスタンスなんでしょう。
でも、北アイルランドの問題が片付かないとダメでしょうし、それは100年の宗教問題に部分的とは言え大きな問いに答えを出す事になります。
出せる訳がない。。。

さて、相場の方は下落気味ですかね。
アメリカの株価が軟調。
VIX指数も高めです。

一発来てくれると嬉しいんですけど、残存3日。
そろそろ期先に移らないとだなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張