FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 1000万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
IMF、南アフリカ成長率を上方修正

IMF、南アフリカ成長率を上方修正


みずほ銀行のトラブルで日立が謝罪を出したって昨日出てました。
日立にも落ち度があったんでしょうかねぇ。
まぁ、なんちゅーか、カルチャーを表してる気もしますわねぇ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

IMFが世界経済の成長率を6%へと情報修正しています。
南アフリカもわずかに成長率予想を引き上げており、2021年は3.1%の上昇。
元々の予測は2.8%でした。

3%かぁ。
もうちょっと上に行ってほしい所ですよねぇ。
10年以上前は5%とか出てたのになぁ。
パンデミックの戻りがある中でこの数字だともう全然って感じです。。。
この2倍は欲しい所。

IMFは世界全体の経済成長率予測を5.5%から6%へと引き上げてるんですから、ケチるなよって思わなくもないですが、そういう問題ではない。
世界でトップクラスのエコノミストが弾いてる数字なので、そんなにおかしくはないはず。
まぁ、でも、鉛筆を舐める世界ではあるはずで、科学的っていう感じではないでしょう。
統計的にそれなりの事は言えてるはずなので、南アフリカの成長率が4%以上になる可能性はほぼない。
逆に2%になる可能性はいっぱいある気はしますがね。。。

今日のランドは、まぁまぁ底堅いです。
昨日とほぼ同じで、対ドルで14.54ポイント。
ランド円は7.54円ぐらいですか。
若干下がってますけど、ドル円が109円に戻ったのが影響してますね。

今日は日経先物が結構落ちました。
29750円。
コールは完全に腐った感じです。
今朝までは31000円も視野か?って思いましたけど、さすがに無理だったかな。

しっかし、なんで日経だけが担ぎ上げられたり、落とされたりしてるんでしょうね。
アメリカの株価は堅調なのに。
よく分からんな。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF、先進国は緊縮不要と

IMF、先進国は緊縮不要と


昨日のサッカー日本代表戦の久保建英はイマイチでしたねぇ。
左サイドは久保には難しいのかなぁと。

とは言え、右サイドも激戦ですよねぇ。
伊藤純也がいい感じだし。

後はトップ下かぁ。
ここも激戦で南野と鎌田ですからねぇ。。。
間違いなくいい選手なんですけど、体力的にまだ劣る感じはしちゃうので難しさを感じたなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

新型コロナはロックダウンをはじめ、世界にあまり類のない経済の低迷を招いているのは言うまでもない事ですが、当然ながら税収は減るわ、財政出動はするわで、各国財政は厳しいものがあります。
通常なら、財政を一時的に出して、そのあとは増税するなり緊縮するなりするものですよね。
ところが、IMFが反対の見解を示してきています。

IMFは、先進国で資金調達が自由にできる国は、もう緊縮計画を立てる必要はないと今日述べています。
緊縮政策をとらないとしても、2025年ぐらいには安定化させることができると見込んでるそうです。
安定化って言葉が何を指すか分かりませんけど、日本みたいな膨らみ続けてる国もそれでいいんだろうか???

で、その理由は何かと言うと、要はほとんどの先進国の調達金利が安いからだとしていて、成長率の方が高ければ大丈夫だろうと述べられています。
なるほどぉ、借金の増はあるけども、利率が下がってるから大丈夫じゃん?って話ですね。
そりゃ、アメリカみたいに金利を正常化してて2%ぐらいだった国は半分以下になれば、極端な話借金が倍になっても支払金利は同じだからいいでしょうけど、日本みたいに元々超低金利はどーすんだ?

あ、でもアメリカと中国は除外してるな。。。
アメリカは選挙があるから、こっから更なる刺激策をとるからって事らしいです。
でもなぁ、日本も安定化って話にはならん気がしますけどぉ。。。

そーすっとヨーロッパの先進国かぁ。
ドイツ、イギリス、フランス辺りは大丈夫そうだけど、スペインとかは疑問を感じるけどなぁ。
先進国のほとんどってホントかなぁ。。。

考えようによっては日本もいいのかもですけどね。
ほとんど借金は国内で賄われてるわけですから、今後10年ぐらいは維持できるのかも。
そのあとは知らんですけども。。。
そういう意味ならIMFのいう事は分からなくはないかなぁ。

南アフリカみたいな国は残念ながらそうはいきません。
先日書いたようにやっぱり低金利での調達が簡単にできる国ではない。

まぁ、でも、借金の借り換えは今がいいかもですよね。
ドル建ての高い金利の借金を、新しく低い金利で借金して返済すればいいって話はあるかも。
財務大臣の腕の見せ所か。

さて、今日も市場は動きなし。
大統領選もだいぶ近くなってきたんだけどなぁ。
ショートストラングル相場ですな。
やらないけどね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカのIMFローン、いよいよ出てきた

南アフリカのIMFローン、いよいよ出てきた


東京はなんか涼しいです。
夏って感じがまったくしないなぁ。
梅雨ってこんなに長かったでしたっけって感じします。
暑いの苦手なのでいいですけどね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

市場場静かです。
FRB待ちでまだ動きがあんまりないですねぇ。
トルコリラは着々と沈んでますけど(笑)

南アフリカのニュースでIMFからの43億ドルのローンについて出ています。
これは、南アフリカの新型コロナウィルス対策用資金で、月曜日にIMF承認がおりまして、今日から引き出せます。
IMFなのでSDRですね。

金利は1.1%。
返済は2023年からとの事なので、3年間は返済ナシ。
さすがIMF、スゴイ好条件。
ランケンにも貸してくれないかなぁ。(SDRなんざ貸す訳がないすね。どうやって換金するんだって感じだし、銀行に預けられないもんね(爆))

ローンなのでお金の使用用途が限定されるものかと思いきや、割と自由なようです。
基本的には新型コロナウィルス対策の医療系が主な用途ですが、雇用の維持や住民の生活維持もOKとされているので、割とユルそう。

南アフリカみたいな汚職まみれの国でそんなんやったら、新型コロナで困ってる人以外の所に行きそうですよねぇ。。。
4600億円ぐらいでしょ。
たかられるだろうなぁ。。。

格付けがジャンクに落ちた南アフリカとしてはスゴイ助かりますよね。
1%程度の低金利で支払いも3年後から、利用用途の制限はあんまり無し。
こんな条件で出して、この政府がまともにガバナンスできるかなぁ。。。
ムリでしょねぇ。。。

さて、この時間のチャートは十字線ばっかりです。
ランド円も昨日と変わりなしで6.35円。

FRBでドル安になるかドル高になるかって所ですね。
全部、同じ方向に行くと思いますわ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMFの日本と南アフリカへの提言

IMFの日本と南アフリカへの提言


沢尻エリカの知人が薬物タイホですかぁ。
結構、洗いざらいしゃべってるんじゃないのぉ。
尿検査はシロなのに、この件で辞めようって事でしょうかね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

今日はIMFが日本の消費税を15%にしろって提言が出ています。
2030年までかぁ。

前から言ってるんですけど、0.5%ずつ10年間税金上げればいいんですよ。
どーせ、デフレ気味でインフレさせたいんだから。
自然にインフレになろうが、税金でインフレであろうが大差ないんじゃないかと。

まぁ、自然にインフレするとベアが上がって給料引き上げって話はあるんですけど。
消費税増税だと給料は上がらんかもですけどねぇ。
それにしたって会社次第でしょ。

だって、給料を0.5%ずつ上げるなんて年収400万で考えても年間2万円でしょ。
月給1600円上げるようなもんじゃないですか。
それぐらいは政府が努力目標を会社に掲げさせてもいいんじゃないかな。

だいたい内部留保してる会社だって結構あるんだし。
内部留保するぐらいなら、増税が毎年計画されてるんだから出せってのはおかしくないはず。

少なくとも、10年間税金を毎年上げますって話になれば買い控えは無くなるでしょう。
だって、待てば待つほど価格上がっちゃうんだから。
むしろ消費が活発化すると思うな。

で、IMFは南アフリカにも提言を今日出しています。
南アフリカには何を言ってるかと言うと、投資家にフレンドリーな環境を作るべしとおっしゃってます。
特に民間投資ですね。

これは、その通りで、双子の赤字の南アフリカは海外からの投資を受けないと南アフリカ国内へのお金が入ってきません。
国債発行して借金だけじゃ困るので資本として入ってきて欲しい。
そのためには投資家がリスクを取れる環境を整備せよってアドバイスですね。
具体的な内容としてはビザの発行を簡素化するべしとか、ツアリズムのための規制を改正せよみたいな中身です。

今日のランドは7.38円。
対ドルでも14.79ポイントです。

ドル円はやっぱり109円乗せてきましたね。
株価の方が重い感じするな。
もうちょい上げてもいい感じしますけどね。

23600円を超えて欲しくない連中がいるんだろな。
高値を見に行ったのに超えられなかったですし。
コールの売りは利食った方がいいような気がしてきた。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF、南アフリカへの支援は不要と表明

IMF、南アフリカへの支援は不要と表明


台風、スゴイみたいですねぇ。
東京でもどしゃっと降ったりしてます。
割とすぐやむんですけどもね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカでIMFの支援が必要なんじゃないかってな話が出てる旨、先日お伝えしましたが、IMFからも声明が出てきました。
内容としては、IMFは支援の要請も受けてないし、そもそもIMF支援は必要ではないとしています。
南アフリカは自分自身で解決出来るだけのキャパもあるし、IMFはそうして欲しいと考えているとしています。
当たり前っちゃ当たり前ですわな、IMFはダメな国に片っ端からお金を貸し込んで儲ける組織ではない。

南アフリカの他のニュースで面白かったのが、ある食品会社。
かなりの売り上げ減を報じているのですが理由が砂糖税。
予想よりもだいぶ大きな売り上げ減だそうです。

砂糖税って、間違いなく肥満に効果ありそうですね。
狙い通りじゃないですかねぇ。

まったく砂糖がないのも寂しいですが、糖分取り過ぎですよね現代人は。
特にアメリカとか南アフリカ。
歩けない位のレベルで肥満になっちゃダメでしょう。

あとは教育レベルが上がる税金とかかけられないのかなぁ。
テストの点数が悪かったら税金とか、学校いなかったら税金とか。
いやぁ、それ困るわ、ダメ絶対(笑)

今日の市場は落ち着いたんだか荒れたんだかって感じですね。
VIXは割と高め。
値幅は大きいもののレンジだからですかね。

ランド円は7円弱ぐらい。
ランドも安値は割り込んでないのですが、ビミョーだなぁ。
明日で今週終わりなので買い戻しみたいな流れになってくれるといいですけどね。

今日は学生時代の友人のインドネシア人に久々に会いました。
なんだか日本でビジネスを始めるとかで、ウェブサイト作れる人いないかってんで、簡単なのならランケンが作ってあげるよって話になって、なんとなく技術的な調査やらなんやらを始める事に。。。
また、余計な仕事を増やしてしまったかも。。。

まぁ、でも、英語で仕事の話が出来てウェブサイト作ってくれる人なんか、探してもいないでしょうからねぇ。
誰かいないかって最初は言われたもののいる訳がない。。。
困ってるみたいなんで、あんまりヒマじゃないけど、しゃーないかなと。
BtoCのビジネスでウェブサイト無しもあり得ないし。

そう言えば、ランケンスクールのウェブサイトを刷新しました。
そんなに難しいサイトではないので、全部ランケン一人で作れちゃった。
イマドキはスマホで見る人がほとんどになってきてて、タブレットやらPCでも読みやすいようにしないといけないとかってんで、レスポンシブってテクノロジーでどんな機器でも見られるようにってのが必要になってます。
横にしても縦にしてもきれいに読めないといけないんですよ。

前のサイトだと確かにスマホじゃ見にくかったんで、だいぶ見やすくなったかなと。
なんか文字化けしてたりしたら、ぜひお知らせくださいませ。。。
一応、iPhoneとランケンのandoroidとPCは大丈夫なので、問題ないようには見えるですけど。
ブラウザーのバリエーションを全部見た訳では無いので、IEとかEdgeとかでもちゃんと見えるといいんですが。

営業日が月に2日しかないトンデモ英語スクールなんですが、やらないといけない事は普通のビジネス並にあるんですよねぇ。。。
ほとんど儲からないから、全部一人でやる羽目になると言う。。。
まぁ、コンピューターで自動化できる世界で良かったですわ。
えーと、受講生さん募集中です~。
あ、下記程度でしたら、サイト制作もお受けできますよ~(笑) (←ナゼ、たいしてお金がいる訳でもないのに仕事を増やそうとするのか。。。)


スマホ対応版ランケンスクールサイト


明日で金曜日だ。
さすがに4日だと早いですね、今週は。
通勤が楽で良かったのに、それも明日で最後かぁ。。。
ちょっと残念な気もするな。


人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカにIMF入れるってのはいい案かも?

南アフリカにIMF入れるってのはいい案かも?


京アニの犯人、以前も放火してたんですってね。
あぁ言う人って、脳がホントに壊れてるんですよね。
スキャン取ってみて医学的に検査してほしいなぁ。
死刑確定でしょうし、むしろ刑務所と言うよりは医療で治せるかどうか見て頂きたい。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカでIMFの支援を求めるって話が出ています。
経済が悪いのと、コントロール不能の状況に陥るのを避けるためとして南アフリカ中銀総裁が、そこまではいかないだろう的な発言もしています。
個人的には意外といい案かもしれないなぁと思いますが、ランドは3円とかになるかもですねぇ。。。

このまま電力問題も解決できず南アフリカ政府もだらしないままであれば、外圧で国家の改革をすると言うのは1つのやり方かなと。
下手にデフォルトされるよりは全然マシな気もします。
デフォルトされるとマーケットに戻ってこられなくなるしなぁ。

南アフリカの財政は国営電力会社Eskomによる債務保証で一気に悪化してきました。
これについては南アフリカ中銀総裁のKganyago氏も懸念を示していまして、余りにも海外からの借り入れに頼り過ぎだとしています。
GDP比で60%弱ではあるんですが、60%を超えると懸念がかなり大きくなります。
この10年で対外債務が1.7倍ぐらいになってます。

成長率もほとんどない状態で借金だけが増えてたらギリシャと変わらない。
政治改革もあまり進んでいないですし、このままだと確かに維持できない気がします。
どっかでドラスティックな何かが起きる。
それを自発的に起こすか、市場に起こされるかって話だったら、自発的に起こした方がいいかなとは思いますね。

一方でそんなにランドを下げられないかもしれないとも思います。
対外債務はドル建てがほとんどのはずです。
ランドが半分になれば、借金が膨らみますので、IMFが入るにしてもあまり賢いやり方とは思わない。
そもそも、変動相場制ですし、通貨下落を誘発する事のメリットはない気がする。

となると何をするかって話になると、公務員の給料を減らすとか国営企業の給料を下げるとか、労働組合を何とかするとかって話になるんじゃないかなぁ。
給料減らしてるだけじゃ本質的に変わらないので、何らかの立法化も要求されるのは間違いないでしょう。
国営企業の民営化法案とかは迫られるでしょうね。

国家のリストラと言うか立て直しと言うか、それはそれで面白そうとか思ってしまう。
ランケンも参加したいかも(笑)。
自力で出来ないなら、痛みを伴ってでも外科手術で投資家としてはOK.

さて、明日はSQですね。
ポジションないので、どーでもいいですが、SQ絡みの思惑がありそうな。
多分、下げ止まったと思うので、デルタロングのベガショートになるかなぁ。
ってプット売るしかないやんって話ですね(笑)。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF、南アフリカの成長率を下方修正

IMF、南アフリカの成長率を下方修正


貨幣、変わるんですってね。
なんか、数字が大きくなって見やすくなった。
字体が評判悪いみたいですけど、個人的には見やすくていいと思うな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

IMFが南アフリカの成長見通しを引き下げました。
2019年は1.4%の成長予測でしたが、1.2%になり、2020年も同様に1.7%成長予測が1.5%へと変わっています。
理由は5月の選挙後の政治の不確実性とされています。

また、IMFは構造的なボトルネックが投資と生産性に重石をかけるとしており、構造改革の重要性を訴えています。
中でも生産と労働市場の改革が必要としており、民間投資の助けとなる環境を構築する必要があるとしています。

財政についても公的債務を安定化させることを求めており、公務員賃金のカットを優先し、国営企業の民営化はいざという時の備えで考えるべしとしています。
そうなんですねって感じはしますね。
やっぱり公務員の賃金も高いって事なんでしょう。

今日は格付け会社のS&Pも南アフリカの成長率や格付けについて述べています。
S&Pは格付けを上げるためには2%以上の成長率が必要としており、今年は1.5%出る可能性があるがまだまだ足りないとしました。
現状ジャンクの格付けをS&Pは付与していますから、これが投資適格になるのはまだ遠いって事でしょう。

ランドはそれほど反応はしていませんが、ネガティブなニュースな割には下がっていないのは救い。
ランド円は7.91円。
そんなに変わりはありません。

ユロドルは1.128に到達しました。
ご馳走様です。
次は1.131ですが、あんまり欲張らない方がいいかなと。

トルコリラ円が割り込みそうな感じですね。
19円まで落ちるかなって感じのチャートになってきました。
逆差しで売り狙いに切り替えるかなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF総裁、南アフリカのポテンシャルを評価

IMF総裁、南アフリカのポテンシャルを評価


ゴーンさん、、特別背任で逮捕になりましたかぁ。
年末にだいぶ面白い攻防になってますねぇ。
特捜部には頑張って欲しい所です。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

IMFのLagard総裁が南アフリカについてのコメントを出しています。
Lagard女史は南アフリカの反汚職運動についてIMFとして賛同するとしており、Cyril Ramaphosaの政策について支持を表明しました。

また、一般のCyril Ramaphosa政権への期待と実行にはギャップがあるとしており、南アフリカの政策遂行と結果には時間がかかるだろうとも述べています。
今、南アフリカの政策で世界の関心の元は土地収用政策です。
これについてもRamaphosa大統領が説明する通りの価値があるとして、支持しているようです。

土地収用政策はどうなんでしょうね。
最初に出された時は市場にだいぶ嫌われたように見えましたが、それなりに議論が出ていて受け入れられる土壌が少し出てきたって事なんでしょうか。

IMFとしては、その他に若者の失業率、財政支出、国家競争力の確保について課題を南アフリカに出したとしています。
IMFは引き続きサポートをしていくとしており、特に財政支出の最適化についてのアドバイスを約束しました。

IMFにお金を出してもらって、無理くり財政健全化と成長への政策をインプリするってのも1つの手段だったんじゃないかなぁと個人的には思ったりします。
IMFのローンって簡単にはもらえないんでしょうけど、金利は低いだろうし、アホな使い道に対する制約にはなったりできるんじゃないかなぁと。
妄想の世界ですけどね。。。

さて、今日はアメリカ株、少し戻してますね。
今週、だいぶ下げたから買い戻しで終了するんじゃないでしょうか。
ひどいクリスマス休暇だと思ってるウォール街の連中が多い事でしょう。

ドル円も110円台に突っ込みましたが、111円台に戻ってきました。
ランドも売られたかな。
ランド円は7.72円まで下げています。
この辺でランドは止まって欲しい所ですが。。。

日経はヒドイもんでしたね。
20000円を割り込みました。
個別株もメタメタ。

買い持ちしてるのは結構やられてる人が多いんじゃないでしょうか。
買う時期じゃないんだよなぁ、やっぱり。
地合いが悪すぎる。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF、南アフリカの成長率予想を引き上げ

IMF、南アフリカの成長率予想を引き上げ


秋のような涼しさですね。
ちょっと寒いレベルなので、会社行くのにコート着ていきました。
先日、暑かった時の方が体調悪かった気がします。
気が付いたのは、寒くなる方には耐久力があるんだなと。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFは南アフリカの2018年の成長率予測を1.5%に引き上げました。
前回の予測は0.9%でしたので、だいぶ上げてます。
まぁ、でもまだまだ低い。。。

せめて3%ぐらいは出してほしい所ですよね。
2019年の予測としては1.7%とされており、こちらも一応は上方修正ですが、それでもあまり高い感じはしませんね。

また、IMFは世界の成長率を2018年は3.9%と発表しています。
だいぶ高い成長率ですよね。
2011年以来だそうです。

やっぱり、南アフリカの1.7%はだいぶ低いわ。。。
これでは投資が集まりにくい。
せめて、先進国の2%レベルまでは上げないと。

IMFは、南アフリカは改革が非常に重要としていまして、新大統領のCyril Ramaphosaに今の世界的な景気はチャンスなので、長期的な成長を押し上げるような政策をとるように強く勧めています。
与党ANCの中の政争で大変な部分もあるでしょうけども、今のチャンスは確かに活かしてほしいです。

さて、市場の方は比較的動きが少ないようですかね。
ドル円も株価もランドも原油も大きな動きはありません。

5月のSQはゴールデンウィークがあるんですよね。
営業日が少ないので、あまり変に動きにくい感じです。
どうしたもんか。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



IMF総裁、保護主義に対して強い警告

IMF総裁、保護主義に対して強い警告


昨年ぐらいからYouTubeの広告で気になる広告があって、それは不動産の広告で利回り10%みたいなのがバンバン出て来てる事です。
これって10年前のサブプライム前によく出てたのと同じなんですよね。

気になる点は何かと言うと以下の点です。

1.出てくる頻度が高いので、かなり広告費用にお金をかけているのが伺われる事
2.不動産価格がこれだけ値上がりしてる中で高い利回りを謳ってる事

これが出来る理由って1つだけなんですよね。
当たり前ですが、不動産バブル進行中で、お金が余ってる人たちが投資してるって事でしょう。
まぁ、負けるでしょうけどね。

今の時代、不動産投資で利回り10%がどれだけ異常かって話、分かる人には分かるはず。
特にワンルームなんて、そもそも税金の控除抜きで利益は出せないって不動産投資会社の社長が数年前に言ってますからねぇ。
10%利回り出すにはキャピタルゲインが無いとおかしくて、そんなのが何年も続く訳がない。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

IMFのLagarde総裁が貿易戦争は世界経済を引き裂くと強い警告を出しています。
総裁は各国の保護主義の動きにより、世界は割れてしまう危険に晒されているとしており、これは許しがたい政治の失敗になるだろうと述べています。

トランプになる前までは世界的に保護主義をいかに取り除けるかが重要課題だったのが、トランプの政策により一気に各国が関税をかけてきており、貿易の減少が大きな懸念材料となっています。
南アフリカなんかの新興国にとっても世界の貿易の停滞はマイナスでしょうね。

一方でトランプはTPPへの参加の再検討みたいな話も見かけました。
このおっさん、本当デタラメ。。。
よく大統領罷免にならないよなぁ。。。
安倍首相のがよっぽど危ない。。。

Lararde IMF総裁は世界経済についての見通しは楽観的なようです。
今年も来年も堅調と考えられており、このままの景気でいけそうだとの事。
株価はまぁまぁヒドイ事にはならんって事なんでしょうかね。

今日のSQはあまり波乱なかったですね。
お陰様で普通には取れました。
ただ、あまりテンションは上がらん。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張