南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ギリシャとかドルの行き先とか

ギリシャとかドルの行き先とか


ギリシャの利回り10%超えました。
やっぱり市場からの資金調達出来なくなるぞって警告が出てる。
あーあ、って感じですね。

にしても、ギリシャの失業率23%ですか。。。
少しは改善してるんですね、これでも。
ギリシャ危機前は15%の失業率でしたから、数十万人は失業が増えたって事でしょう。。。
なんか、すげー数だ。。。

生産は相変わらず落ち込んでいます。
Financial Timesの記事見ると他の経済危機と危機後の動きを比べた図が出ているんですが非常に興味深い。
8年経った今でも生産の改善が見られないのはギリシャのみです。
金融政策と財政政策の両方を失ってますから、しょうがないんでしょうけども、経済政策の重要さがよく分かります。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ギリシャ国民は気の毒にとしか言いようがないなぁ。
どれだけの人が貧困に落ち込んだのか想像できないのですが、利回り上昇でまた締め付けが厳しくなると回復が遠のく事になりそう。

一方で、政治的なゴタゴタに過ぎない気もするんですよねぇ。
ギリシャ経済がどれだけ悪化しているかを一番よく分かってるのはIMFのはずです。
IMFは支援を打ち切れないと思うんですよね。

そう思うと、ちょっとだけ、ギリシャ国債を買いたくなる。
IB証券とかで買えたりするかなぁ。
個人で買える額じゃないか。。。

市場はあまりギリシャの利回り上昇に反応していません。
もうネタとしてどうでもいい感じかな。

さて、5日の日曜日にドル高とドルインデックスについて書きましたけど、やっぱり面白い所にいましたねぇ。
ドル高に少し動いています。

ドル円の行き先は?


結果としてユーロドルも1.08から1.06までドル高に動いています。
この流れが続くとなると110円台は入らない可能性が高くなってきたかなと思い始めました。
もう円高には賭けられないかな。

DollarIndex20170209.png
ドルインデックス

ただ、ドル高とは思いつつも、ゴールドの上昇が目立つのも不思議っちゃ不思議。
トランプの当選が決まってからだいぶ売られてたんですが、またトランプ前を目指してグングンと上昇な感じ。

なんかゴールドが上がるのも理解に苦しみますけどね。
ドルの金利が上がる事が見込まれ、アメリカの景気も良く、お金の引き締めがある状況では、ゴールドの相場ではない。
分からんわぁ、これは。

ゴールドが上がらない状況であれば、ランドがガンガンと上がらないのは分かります。
ランドのコールあったら売りたいなぁ。
なんか今は一番それが分かりやすい気がする。

と言う所で、ドル円はまた112円台に戻ってますね。
日経先物、ほとんど動かないのに為替の方が値動きあるな。

これからトランプと安倍首相の会談ですので、それで少しは動きが出る気がします。
ただ、織り込まれてはいる気もする。

んー、なんかタイミング的にも売れるタイミングじゃないし、かと言って買いを入れるかって言うと、今のポジションでいい気もするし。。。
イベントの前は何か仕掛けたいんですが、戦略が今回は思いつきません。
動いてから考えようかなぁみたいな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



安倍首相とトランプ土産

安倍首相とトランプ土産


トランプが裁判所の決定に対して不服を申し立ててますねぇ。
さすがにひっくり返らないとは思います。

にしても、どこまでもワガママな奴だ。。。
一回一回、誰かを敵に回さないと気が済まないのだろうか。
不服を申し立てて裁判所がどう対応するかなんて決まってる。。。
三権分立の原則を曲げさせるような事を裁判所が飲む訳がないんですから、心証を悪くする以外の何もないと思うんだけどなぁ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

安部首相がトランプと会議を持つにあたり、U.S.-Japan Growth and Employment Initiativeと言う投資プログラムを向こう10年でやるとの話がWall Street Journalに出ています。
トランプとしてはトヨタや日産、ホンダなどにアメリカでの雇用を作って欲しいとの思いがあり、日本としては変な貿易障壁を避けたいとの思いがあります。

アメリカはインフラ投資などもあり、ここにも日本は食い込みたいのは確実です。
JR東海がカリフォルニアに新幹線を導入する際の雇用を見積もるように依頼されてたりするようです。

トランプは反中国を鮮明にしていますので、ここは日本としてはアドバンテージを取りたい所です。
間違っても、中国と同様の関税障壁を作るとかされたくはないので、今週の会談でうまくやってほしい。

一方で微妙に複雑な気持ちもあります。
日本の雇用もアメリカのインフラ投資に便乗して増えるとは思うのですが、日本への投資ではない感じ。
要は輸出業じゃないとあまり効果がない。

日本は輸出国なので、そこを外せないのは当然なのですが、国内産業への波及効果は少ないように思います。
日本のどこに投資するのかって話はあるですよねぇ。
お金ばらまいてもしょうがないしなぁ。

先進国で最も保守的な国の日本で、移民はなかなかに難しいですよね。
一方で外人訪問客の数は増えていて、成田の利用者は今や外人の方が多いって話です。
ここら辺は安倍首相の政策効果が出てきている部分ですから、コンテンツをうまく国内で作る投資なんかもあってもいいでしょう。

カジノはなぁ。。。
別に外人はカジノ求めてない気がするんだけどなぁ。
日本人は目新しいので飛びつくでしょうけども、本質的に浸透するかと。。。
花札にする?

南アフリカの方はランドが堅調ですね。
そろそろ抜けてもいい気もするんですが。
どっちに硬いかそろそろ分からなくなってきましたわ。。。

ドル円も円高に行きたがってる感じはするんですが、意外と抜けない。
早く来い~

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



世界の失業者2億人

世界の失業者2億人


ビットコイン、暴落してましたね。
あんな何を根拠に買って何を根拠に売っていいか分からんもの、バクチでしかないと思うんだけどなぁ。
流動性も無いんだから、逃げようにも逃げられない。
結果として下がる時にはみんな怖くなって買い手が消え、売り手しかいなくなるから、無茶苦茶下がる。
当たり前の話です。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

2017年の世界の失業者数は2億人を超えると言う調査がILOから出ています。
人口の伸びに対して仕事が創出されない結果とされており、失業者は昨年に比べて340万人増えます。
ふえぇ、2億人かぁ、それだけで国が出来そうです。

これはILO(国際労働機関)が発表しているもので、2018年には2億380万人が失業者となる見込みです。
年率2%ぐらい伸びてる感じですね。

世界の失業率は5.8%。
意外と低い気もしなくもないです。
アメリカの失業率になれてるからでしょうか。
スペインとか25%だった気がするんだけどなぁ、若者だけかな。

ILOのサイト行くと世界地図が出てて失業率が色で分かるようになってるんですけども、やっぱりアフリカが黒いなぁ。
そもそも、統計ちゃんと取れてるんだろうかと言う疑問が。。。
アフガニスタンの失業率10%ぐらいになってるし。。。
ホントかぁ???

こういう統計って難しいですよね。
日本の失業率とアフガニスタンの失業率って絶対に尺度が違うはず。
ILOはこの尺度の問題をカバーするために、Vulnerable employmentとかWorking povertyと言った統計も出しています。

Working povertyって、ワーキングプアですかね。
1日3.1ドル以下で生活している人とされていますから、日本でいうワーキングプアよりも厳しい状況の人たちでしょう。
一か月に一万円ぐらいですよ、これ。

びっくしちゃうのが韓国のWorking povertyの割合、35%から50%になっています。
韓国、結構厳しいですね。

南アフリカの失業率もまだ上がっていく見込みです。
南アフリカも人口の伸びが大きいから、追いつかないですよね仕事の伸びに対して。
25%の失業率の割には

ILOでは世界の失業率の上昇はスキルのアンマッチがあり、人が足りない所も多くあるとしています。
スキルがある人は、仕事の方が人の数より多いので困らず、スキルが無いと仕事にありつきにくくなる。
学歴の問題ではなくて、スキルを付けたかどうかって話かなと思います。

でも、日本みたいにスキルを付ける機会がゴロゴロしてる国ならともかく、そうじゃない国もたくさんあるはず。
そういう国では貧困の罠から抜け出せないのでしょう。
難しいですね。

さて、相場の方はランドは割と上げています。
13.46ポイント。
13.4抜けられるといいんですが、たぶん簡単ではないと思います。

ドル円と日経平均は一気に戻してきましたね。
SQがらみで無理やり動かしたのかなぁ。
SQ、19000円勝負かって一瞬思ったもの。

ドル円は116円手前ぐらいまでは戻す余地ありそうに見えますけどね。
日経先物もほぼ全戻しみたいな。
意外と底堅いな、正直。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



今日の世界のトップニュースは東芝危機

今日の世界のトップニュースは東芝危機


今日はスターウォーズのレイア姫のキャリーフィッシャーさんがドラッグで亡くなりました。
ジョージマイケルも公式には出ていませんがドラッグっぽいですよね。
二人とも心筋梗塞みたいだし。
当たり前ですがドラッグはいかんですよ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

今日も市場が静かですねぇ。
なんかクリスマス休暇明けたようには思えない。
っていうか、クリスマス休暇の方が動いてたぐらいじゃないかと言う気もするんですが。

世界の経済紙のトップは東芝だったりしてます。
アメリカもイギリスも南アフリカも(笑)

東芝の株価はストップ安で311.6円。
なんだ、この中途半端な数字は。
比例配分?

すごいチャートになってますねぇ、6502.
東芝と日立は株コードで覚えてる。
昔、株持ってたって事ですw(もう持ってないですよ)

もう会計もいじれないだろうしなぁ。
チャレンジな会計はダメでしょ今更。

Financial Timesには東芝の自己資本がゼロになる可能性を見据えてプライスつけてるなんて書いてあります。
そりゃぁ、ストップ安にもなろうよ。

アメリカの子会社である原子力発電会社のウェスティンハウスがかなりのロスを出すとされていることが原因です。
損失額は50億ドル近くになるとされており、約6000億円。
東芝の自己資本は3630億円だそうですので、控えめに見積もってもだいぶ足りない。

東芝は既に銀行団に支援の要請をしています。
デッドエクイティスワップなんて話になってますが、まぁそれしかないでしょう。
債務を放棄して株式にするって奴ですね。

銀行も頭痛いですね。
こないだはシャープで今度は東芝ですか。
東芝の方がだいぶデカイし、名門企業と言ってもいいのになぁ。。。

債務超過だなんて。。。
株価はまだ下がるでしょうね。

原子力の時代は終わったのかなぁとか思わざるを得ないです。
集中と選択で原子力にかなり攻めの姿勢を見せてたんですが、完全に裏目に出た感じしますね。
半導体も厳しいし、何でやってくんだろう?

IoTとか、環境的にはチャンスもあるようにも思うんですが、ここまで屋台が揺らぐと厳しいか。
かなり小さくしないといけないかもですね。
日本の電機産業の将来が心配です。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トランプの対中国戦略はどーなるか?

トランプの対中国戦略はどーなるか?


東京は台風のような天気です。
むっちゃ濡れました。。。
傘さしたらものの数分で壊れました。。。
なんなんだ、この天気は。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

トランプ氏が国家貿易委員会ってんですかね、新しい貿易に関する組織を作るようです。
この委員会のトップを務めるのがPeter Navarro氏で対中国貿易に対して非常に厳しい見方をしている人とされています。
一応はエコノミストの人みたいですね。
明らかに中国と距離を置こうとしています。

製造業を中国からアメリカに戻したいんでしょうねぇ。
雇用を戻したいんでしょう。
アメリカ、完全雇用に近いってされてるんですけど、そんな雇用を取り戻せって感じでもなかろうとは思うんですが。

TPPも抜けちゃったし、北米の貿易条約の再交渉みたいな動きになってまして、かなり貿易については見直しが入っています。
中国についてはまだ全然何も出ていないのですが、これからスゴイの出てきそうですね。
アメリカの労働組合にはウケるだろうな。

トランプ氏は金持ちのビジネスマンをかなり重用していまして、またかなりの型破りな感じな人選をしています。
ビジネスマンが考える政策ってのも興味深くはありますよね。
日本だと経団連が政権を担うみたいな感じかな。

そーいや、経団連のクリスマスパーティーに小さい時に行ったなぁ。
ちょっと待て、お前何者だよって突っ込みが来そうですが、祖父が委員でした。
ランケンは何物でもありません。

さて、ドル円はトライアングルの様相です。
どっちかに放れそうですよねぇ。
久しぶりにロングストラドルでも建ててみようかなぁ。
ボラティリティ低いし、やれなくはない気がしますね。
他にも考えたい事あるんですが、ポジション持っちゃうとなかなか他に手がつかない。。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ヒラリー相場

ヒラリー相場


昨日書きましたように、大統領選はやっぱりヒラリーの勝ちで決着っぽいですね。
危なかったなぁ。
トランプが勝ったらヤバいですもんねぇ。
まだ終わってないですけど、ほぼ勝負ありと思います。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

朝のドル円は思いっきり跳ねて来てました。
104円は朝の段階で超えてましたが、104円の半ばまで来ました。

ドル円はなんかだいぶ窓が開いてるように思うんですが、まさかこれ埋めに来るんだろうか。
大統領選、終わった後ぐらいに埋めに来たりするかなぁ。

FBIはヒラリークリントンのメール使用についての起訴はしないとの方針をかためました。
1週間程度で取り下げるぐらいならもう少し根性いれて出しなよって気がしますが。。。
最初から出すなと。。。

FBIはここまで来て腰が引けちゃったんですね。
なんだかなぁ。
どっからどんな圧力がかかったんだか分かりませんが、選挙2日前に取り下げって何よって感じです。(圧力かえたのは、オバマ大統領に決まってますかw)

これで、FBIは今後ちょっとやそっとじゃ、なんか出て来ても起訴は出来ないでしょうね。
と言うか、もう調査出来ないですよ、きっと。
なんか出てきたら困るもんw

と言う所で、ランケンのポジションは来てますねぇ。
ガマンして引っ張ってきましたが、待ってました!
4日程前に書いた17350まであと100円。

だいぶ利益になってきてるんですが、明日まで引っ張る方向です。
明後日まではあまり動かないと思うんですけどね。
明後日は動くと思うけど。

恐らく上は重いのでレシオは明日まで引っ張るぞと。
17000円に明日下がるようならそれで終わりにします。
17500円も終わりだな。
実は今のあたりが大変心地よいw

期近のプット異常に高いですね。
さすがに売りたくなったのでヘッジしながら売っちゃいました。
明後日、トランプがひっくり返したらだいぶやられちゃうかも。
そしたら笑ってやってくださいw

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ヒラリーの勝ちと思うなぁ

ヒラリーの勝ちと思うなぁ


東京はいい天気で秋晴れ?
家にいるとすぐ眠くなっちゃいます~。
マッサージの予約取りましたw

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

アメリカ大統領選、拮抗してるようですがクリントン勝ちそうかなと思ったりしながら見ています。
火曜日が本選挙ですが当日投票出来ない人のための、早期投票(って言うのかな?Early vote)で既に3700万人が投票しています。
民主党(ヒラリーの方)の支持者の方が共和党(トランプの方)よりも選挙に多く来ているとされています。
早期投票ですからどちらに投票したかは言えないんでしょうけども、まぁ明らかなんでしょう。

民主党の方が100万人ほど、共和党より来ているとなっていますので、3700万人から見るとやっぱり2%か3%はヒラリー票が多いかもしれません。
統計的には数パーセントは3700万人の母集団から考えれば意味が十分出てくるのですが、今回の投票は熱心な層と言うバイアスはあるでしょう。
とは言え、反ヒラリーであろうとも投票に行かなければヒラリー票に近い訳です。

いずれにしても共和党の支持者が投票に来なければ来ない程トランプが不利になりますので、ヒラリーにとっては良い展開でしょう。
Wall Street Journal見てるとヒスパニック系が黒人よりも多く投票に来ているそうで、白人の投票率はあまり上がっていないようです。
トランプは白人主義者みたいな部分あるので、ヒスパニック系の怒りの投票はヒラリーに向かいます。

こんなのも時代の変化なんでしょうね。
オバマが二期やった時点で白人の時代は終焉したんでしょうが、トランプは白人の揺り戻しな感じはしなくはない。

今日、ヒラリーとトランプの票のシミュレーションをFinancial Timesでしてたんですけども、フロリダとペンシルバニアの両方取らないとトランプは勝てない感じしました。
フロリダは確かにトランプは取れないとダメそうで必要条件ですね。
例えフロリダを取れたとしてもペンシルベニア州でヒラリーに負けるとヒラリーで決まりそうです。

現状フロリダもペンシルベニアもともにヒラリーに若干のリードがあるっぽいです。
なんとなくヒラリーが勝ちそうだけどなぁ。

タラレバになっちゃいますが、今のアメリカの景気が悪かったらヒラリーかなり負けてるかもしれませんね。
オバマさんも民主党なので、経済政策に失敗していたらと思うととりあえずヒラリーがリードできている状況はオバマ政権とアメリカの経済が好調な事に感謝かも。
って、まだ結果は出てないけども。

ところで、上でも書いたように、フロリダはトランプとかペンシルベニアはヒラリーとか言ってますが、アメリカの選挙システムってどうなってるかご存知ですか?
アメリカは各州で選挙人が人口に応じて人数分割り当てられます。
フロリダだったら29人だったかの選挙人がいます。

で、州で一番投票を集めた人がその州の全人数を取るそうです。
29人いる場合に、極端な例として28人がヒラリーで、1人だけトランプの選挙人がいるとしましょう。
ヒラリー支持の選挙人は28人各々が3%程度集めて合計で84%がヒラリーって言っても、残りの16%が1人の選挙人が1位になってトランプに行っちゃうと、トランプが100%になるみたい。

これで負けたのがアル・ゴア元副大統領だそうです。
変な仕組みですよね。
なので、どこの州が取れるかってのが大きな焦点になっています。

水曜日はアメリカのこのイベントに確実に乗っかりたい所ですね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



クリントン問題、面白いかも

クリントン問題、面白いかも


今日はランケン経済英語スクールの12月以降のサイト作りやら申し込み準備やらしてました。
祝日って、なんか自分の仕事の日になってる気がする。。。
ビジネスの仕組み作ったとは言え、最低限やるべき事はあるんですよねぇ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

今日のドル円102.6ぐらいまで入ってましたね。
103円割ってからが速かった。
今は103円台前半に戻って来ますが、どうなんでしょうね。

結構ニュースなんかでも出ていますが、オバマ大統領がFBIを暗に批判しています。
暗にっていうか、明確にだとは思いますが、名指しまでしていないって事です。
でも、この話、ちょっと面白いかもしれない。
クリントン氏が大統領になっても、尾を引くかも。

クリントン財団と言うものがありまして、これは元大統領のビルクリントン氏と妻であり大統領候補のヒラリークリントンが創設した慈善団体です。
去年も献金問題でガタガタしておりまして、ヒラリー氏は大統領選に出るため、この理事職を辞任しています。

このクリントン財団はヒラリー氏が国務長官だった時に便宜を図ってもらったのではないかと言う汚職の話が本になったりしています。
FBIの複数のエージェントが同財団に絡む汚職について本の中で話をしているんだそうで、FBIは調査で何らかのものを持っているのに対して、司法省がそれを退けているような状況のようです。

今年の2月にもFBIと司法省はクリントン財団について話をしていて、お互いに議論なしでは大きな動きはしないと合意していたそうです。
それにもかかわらず、今回の動きをFBIがしているために、両社の軋轢は大きいようです。

FBIのトップが次期大統領の最有力候補に突き付けてる訳ですから、何もないって話ではないんでしょう。
タイミングは今かって言う気はしますけどね。

アメリカってのはJusticeって言葉が好きですからねぇ。
それに照らし合わせて納得がいかないのがFBIなんでしょう。
それに対して、政治的な観点から腰が引けてるのが司法省。

Wall Street Journalを読んでるとFBIは他の事件を調べている際に盗聴しててクリントン財団の不正に関する事が出ているとなっています。
ヒラリークリントンがどこまで関わったかは不明でして司法省としては、どうもまだ証拠として十分とは考えられないと言う所もあるようです。

FBIは操作を再開するのですが、結果は大統領選までに出てこないのは確実です。
汚職疑惑を持ったまま、選挙に入ることになりますね。

司法省は、かなり慎重に扱わざるを得ないでしょう。
そりゃまぁ、大統領候補の汚職問題で、FBIの結果が相応のものとしても安易に起訴出来るはずもない。
司法省としては相当面倒くさい事になったと思ってるでしょうね。

FBIの調査を見ない訳にもいかないだろうし、簡単にすませられないし、後数日で大統領選だし。
大統領選の結果を見ながら、証拠不十分で不起訴が落としどころかな。

今のところ、クリントンの方がまだリードしてるみたいです。
ただ、僅差かも。
アメリカ国民としては、どっちもあんまり好きじゃないみたい(笑)。

ランドはあまり変化なしです。
まだ影響を受ける段階ではないのかなぁ。

ランケンのポジションも金曜日はよっぽど動きが無ければ静観しようと思います。
月曜日は絶対にボラティリティーが上がらざるを得ないので、なんか考えたい所ですな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ドイツ銀行の危機的な状況

ドイツ銀行の危機的な状況


昨夜は東京は寝苦しいような夜でした。
夜中に目が覚めちゃったなんて今年の夏は初めてかも。
もう10月と言うのに、嫌な天気ですねぇ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

Financial Timesにドイツがドイツ銀行の救済計画の準備を否定する事を強いられているとの記事が出ています。
なんかわかりにくいんですけど、救済しないといけない程ヤバいって事はないぞって言いたいんでしょうか。

クレディスイスもヨーロッパの銀行セクターは非常に脆いと述べており、警告を発しています。
ドイツ銀行がヤバいって話は去年の終わりごろから聞いてはいたんですけども、それほど大きな問題には表立ってはなってなかったように思います。
ドイツ銀行と言えば、欧州トップの銀行と言っても過言ではないと思うんですが、まさか潰れたりはしないでしょう。

ただ、ドイツ銀行の株価は歴史的な安値となっており11ユーロ近辺に現在なっています。
ちょうど1年前が30ユーロぐらいでしたので、既に7割近くの下落です。

ドイツ銀行が苦しんでいる理由はアメリカに140億ドルもの巨額の賠償金を請求されている事が指摘されているのですが、元々なんか変な金融商品が焦げ付いてるはずです。
ドイツ政府としても、さすがにドイツ銀行を失う訳にはいかないでしょうから、救済計画が陰で作成されているとの話が出ていたんだそうです。

今までは噂レベルだったんでしょうけども、ドイツ銀行の経営がいよいよ厳しくなってきたので、現実味を帯びてきたため、今回の発表に踏み切らざるを得なかったと言う事です。
それぐらい市場は懸念を強めているともいえましょう。

さすがにドイツ銀行が危機に陥るってのはやめてほしいですよね。
ただでさえ欧州は厳しいのに、ドイツまで沈んじゃうと、救いがない状況になりそうです。

今日はランドはあまり変わらずです。
株価も動きが小さい感じでしょうか。
日経先物は16500円程度。

利食うべきなのかなぁ、ここは。。。
ちょっと微妙に早いんだよなぁ。。。
あと200円ぐらい上に来てくれたら、迷わず利食っていきたい所なんですが、このフラフラとした相場、やりにくいなぁ。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



WTOの警告

WTOの警告


プロジェクトってのは、どうして無理な計画が立てられるんでしょうねぇ。。。
まぁ、時間が長くなっても、ギリギリまでやらないんでしょうけども。
コスト削減と品質向上はなかなかうまく行かないと言うか。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

相変わらず昼間は日経平均は上げて、夜になると落ちてきますね。
昨日の夜にロング入れてたのが少し効果でました。
もうちょい上がるか下がるかしてほしいなぁ。

この辺で止まられるのが一番苦しかったりする。。。
まぁ、でもこの相場でロスが最小限に抑えられているのは上々かもなぁ。
今は耐えるべき相場と割り切って守備をしっかりとしたいと思います。

今日はWTOが2016年における世界のGDP成長率が2.2%に留まるとの予測を発表しています。
えらく低いですね。。。
4%とは言わないですけど3%ぐらいは維持したい所なんですが。

また、WTOはアフリカと中東に至っては-2.8%と下落を予想しています。
中南米なんて-8.3%。。。
ヒドイもんだ。。。

実体経済の悪さが、これから出てくるかもしれません。
金融緩和も効かないわ、財政政策もないわじゃ、どうするんだろ。
WTOは目を覚ませってサインだと述べています。

そういえば、NHKスペシャルかなんかで、縮小ニッポンとかって番組があったそうですね。
なんか絶望的な気分になった人が多かったとか。。。

夕張の市長の給料がなんと手取り16万円とか。。。
しかも交通費抜き。。。

夕張の人口はかつて11万人だったのが9000人ってスゴイ話です。
それで市は運営できないわ。
地方の衰退は予想以上に早いスピードで進んでいるんでしょう。

真剣に合併等を考えて、効率をあげていかないと今のままの行政区分では回らない場所が今後大量に出てくるのは目に見えています。
WTOじゃないけども、日本も目を覚まさないとかも。
2020年超えたらどうなるんでしょうか。
その前に2018年問題で市場が騒ぐのか。。。
怖い。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張