南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
IMFの南アフリカに対する警告

IMFの南アフリカに対する警告


新しいプロジェクト、かなり多国籍軍なんですが、1日の半分ぐらい英語話してます。
会議で議論が熱くなると、その後が大変ですね。
夕方になってくるとグッタリする程疲れて、後仕事になりません。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFが南アフリカに対する警告を出しています。
内容は外的ショックに非常に弱い状況になっているとしています。

やはり、政治的な懸念が投資家の中で大きくなっているため、世界的なショックが何か起きた場合に南アフリカはお金を集める事が非常に難しくなり、資金不足に陥る可能性があるとしています。
なんか分かるなぁ、それ。。。
今は世界にお金が溢れてるので、南アフリカにもお金が流れ込んじゃってまして、結果としてランドもこれだけ色々と悪いにも関わらず高止まりしています。
リーマンショックみたいな事が起こった時にいきなりお金が引っ込む。
当然ながらランドも暴落になりますね。

今のところ、世界の中銀がうまくコントロールしてる感じはしますが、市場が暴れると中銀は市場をコントロールするだけの余地をあまり持っていません。
要は金利が低すぎる。
怖い部分ではありますね。

さて、今日の雇用統計、悪くはなかった感じですかね。
失業率は若干上昇してるんですが、株価は上昇しています。

今日は日本の株価が昼間下がってたんですけど、アメリカの雇用統計に対する懸念から下がってたとされています。
19800円台ぐらいだったかなぁ。
今、20000円に戻ってきたので、悪くはないって評価なんでしょう。

USDCADも雇用統計で思いっきり上がってますね。
ぶち抜いてきました。

USDCAD20170708.png

なかなか壮観だなぁ。
まぁドル買いはやっぱりしにくいですね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF,南アフリカの成長率予測を引き上げ

IMF,南アフリカの成長率予測を引き上げ


今日、新宿駅の入り口で外人の小太りのオジサン同士がキスしてました。
もう少し遠慮してほしい。。。
おぇ。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFが南アフリカの成長率予測を引き上げました。
2017年は0.8%の成長予想だったのですが、1.0%になりました。
低い~。。。
まぁ、下がるよりはいいとしますかね。。。

IMFは一応は上方修正を出したものの、人口増に対して雇用の伸びはまだ緩慢だとして、国民一人当たりの収入は下がるだろうとしています。
5%とはもはや言いませんが3%ぐらいにはしてほしいものですよねぇ。
3%でもアメリカ並って感じですから。

ドルが強い状況だとお金が新興国に回ってこないですかね。
トランプは早晩厳しくなるんでしょうけども、悩ましいのはアメリカの経済のみが絶好調って所です。
アメリカが少し減速しても世界経済は順調だとホントはいいんですけどね。

ランドは戻しましたね。
8.41円になりました。
ドル円が111円と円高なので、あまり上がった感じもしないんですけども、対ドルではしっかりしています。

さて、日経先物、戻ってきましたね。
デルタヘッジしそこなったの悔しいです~。
底の方を取れなかったですが、積み増しています。
20000円に戻ってくれると嬉しいなぁ。

ドル円のオプションは変わりません。
どーせ、デモだからどうでもいいんですけどもね。
FXのオプションって、証拠金の相殺をSPANみたいにしてくれないんですね。。。
イマイチだなぁ。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFの南アフリカ成長率、かなり低い

IMFの南アフリカ成長率、かなり低い


寒いですねぇ、毎日。
あと1か月は寒いんでしょう。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFが南アフリカの成長率予想を発表しています。
2017年の同国の成長率は0.8%。。。
ひでぇな。。。

これでも、昨年の0.3%よりは上になってはいますが、世界経済の成長率3.1%よりもだいぶ低い。
これでは投資も集まらないなぁ。
ランドはそこそこに底堅いですが、ファンダメンタルズ的には楽観的になれる感じはしないですね。

また、11月の南アフリカの資源の産出量が4.2%の大幅下落となっています。
予想よりも悪い結果とされており、ブルームバーグは0.9%の下落としていました。
プラチナの下落が11%弱と大きくなっています。
マンガンは27%近くの増産ですが、ゴールドなども下落しており全体的には大幅な下落となっています。

南アフリカでは今年は資源価格があまり下がらないため、大きな悪化はしないと見ています。
資源もイマイチ伸びませんねぇ。。。
原油のコール売ってカバードコールにしようと思ってますが、なんか価格が違うので1ティックがでかくてやりにくい。。

さて、世界のニュースはイギリスですかね。
メイ首相はHard Exitに傾いてるようです。

面白いのはEU離脱合意は無いんだそうです。
変な離脱合意よりは無い方がいいとされており、今後は各国と個別合意を結ぶ形となるようです。
メイ首相は競争力のある税率を使うとしています。

また、首相は自由にイギリスの企業が競争できるようになるはずだと述べており、最大の自由をもたらすと述べています。
そんなこと言って、EU側だって国際競争の中で不利になりたくないんだからそんな都合のいい合意が結べるとも思えないんですけどね。

メイ首相の発言を聞いてると、EU圏での自由な取引を追求するような事を言ってるんですが、なんとなく歯が浮く。
EUの義務を果たさないと宣言したくせに、自由に貿易が出来ると思ってるんだろうか。
まぁ、国内向けにはそう言っておくしかないんでしゅね。
政治家も大変だなぁ。

今日はドル円、結構下げてきましたね。
110円をやっぱり見てるかな。
一気に112円台。

日経先物も18750円まで付けました。
もっと下がってほしい所です。

バックスプレッド組んでるんですが、なかなか利益化してこないのでガンマ買う事にしました。
ロングストラドルを久々に建てた。
さすがにここで止まる事は無いでしょうし、ボラティリティもそれほどあがってこないので、上がろうが下がろうが関係ない、なポジションを足しました。
どっちかと言うと、戻られると対処しにくくなるって方が大きいのですが、ちょっとダイナミックヘッジ的にやれるといいなと思ってます。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF,南アフリカ成長率予想下方修正

IMF,南アフリカ成長率予想下方修正


今日も終電です。。。
1日の短い事。。。
仕事が終わる気がしませんわ。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

IMFが南アフリカの成長率予想を引き下げています。
2016年の南アフリカの成長率は0.6%とIMFは改訂し、1月予想の0.7%から下方修正です。
まぁ、でも正直あんまり変わらんかなのレベルですね。

来年の南アフリカは1.2%成長とIMFは予想はしています。
来年になったら引き下げられるでしょとか思いますけど。。。

ただ、昨年はランドをはじめ新興国通貨の下落が厳しかったのですが、今年は概してリバウンドしているとIMFは述べており、リスク回避の動きが小さくなった事、原油などのコモディティが底打ちの兆しが見えた事を改善要因として指摘しています。
まさにそれって感じですね。

コメントでアメリカの株が下げたら、ドル安になってランドが上がるんじゃないかって話が来ていましたが、ドル安株高ならばいいんですけども、ドル安株安はランドはあんまり上がらないと考えています。
まぁ程度問題の部分はありますけども、金余りならばおそらく株価は下がらないでしょうし、リスク回避の動きに繋がらないので、ランドも上がるかなとは思います。

ただ、ドルも株も下がるのはあんまりいい流れとは思いませんかねぇ。
ドルと株が同時に下がるって状況は、なにそれ?って感じしなくもないですが。。。

さて、プット売り、無事に来ました。
禁断のファーアウトのプット売りですが、あぁ良かった。
上方向に見てボラティリティーが下がると予想するならプット売るしかないですものねぇ。

ベガショートは続けたいので、あんまり好きじゃないポジションですが引っ張ります。
ボラティリティーがIVで22ポイントぐらいまで下がってくれたら利確かなぁ。
今週中に下がってくれることを期待したいです。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFによる南アフリカの成長率予想下方修正

IMFによる南アフリカの成長率下方修正


質問でランドがジャンク入りしたらロスカットされるのですか?ってご質問が来てます。
どっかに書いてあるはずなんですけど、とても丁寧にご質問頂いたので、簡単に。

そもそもランドがジャンク入りするんじゃなくて、南アフリカ国債がジャンク入りするんです。
通貨と債券の違いが分かってらっしゃらないように見受けられます。
債券って何かって話を書くと長いので、検索くださいませ。

あと、価格関係なくロスカットされるかって言う質問でもあるのですが、それは持っているポジション次第です。
FXの証拠金とレバレッジの関係が分かってらっしゃらないようですので、こちらはFX会社のHP等でお勉強くださいませ~。

ちょっと色々とお勉強不足過ぎるかもですよ。(笑)
FXなんかをやるには早いレベルに見えます。
ネットで調べても出てこない理由は、質問がだいぶずれてるからでしょう。w
ランケン経済英語スクールにお越しくださいませ~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

IMFが今年の南アフリカの成長率を当初予測の1.3%から0.7%に引き下げました。
過去最低の成長率予測となります。
うー。。。厳しい。。。

同様に来年の成長率も2.1%から1.8%に引き下げられています。
IMFの予想っていっつも引き下げですね。。。
引き上げはないのかーい。。。

なんか政治的な圧力がかかってるのかなぁ。
IMFの予想を使って証券会社とかが投資するかた高めに出しておけとか。
あるいは、そもそも予測を立ててる人が南アフリカの人だからバイアスかかりまくってるとか。

また、サハラ砂漠以南のアフリカ地域での予想も今年は4%とされ、4.3%の予想から引き下げられました。
来年は4.7%の予想だそうです。
どーせ、下げられるな。

世界全体の今年の成長率は3.4%とされ、こちらも3.6%から引き下げです。
感覚的にはそれでも高すぎない?って気がするんですけどね。
アメリカと中国次第でしょうね。

今日のランドは若干上がってます。
7円台回復。
ドル円が少し戻した方が強いかも。

下落トレンドは変わっていないですが、1週間ぐらい落ち着いていますね。
こっから上に上がるってなんとなくイメージしにくいんですけど、僕だけかなぁ。
うーん。。。

原油も30ドルぐらいで止まってはいるものの上がる気配はあんまり感じない。
とは言え、知れてるとは思うんで買い玉は相変わらずキープしております。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFの南アフリカ成長率予測引き下げ

IMFの南アフリカ成長率予測引き下げ


昨日はお休みされてる受講生さんが6月ぐらいに復帰しますと連絡がありました。
法律系の方で、経済の仕組みを法律の観点から教えてもらったりして、こっちが勉強になる方です。
トレードも含めて勉強会みたいのに時々行くんですけど、知識が集まる所って勉強になりますよね。
有難いなとつくづく思います。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

IMFが南アフリカの成長率を下方修正しました。
2015年の成長率は2%とされ、2.3%から0.3ポイント引き下げです。
来年の成長率も2.1%とされ、従来予想の2.5%から下げています。

エスコムの電力制限が南アフリカでは厳しくなってきています。
また、南アフリカの財政も予想よりタイトなコントロールをするためとIMFでは述べており、これらが成長率を抑制するだろうとされています。
IMFは南アフリカの成長のためには、電力セクターのインフラを整備して障壁をなくすこと、教育改革、労働力改革、製造における競争力強化が効果があるとしています。

また、IMFは南部アフリカ全体の成長率は今年は4.5%の伸び、来年は5.1%の伸びとしています。
南部アフリカの成長の半分ですね、南アフリカは。
もうちょっと出してほしいなぁ。

それにしても、インフラの問題、お金で何とかなりそうなものだけど。。。
エスコム解体って話は消えちゃったんでしょうかね。
解体する余裕もないのかなぁ。

ちょっと日経平均弱気になってきました。
20000円超えないですね、ここ数日。
ボラティリティーも低いし、これと言った戦略が浮かばず、とりあえずベアシンセ作ってみたりして。
日銀さん、余計な事してくれるなよぉ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFの世界経済予想

IMFの世界経済予想


月曜日から飲み会だったので、火曜日だと言うのに眠い眠い。。。
もうメンタル的に休みに入っちゃってる感じします。
今週が終わればまた3連休なんですが、まだもうちょいあるなぁ。
遠い感じですー。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカの貿易状況が発表になり10ポイントの悪化を示しています。
今年の4月には61ポイントでしたが9月は51ポイントなりギリギリ50ポイントをキープぐらいまで来ています。

内容としてはセールスボリュームと新規オーダーが50ポイントを割り込みネガティブな領域に入っています。
一方で上がりそうなのはインプットのコストで68%とかなり多くがコスト上昇を予想しています。
とは言え、これも8月の77%に比べると10ポイント下落しており、生産レベルでも単価上昇は厳しそうです。

さて、IMFがWorld Economic Outlookを発表しています。
それによると世界経済は中期的に低成長の時代に落ち着きそうだとの見通しを示しています。

2013年、2014年の世界経済の成長率は両方共引き下げられました。
2013年はなんと2.9%とされ、サブプライム以来最低です。
2014年も3.6%となっていまして、更に下がる可能性もありそうです。

日本に関しては2014年は消費税引き上げにより、下落が予想されています。
一応は1.2%の成長が予想されていますが、それでもアメリカなんかに比べると低く、ユーロ圏の1%よりはまぁいいかな位です。

世界経済成長率2.9%は低いなぁ。。。
でも上がってる株価はなんなんだ。。。
バブルか。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFの南アフリカ成長率予測

IMFの南アフリカ成長率予測


夜ご飯、食べ過ぎました。。。
気持ち悪い。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
IMFが南アフリカの成長率の低さについて、世界経済だけのせいにはできないと述べています。
国内のストライキや政治の不透明さが成長と投資を低くしている要因だとしています。
そのほかにIMFが指摘している大きな問題としては電気供給の問題が投資を妨げているとされています。

なんでESKOM解体するぐらいの事ができないんでしょうねぇ。
もっと電気が止まっちゃう懸念があるって話なのかなぁ。
部分的にもっと民営化した方がいいと思うんですけどねぇ。

IMFによると今年の南アフリカの成長率は2%であり、来年以降数年間は3%から3.5%と低迷するだろうとの予想になっています。
これを解決するためには改革が必要であり、その多くは既に南アフリカの国家開発計画において謳われています。

また、南アフリカの経済は海外からの投資で支えられており、資本流入の逆転には極めて脆弱として、貿易赤字を海外による国債購入で埋めているのがリスクと指摘されています。
今はお金がジャブジャブですが、金融引き締めでどこまで引き戻されるかって事なんでしょうね。
個人的には、新興国ショックってつい先日やった所なので、直近はそんなに怖くないとは思ってるんですけどね。
IMFがレポート作ってる時って新興国ショックの真っ最中ってのもあったのかもしれません。

南アフリカ政府としても、IMFの指摘はまさに問題そのものとして認識しているとは述べています。
政府は多くの対策をタスクチームを作って再度成長させるとはしてIMFに答えを返しています。
投資家を信頼させて、多くの投資がされれば成長はできる余地があるので、信頼を得られるかどうかが重要です。

労働市場の改革なども指摘されており、今の労働組合も含めた市場のあり方については何らかのリフォームが必要なようです。
ストライキが多すぎますからね。

さて、日経平均がえらく動いていますね。
下げるなら昨日下げて欲しいもんです。。。
意味が分からん。。。

一応、債務上限の話が出てはいますが、それほどこちらについての懸念は大きくはなさそうです。
まぁ、市場も耐性が出来たというか、慣れたというかって感じでしょう。

日本の株式市場の下落は増税の緩和策がはっきりしない事が理由とFinancialTimesでは書かれています。
なんとなく後付けな理由に聞こえますので、動きたかったから動いたと個人的には解釈しています。
まぁ、市場なんてそんなものですよね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF、南アフリカの成長率引き下げ

IMF、南アフリカの成長率引き下げ


帰ったら即シャワーですねぇ。
シャワーって言うか、水浴びに近いです。
水分取って、よく寝るですね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

IMFが南アフリカの2013年の成長予測を大きく引き下げました。
4月の時点では2.8%でしたが、最新では2.0%としています。

2014年は2.9%となっていますが、これも3.3%から引き下げられています。
IMFによるとサハラ以南のアフリカ成長率は弱くなるとされており、主たる要因はアフリカ最大の経済大国である南アフリカとナイジェリアの国内問題と指摘されています。

また世界経済全体の成長率予測も3.3%から3.1%へと引き下げられており、2014年も同様に4%から3.8%へと引き下げています。
こちらは新興国経済の伸び率鈍化とユーロ圏の不景気の長期化が理由となっています。

世界経済自体は今後も新興国が成長の牽引役であることは間違いなさそうです。
新興国全体の2013年の成長予測は5%で2014年は5.4%とされており、先進国の2013年1.2%と2014年2.1%に比べるとだいぶ速い状況です。

それでも、以前に比べるとだいぶ弱いですよね。
しょうがないんだろうなぁ。
まぁ、でもまたしばらくしたら良くなってくるんじゃないでしょうかねぇ。

あんまり悲観的になってもしょうがないですしね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFの南アフリカへの警告

IMFの南アフリカへの警告


ランド円は9円10銭まで戻りましたね。
おととい書いた通りになって一安心(笑)。
あぁいうの書くの怖いんであんま好きじゃないんですけどね。

特に1万人近く見てる場合はスリル満点
プットをネイキッドで売るようなもんだ。
もっとも書くことによるランケンへのリターンはゼロですけどねぇ(爆)。


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

ドルランドのチャートは今は下のようになってます。
これも一昨日書いたように8.5ランドの9円20銭位まで戻してもいいんじゃないかとは思いますけど、まぁこっから先は深追いって奴かもしれません。

USDZAR20121012.png



南アフリカのトラックのストライキは賃金妥結をしています。
このストライキによりけが人が出ており、死者も一人でました。
また、かなり多くのトラックが破壊されるなどの被害が出ています。

このストライキで賃上げを勝ち取ったのはいいんでしょうが、一方で確実に雇用が脅かされます。
それって格差拡大につながるだけだと思うんだけどなぁ。

我々日本人もそうですが、個々の労働者は経済全般の大局なんて見えないんでしょうね。
経済の大局をつかめるかどうかって大きいと思うんだけどなぁ。

また、東京でIMFの総会が開かれていますが、IMFから南アフリカに対する言及があり、リーマン破たん以来の金融危機による財政出動で南アフリカの財政余地が減ってきたと警告を出しています。

2008年以降の危機により南アフリカも当然財政出動をしている訳ですが、これによる債務の蓄積はファイナンスのコストを上げるだろうと述べて、それもあり財政の余地が減少する可能性が高いと言う事です。

これだけ世界経済の悪化が長引いちゃうとしょうがないですよねぇ。。。
どこの国も財政出動はしてるんでしょうけど、モメンタムを変えるというよりは下支えでギリギリって感じです。

南アフリカのGDP対比での公的債務は2012年から2013年で言うとわずか41%です。
元々、成長を犠牲にしてかなりタイトな財政政策を取っている部分はあるんですが、民間の債務も国家全体から見れば当然ある訳で、それも含めて考えると日本や欧米のレベルには出来ないってのが大きくあります。

まぁ、そうはいっても先進国みたいに金融政策も財政政策も失いつつあるような状況に比べれば余裕あるとは思いますけどねぇ。

IMFはまたサハラ砂漠以南のアフリカの成長は概してしっかりとしていると地域の成長を評価しています。
同地域の成長率は5.25%とかなり高い成長率が予想されています。

ただ、IMFとしてはもちろんリスクも強いとしており、安心って話には程遠い状況です。
まぁ、先進国がこれだけの悲惨な状況だったら、数十年前の新興国なんてぶっ飛んでたはずなので、それを思えば、モノスゴイ進歩だと個人的には思いますけどね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張