FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
IMF、南アフリカへの支援は不要と表明

IMF、南アフリカへの支援は不要と表明


台風、スゴイみたいですねぇ。
東京でもどしゃっと降ったりしてます。
割とすぐやむんですけどもね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカでIMFの支援が必要なんじゃないかってな話が出てる旨、先日お伝えしましたが、IMFからも声明が出てきました。
内容としては、IMFは支援の要請も受けてないし、そもそもIMF支援は必要ではないとしています。
南アフリカは自分自身で解決出来るだけのキャパもあるし、IMFはそうして欲しいと考えているとしています。
当たり前っちゃ当たり前ですわな、IMFはダメな国に片っ端からお金を貸し込んで儲ける組織ではない。

南アフリカの他のニュースで面白かったのが、ある食品会社。
かなりの売り上げ減を報じているのですが理由が砂糖税。
予想よりもだいぶ大きな売り上げ減だそうです。

砂糖税って、間違いなく肥満に効果ありそうですね。
狙い通りじゃないですかねぇ。

まったく砂糖がないのも寂しいですが、糖分取り過ぎですよね現代人は。
特にアメリカとか南アフリカ。
歩けない位のレベルで肥満になっちゃダメでしょう。

あとは教育レベルが上がる税金とかかけられないのかなぁ。
テストの点数が悪かったら税金とか、学校いなかったら税金とか。
いやぁ、それ困るわ、ダメ絶対(笑)

今日の市場は落ち着いたんだか荒れたんだかって感じですね。
VIXは割と高め。
値幅は大きいもののレンジだからですかね。

ランド円は7円弱ぐらい。
ランドも安値は割り込んでないのですが、ビミョーだなぁ。
明日で今週終わりなので買い戻しみたいな流れになってくれるといいですけどね。

今日は学生時代の友人のインドネシア人に久々に会いました。
なんだか日本でビジネスを始めるとかで、ウェブサイト作れる人いないかってんで、簡単なのならランケンが作ってあげるよって話になって、なんとなく技術的な調査やらなんやらを始める事に。。。
また、余計な仕事を増やしてしまったかも。。。

まぁ、でも、英語で仕事の話が出来てウェブサイト作ってくれる人なんか、探してもいないでしょうからねぇ。
誰かいないかって最初は言われたもののいる訳がない。。。
困ってるみたいなんで、あんまりヒマじゃないけど、しゃーないかなと。
BtoCのビジネスでウェブサイト無しもあり得ないし。

そう言えば、ランケンスクールのウェブサイトを刷新しました。
そんなに難しいサイトではないので、全部ランケン一人で作れちゃった。
イマドキはスマホで見る人がほとんどになってきてて、タブレットやらPCでも読みやすいようにしないといけないとかってんで、レスポンシブってテクノロジーでどんな機器でも見られるようにってのが必要になってます。
横にしても縦にしてもきれいに読めないといけないんですよ。

前のサイトだと確かにスマホじゃ見にくかったんで、だいぶ見やすくなったかなと。
なんか文字化けしてたりしたら、ぜひお知らせくださいませ。。。
一応、iPhoneとランケンのandoroidとPCは大丈夫なので、問題ないようには見えるですけど。
ブラウザーのバリエーションを全部見た訳では無いので、IEとかEdgeとかでもちゃんと見えるといいんですが。

営業日が月に2日しかないトンデモ英語スクールなんですが、やらないといけない事は普通のビジネス並にあるんですよねぇ。。。
ほとんど儲からないから、全部一人でやる羽目になると言う。。。
まぁ、コンピューターで自動化できる世界で良かったですわ。
えーと、受講生さん募集中です~。
あ、下記程度でしたら、サイト制作もお受けできますよ~(笑) (←ナゼ、たいしてお金がいる訳でもないのに仕事を増やそうとするのか。。。)


スマホ対応版ランケンスクールサイト


明日で金曜日だ。
さすがに4日だと早いですね、今週は。
通勤が楽で良かったのに、それも明日で最後かぁ。。。
ちょっと残念な気もするな。


人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカにIMF入れるってのはいい案かも?

南アフリカにIMF入れるってのはいい案かも?


京アニの犯人、以前も放火してたんですってね。
あぁ言う人って、脳がホントに壊れてるんですよね。
スキャン取ってみて医学的に検査してほしいなぁ。
死刑確定でしょうし、むしろ刑務所と言うよりは医療で治せるかどうか見て頂きたい。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカでIMFの支援を求めるって話が出ています。
経済が悪いのと、コントロール不能の状況に陥るのを避けるためとして南アフリカ中銀総裁が、そこまではいかないだろう的な発言もしています。
個人的には意外といい案かもしれないなぁと思いますが、ランドは3円とかになるかもですねぇ。。。

このまま電力問題も解決できず南アフリカ政府もだらしないままであれば、外圧で国家の改革をすると言うのは1つのやり方かなと。
下手にデフォルトされるよりは全然マシな気もします。
デフォルトされるとマーケットに戻ってこられなくなるしなぁ。

南アフリカの財政は国営電力会社Eskomによる債務保証で一気に悪化してきました。
これについては南アフリカ中銀総裁のKganyago氏も懸念を示していまして、余りにも海外からの借り入れに頼り過ぎだとしています。
GDP比で60%弱ではあるんですが、60%を超えると懸念がかなり大きくなります。
この10年で対外債務が1.7倍ぐらいになってます。

成長率もほとんどない状態で借金だけが増えてたらギリシャと変わらない。
政治改革もあまり進んでいないですし、このままだと確かに維持できない気がします。
どっかでドラスティックな何かが起きる。
それを自発的に起こすか、市場に起こされるかって話だったら、自発的に起こした方がいいかなとは思いますね。

一方でそんなにランドを下げられないかもしれないとも思います。
対外債務はドル建てがほとんどのはずです。
ランドが半分になれば、借金が膨らみますので、IMFが入るにしてもあまり賢いやり方とは思わない。
そもそも、変動相場制ですし、通貨下落を誘発する事のメリットはない気がする。

となると何をするかって話になると、公務員の給料を減らすとか国営企業の給料を下げるとか、労働組合を何とかするとかって話になるんじゃないかなぁ。
給料減らしてるだけじゃ本質的に変わらないので、何らかの立法化も要求されるのは間違いないでしょう。
国営企業の民営化法案とかは迫られるでしょうね。

国家のリストラと言うか立て直しと言うか、それはそれで面白そうとか思ってしまう。
ランケンも参加したいかも(笑)。
自力で出来ないなら、痛みを伴ってでも外科手術で投資家としてはOK.

さて、明日はSQですね。
ポジションないので、どーでもいいですが、SQ絡みの思惑がありそうな。
多分、下げ止まったと思うので、デルタロングのベガショートになるかなぁ。
ってプット売るしかないやんって話ですね(笑)。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF、南アフリカの成長率を下方修正

IMF、南アフリカの成長率を下方修正


貨幣、変わるんですってね。
なんか、数字が大きくなって見やすくなった。
字体が評判悪いみたいですけど、個人的には見やすくていいと思うな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

IMFが南アフリカの成長見通しを引き下げました。
2019年は1.4%の成長予測でしたが、1.2%になり、2020年も同様に1.7%成長予測が1.5%へと変わっています。
理由は5月の選挙後の政治の不確実性とされています。

また、IMFは構造的なボトルネックが投資と生産性に重石をかけるとしており、構造改革の重要性を訴えています。
中でも生産と労働市場の改革が必要としており、民間投資の助けとなる環境を構築する必要があるとしています。

財政についても公的債務を安定化させることを求めており、公務員賃金のカットを優先し、国営企業の民営化はいざという時の備えで考えるべしとしています。
そうなんですねって感じはしますね。
やっぱり公務員の賃金も高いって事なんでしょう。

今日は格付け会社のS&Pも南アフリカの成長率や格付けについて述べています。
S&Pは格付けを上げるためには2%以上の成長率が必要としており、今年は1.5%出る可能性があるがまだまだ足りないとしました。
現状ジャンクの格付けをS&Pは付与していますから、これが投資適格になるのはまだ遠いって事でしょう。

ランドはそれほど反応はしていませんが、ネガティブなニュースな割には下がっていないのは救い。
ランド円は7.91円。
そんなに変わりはありません。

ユロドルは1.128に到達しました。
ご馳走様です。
次は1.131ですが、あんまり欲張らない方がいいかなと。

トルコリラ円が割り込みそうな感じですね。
19円まで落ちるかなって感じのチャートになってきました。
逆差しで売り狙いに切り替えるかなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF総裁、南アフリカのポテンシャルを評価

IMF総裁、南アフリカのポテンシャルを評価


ゴーンさん、、特別背任で逮捕になりましたかぁ。
年末にだいぶ面白い攻防になってますねぇ。
特捜部には頑張って欲しい所です。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

IMFのLagard総裁が南アフリカについてのコメントを出しています。
Lagard女史は南アフリカの反汚職運動についてIMFとして賛同するとしており、Cyril Ramaphosaの政策について支持を表明しました。

また、一般のCyril Ramaphosa政権への期待と実行にはギャップがあるとしており、南アフリカの政策遂行と結果には時間がかかるだろうとも述べています。
今、南アフリカの政策で世界の関心の元は土地収用政策です。
これについてもRamaphosa大統領が説明する通りの価値があるとして、支持しているようです。

土地収用政策はどうなんでしょうね。
最初に出された時は市場にだいぶ嫌われたように見えましたが、それなりに議論が出ていて受け入れられる土壌が少し出てきたって事なんでしょうか。

IMFとしては、その他に若者の失業率、財政支出、国家競争力の確保について課題を南アフリカに出したとしています。
IMFは引き続きサポートをしていくとしており、特に財政支出の最適化についてのアドバイスを約束しました。

IMFにお金を出してもらって、無理くり財政健全化と成長への政策をインプリするってのも1つの手段だったんじゃないかなぁと個人的には思ったりします。
IMFのローンって簡単にはもらえないんでしょうけど、金利は低いだろうし、アホな使い道に対する制約にはなったりできるんじゃないかなぁと。
妄想の世界ですけどね。。。

さて、今日はアメリカ株、少し戻してますね。
今週、だいぶ下げたから買い戻しで終了するんじゃないでしょうか。
ひどいクリスマス休暇だと思ってるウォール街の連中が多い事でしょう。

ドル円も110円台に突っ込みましたが、111円台に戻ってきました。
ランドも売られたかな。
ランド円は7.72円まで下げています。
この辺でランドは止まって欲しい所ですが。。。

日経はヒドイもんでしたね。
20000円を割り込みました。
個別株もメタメタ。

買い持ちしてるのは結構やられてる人が多いんじゃないでしょうか。
買う時期じゃないんだよなぁ、やっぱり。
地合いが悪すぎる。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF、南アフリカの成長率予想を引き上げ

IMF、南アフリカの成長率予想を引き上げ


秋のような涼しさですね。
ちょっと寒いレベルなので、会社行くのにコート着ていきました。
先日、暑かった時の方が体調悪かった気がします。
気が付いたのは、寒くなる方には耐久力があるんだなと。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFは南アフリカの2018年の成長率予測を1.5%に引き上げました。
前回の予測は0.9%でしたので、だいぶ上げてます。
まぁ、でもまだまだ低い。。。

せめて3%ぐらいは出してほしい所ですよね。
2019年の予測としては1.7%とされており、こちらも一応は上方修正ですが、それでもあまり高い感じはしませんね。

また、IMFは世界の成長率を2018年は3.9%と発表しています。
だいぶ高い成長率ですよね。
2011年以来だそうです。

やっぱり、南アフリカの1.7%はだいぶ低いわ。。。
これでは投資が集まりにくい。
せめて、先進国の2%レベルまでは上げないと。

IMFは、南アフリカは改革が非常に重要としていまして、新大統領のCyril Ramaphosaに今の世界的な景気はチャンスなので、長期的な成長を押し上げるような政策をとるように強く勧めています。
与党ANCの中の政争で大変な部分もあるでしょうけども、今のチャンスは確かに活かしてほしいです。

さて、市場の方は比較的動きが少ないようですかね。
ドル円も株価もランドも原油も大きな動きはありません。

5月のSQはゴールデンウィークがあるんですよね。
営業日が少ないので、あまり変に動きにくい感じです。
どうしたもんか。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF総裁、保護主義に対して強い警告

IMF総裁、保護主義に対して強い警告


昨年ぐらいからYouTubeの広告で気になる広告があって、それは不動産の広告で利回り10%みたいなのがバンバン出て来てる事です。
これって10年前のサブプライム前によく出てたのと同じなんですよね。

気になる点は何かと言うと以下の点です。

1.出てくる頻度が高いので、かなり広告費用にお金をかけているのが伺われる事
2.不動産価格がこれだけ値上がりしてる中で高い利回りを謳ってる事

これが出来る理由って1つだけなんですよね。
当たり前ですが、不動産バブル進行中で、お金が余ってる人たちが投資してるって事でしょう。
まぁ、負けるでしょうけどね。

今の時代、不動産投資で利回り10%がどれだけ異常かって話、分かる人には分かるはず。
特にワンルームなんて、そもそも税金の控除抜きで利益は出せないって不動産投資会社の社長が数年前に言ってますからねぇ。
10%利回り出すにはキャピタルゲインが無いとおかしくて、そんなのが何年も続く訳がない。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFのLagarde総裁が貿易戦争は世界経済を引き裂くと強い警告を出しています。
総裁は各国の保護主義の動きにより、世界は割れてしまう危険に晒されているとしており、これは許しがたい政治の失敗になるだろうと述べています。

トランプになる前までは世界的に保護主義をいかに取り除けるかが重要課題だったのが、トランプの政策により一気に各国が関税をかけてきており、貿易の減少が大きな懸念材料となっています。
南アフリカなんかの新興国にとっても世界の貿易の停滞はマイナスでしょうね。

一方でトランプはTPPへの参加の再検討みたいな話も見かけました。
このおっさん、本当デタラメ。。。
よく大統領罷免にならないよなぁ。。。
安倍首相のがよっぽど危ない。。。

Lararde IMF総裁は世界経済についての見通しは楽観的なようです。
今年も来年も堅調と考えられており、このままの景気でいけそうだとの事。
株価はまぁまぁヒドイ事にはならんって事なんでしょうかね。

今日のSQはあまり波乱なかったですね。
お陰様で普通には取れました。
ただ、あまりテンションは上がらん。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF、南アフリカの財政悪化を警告

IMF、南アフリカの財政悪化を警告


会社で硬めの椅子に座って寝ちゃったのが響いて腰が痛いです。。。
昨日、マッサージで揉みほぐししてもらったんですが、どうもまだ痛い。。。
捻挫っぽくなってるかも。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFが南アフリカに警告を出しています。
もし、国営企業の債務が上がり続けるようであれば、更なる財政の悪化につながるだろうとしており、2月までに解決しなければ市場の心理悪化につながり調達資金のコスト増になると述べています。
既にそうなってる気がするんですけどね。。。
まぁ、更にひどくなるって事でしょう。

2月と言ってるのは次の予算演説がそこにあるからです。
IMFも格付け会社の動向を気にしており、更なる格下げは危険との認識です。

今週11月24日にムーディーズの格付け発表があります。
普通に考えて格下げでしょう。
個人的にはムーディーズの方はランドにあまり影響しないんじゃないかとは思いますけど。
既にだいぶ織り込まれてるはずだし。

また、S&Pも同じ日に見直しが入ります。
格下げにはならないでしょうが、見通しの悪化が認められるとランド急落の恐れがあります。
こっちの方が怖いですね、ランドには。

ロイターがジンバブエ情勢で、うまく合意が出来なければムガベ大統領が今日日曜日にも解任されるかもしれないと報道しています。
ジンバブエの与党ZANU-PFで中央会議(Central Committeeって書いてあります)を本日開催してムガベを外す方向です。
大統領への抗議活動は数万人にも達しているそうです。
こりゃもう決まってますな。

合意ってどんな合意でしょうね。
ムガベ大統領と妻のGrace Mugabeは退任するぐらいなら死ぬって言ってるそうです。
嘘つけ~とか思いますよね(笑)
死にたくないから、居座るって話でしょ。

南アフリカもアメリカも中国も差し当たり、ムガベ大統領の辞任に反対する所はありません。
国内でも海外でも、この状況ですから時間の問題でしょうね。
南アフリカでは、ムガベの亡命を受け入れろと言う政党も出ています。
その方がより早く、ジンバブエ国民にとってよりよい条件での政権交代になると考えているそうです。

一方で、南アフリカ野党最大のDAは亡命を受け入れるべきではないとしており、理由は人権侵害を挙げています。
DAの方が正しい気はしますね。
ジンバブエから依頼があるならば、考えてもいいんでしょうけども。

でも、ムガベが辞めようが辞めなかろうが次の大統領が選挙もなしにほぼほぼ決まってると言うのが、この国の将来を暗示していますよね。
どっちにしても民主化される訳でもなく、国民もヤクザの親分を選ぶような思考なんでしょうから、あまり良くなるとは思えない。
他の国を見て、どう思うってるかって話はあるかとは思うんですけどねぇ。

さて、荒れに荒れてる日本市場。
ドル円はとりあえず下向きで考えざるを得ないんじゃないかとは思いますが、結構下げてるので反発が来るかって所でしょうか。
日足で見るなら112円半ばあたりで売って113円で損切りとかで考えるのが普通でしょうか。

日経平均はトライアングルを形成でしばらくヨコヨコってのが相場観かなぁ。
と言っても、だいぶポジショントークなんで、バイアスかかってますけどね。
23000円とか困るですよ~(爆)

最近、個別株を師匠の影響で少し触ってるんですけど、SUMCOを信用売りしてまして、ちょっとヤバイ。。。
高値更新されると逆差しで切られちゃう。
あと、たったの30円。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFの南アフリカに対する警告

IMFの南アフリカに対する警告


新しいプロジェクト、かなり多国籍軍なんですが、1日の半分ぐらい英語話してます。
会議で議論が熱くなると、その後が大変ですね。
夕方になってくるとグッタリする程疲れて、後仕事になりません。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFが南アフリカに対する警告を出しています。
内容は外的ショックに非常に弱い状況になっているとしています。

やはり、政治的な懸念が投資家の中で大きくなっているため、世界的なショックが何か起きた場合に南アフリカはお金を集める事が非常に難しくなり、資金不足に陥る可能性があるとしています。
なんか分かるなぁ、それ。。。
今は世界にお金が溢れてるので、南アフリカにもお金が流れ込んじゃってまして、結果としてランドもこれだけ色々と悪いにも関わらず高止まりしています。
リーマンショックみたいな事が起こった時にいきなりお金が引っ込む。
当然ながらランドも暴落になりますね。

今のところ、世界の中銀がうまくコントロールしてる感じはしますが、市場が暴れると中銀は市場をコントロールするだけの余地をあまり持っていません。
要は金利が低すぎる。
怖い部分ではありますね。

さて、今日の雇用統計、悪くはなかった感じですかね。
失業率は若干上昇してるんですが、株価は上昇しています。

今日は日本の株価が昼間下がってたんですけど、アメリカの雇用統計に対する懸念から下がってたとされています。
19800円台ぐらいだったかなぁ。
今、20000円に戻ってきたので、悪くはないって評価なんでしょう。

USDCADも雇用統計で思いっきり上がってますね。
ぶち抜いてきました。

USDCAD20170708.png

なかなか壮観だなぁ。
まぁドル買いはやっぱりしにくいですね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF,南アフリカの成長率予測を引き上げ

IMF,南アフリカの成長率予測を引き上げ


今日、新宿駅の入り口で外人の小太りのオジサン同士がキスしてました。
もう少し遠慮してほしい。。。
おぇ。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFが南アフリカの成長率予測を引き上げました。
2017年は0.8%の成長予想だったのですが、1.0%になりました。
低い~。。。
まぁ、下がるよりはいいとしますかね。。。

IMFは一応は上方修正を出したものの、人口増に対して雇用の伸びはまだ緩慢だとして、国民一人当たりの収入は下がるだろうとしています。
5%とはもはや言いませんが3%ぐらいにはしてほしいものですよねぇ。
3%でもアメリカ並って感じですから。

ドルが強い状況だとお金が新興国に回ってこないですかね。
トランプは早晩厳しくなるんでしょうけども、悩ましいのはアメリカの経済のみが絶好調って所です。
アメリカが少し減速しても世界経済は順調だとホントはいいんですけどね。

ランドは戻しましたね。
8.41円になりました。
ドル円が111円と円高なので、あまり上がった感じもしないんですけども、対ドルではしっかりしています。

さて、日経先物、戻ってきましたね。
デルタヘッジしそこなったの悔しいです~。
底の方を取れなかったですが、積み増しています。
20000円に戻ってくれると嬉しいなぁ。

ドル円のオプションは変わりません。
どーせ、デモだからどうでもいいんですけどもね。
FXのオプションって、証拠金の相殺をSPANみたいにしてくれないんですね。。。
イマイチだなぁ。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFの南アフリカ成長率、かなり低い

IMFの南アフリカ成長率、かなり低い


寒いですねぇ、毎日。
あと1か月は寒いんでしょう。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFが南アフリカの成長率予想を発表しています。
2017年の同国の成長率は0.8%。。。
ひでぇな。。。

これでも、昨年の0.3%よりは上になってはいますが、世界経済の成長率3.1%よりもだいぶ低い。
これでは投資も集まらないなぁ。
ランドはそこそこに底堅いですが、ファンダメンタルズ的には楽観的になれる感じはしないですね。

また、11月の南アフリカの資源の産出量が4.2%の大幅下落となっています。
予想よりも悪い結果とされており、ブルームバーグは0.9%の下落としていました。
プラチナの下落が11%弱と大きくなっています。
マンガンは27%近くの増産ですが、ゴールドなども下落しており全体的には大幅な下落となっています。

南アフリカでは今年は資源価格があまり下がらないため、大きな悪化はしないと見ています。
資源もイマイチ伸びませんねぇ。。。
原油のコール売ってカバードコールにしようと思ってますが、なんか価格が違うので1ティックがでかくてやりにくい。。

さて、世界のニュースはイギリスですかね。
メイ首相はHard Exitに傾いてるようです。

面白いのはEU離脱合意は無いんだそうです。
変な離脱合意よりは無い方がいいとされており、今後は各国と個別合意を結ぶ形となるようです。
メイ首相は競争力のある税率を使うとしています。

また、首相は自由にイギリスの企業が競争できるようになるはずだと述べており、最大の自由をもたらすと述べています。
そんなこと言って、EU側だって国際競争の中で不利になりたくないんだからそんな都合のいい合意が結べるとも思えないんですけどね。

メイ首相の発言を聞いてると、EU圏での自由な取引を追求するような事を言ってるんですが、なんとなく歯が浮く。
EUの義務を果たさないと宣言したくせに、自由に貿易が出来ると思ってるんだろうか。
まぁ、国内向けにはそう言っておくしかないんでしゅね。
政治家も大変だなぁ。

今日はドル円、結構下げてきましたね。
110円をやっぱり見てるかな。
一気に112円台。

日経先物も18750円まで付けました。
もっと下がってほしい所です。

バックスプレッド組んでるんですが、なかなか利益化してこないのでガンマ買う事にしました。
ロングストラドルを久々に建てた。
さすがにここで止まる事は無いでしょうし、ボラティリティもそれほどあがってこないので、上がろうが下がろうが関係ない、なポジションを足しました。
どっちかと言うと、戻られると対処しにくくなるって方が大きいのですが、ちょっとダイナミックヘッジ的にやれるといいなと思ってます。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張