FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカの閣僚、女性が半分

南アフリカの閣僚、女性が半分


大坂なおみ、今日も勝ちました。
また第一セットが悪くてヒヤヒヤでした。
前回よりはリラックスしてた感じはしますけど、なんちゅーかスロースターターと言うか、不安定なスタートが多い。
しり上がりに良くなってく感はあるんですが。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

Cyril Ramophosa南アフリカ大統領の新しい閣僚が発表になりました。
28人もいるんですが、これでも減った方だったりはします。
さすがに全部紹介しきれないので、一部抜粋します。

Zuma元大統領の元妻のDlamini-Zumaは閣僚入りしました。
co-operative governance and traditional affairs ministerと言う、なんだかよく分からん役職ではあります。
閣僚内の調整役をそのままの感じで大臣にしたんでしょうかね。

防衛大臣が女性です。
Nosiviwe Mapisa-Nqakulaと言う人で2012年から同職に就いていましたが、継続と言う事になっています。
アンゴラや旧ソ連でも兵士としてトレーニングを受けたそうで、なんか怖いですね。。。

Barbara Creecyも女性で森林漁業大臣に就任します。
ちょっと珍しいなと思ったのは白人女性な点です。
アパルトヘイト反対運動に参加して与党ANCに入ったそうですから、白人でアパルトヘイト時代から黒人側についていたと言う事ですね。
多様性と言う意味ではスゴイな。

財務大臣は予定通りTito Mboweniです。
中銀総裁の経験もありますし、財政規律の重要性も分かってるはずなので、良かったです。

その財務大臣のサポートをする財務副大臣はDavid Masondo氏です。
ニューヨーク大学で博士号を取得しており44歳の若手です。
なんか賢そうな顔してます(笑)。

Pravin Gordhan氏も国営企業大臣に留任です。
元々、財務大臣だったりしてますし党内の実力者です。
当然ながら国営電力会社のEskomの立て直しがミッションです。

副大統領にはDavid Mabuza氏です。
こちらは完全に規定路線でして、あまり変わりません。

パッと見、女性の閣僚がかなり多いですね。
16人かな?
女性が半分を超えてる!(間違ってたら指摘ください。。。)

あんまり無いんじゃないでしょうか、こういう国。
クリーンな政治をアピールする意味はありそうです。
ただ、警察大臣はあんまりモラルが高そうには見えないけど。。。

ランドはヒゲで戻した感じのチャートになってます。
チャートはあまり良くないので、買いに行く感じはしませんが、とりあえず新閣僚について市場の評価は悪いって話ではなさそうです。

今日は生産者物価指数も出ています。
4月は6.5%となり3月の6.2%から上昇です。
これだと消費者物価指数に今後響くかもしれませんねぇ。

アメリカの株価は今日も弱そうです。
円安にはならないでしょうねぇ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの閣僚、明日発表の見込み

南アフリカの閣僚、明日発表の見込み


昨夜の全仏オープンの大坂なおみの試合、面白かったです。
一回戦負けの直前ギリギリまでいきましたが、その後見事にひっくり返しました。
ほとんど自滅かと思ったんですけど、素晴らしいリカバリーで寝なきゃいけないのに寝れなかったです(笑)。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ランドは対ドルでも安値を抜けちゃいました。
一時、対ドルで14.9ポイントまで下げています。
ちょっと長めのヒゲっぽくなってはいるので、このヒゲで終わってくれれば大丈夫かなって感じですけどね。

あ、ヒゲの理由が分かった。
水曜日に内閣発表をするってアナウンスが出たところなんですね。
週の後半かと思われてましたので、意外に早く閣僚が決まったと言う所で懸念を少し払拭できる感じでしょう。

それで短期売りの連中が買い戻してショートカバーって話ですか。
分かりやすい。
まぁ、でも先週から閣僚の人選で動くのは分かってましたから、ボラティリティーがあるのは当たり前で驚きはありません。

今日、気になるのはアメリカの株価指数が割れた事。
完全に雲の下に出てきちゃいました。
だいぶチャート悪い。

米中の貿易戦争、あまり進展が見られないので市場がイライラしてるんでしょうか。
日経先物は割れてないのが不思議ですが、明日の朝は割れるな。
デルタマイナスにしておこうかな。

恐怖指数のVIX指数も18.4ポイントまで上昇。
そりゃ、割れちゃったらオプションなんて保険料金なんで上がらざるを得ませんわな。
コールのレシオは消滅かな。
内側の買いを売って、少しでも資金回収とかってやる誘惑に負けそう(笑)。

これやると、貿易戦争がいきなり解決して暴騰したりするの分かってるんでおとなしくしておきます。
もうちょい残存短ければいいですけどねぇ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの閣僚発表、今週後半の見込み

南アフリカの閣僚発表、今週後半の見込み


ルノーとフィアットが統合ですかぁ。
大合併ではありますが、どうなんでしょうねぇ。
手放しでいい話って感じはしませんわ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカの閣僚の決定が遅れてまして、まだアナウンスされてません。
後数日はかかるとされており、週の後半になりそうだと大統領府からの情報が出てるそうです。
南アフリカの木曜日だとすると、日本では金曜日になりそうですね。
土曜日まで分からないかもなぁ。。。

今週は生産者物価指数が出てきます。
あんまりインフレ懸念はないと思うんですが、一応は重要な指数です。

もっと大事な指数としては貿易収支が金曜日ですかね。
若干の黒字が予想されています。
ただ、予想が難しいと貿易収支はされていますので、あんまり当てにならない。

その他、民間の借金状況なども出てきます。
こっちの方が気に生産者物価指数よりは気になるかもなぁ。

さて、相場の方は比較的静かです。
やっぱりトランプが日本にいるんで、貿易についてもあまり話が進んでいない感じ。
明日、アメリカに帰るみたいなので、木曜日とか金曜日までこんな感じかもですね。

それにしても、チャートは嫌な所で停滞していますわ。
VIX指数も下がれないね。
遠目のコールでレシオでも組もうかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの新しい閣僚候補とか

南アフリカの新しい閣僚候補とか


土曜日に千葉で起きた地震、東京でも少し揺れました。
最近、地震が少ないような気もするので、ちょっと怖いですね。
土曜日のが余震だとすると、もっと大きいのが来るのかなぁとか思っちゃいます。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカの閣僚、現時点でまだ正式には出て来ていませんが、重要なポジションは10個ほど報道されています。
個人的に気になったのだけ、ちょっと書きます。

財務大臣のMoboweni氏は残留の見込みです。
元々、南アフリカ中銀総裁でもあったので、財政規律の重要さは十分分かってるでしょう。
市場からの評判も良い人なので、このまま行って欲しい所ですが、南アフリカの組合は嫌がっています。
万が一、財務大臣につかなかったらランドは暴落でしょう。

公共企業大臣で元財務大臣のGordhan氏も残留の見込みです。
Eskomの分割は決まりましたが、リードしていかないといけない人なので、このまま頑張って頂きたい所です。

Dlamini-Zumaは前大統領のZuma氏の元の妻でして、与党ANCのリーダーの一人で実力者とされています。
こちらも、何らかのポストを得そうとされています。
個人的にはZumaに近いのであまり好きではありませんが、与党ANCの派閥闘争も良くなく、全体が割れないようにするためにも、相応のポストが割り当てられそうです。
与党ANCの中の有力派閥の調整役と言った所でしょうがポストが無い訳にもいかないので、政治的にしょうがないんでしょうねぇ。。。

36歳の弁護士のRonald Lamola氏も入閣と見られています。
ランケンも全く知らなかった人ですが、土地改革のための法律を改訂するためのポジションを得そうです。
法務大臣かなんかかな?

他にも女性閣僚が数名入りそうです。
割と女性の登用が進んでる国ですよね、南アフリカは。
明日になれば、もう少し出てくるかとは思いますが、日本時間だとまだかな。

先週はドル円が109円前半で終わっています。
109円割れをするのかもしれません。
株価も重いだろうなぁと。

ただ、米中の貿易戦争次第ではありますよね。
トランプが日本に来てるので、米中の貿易戦争について、どこまで話が進むのかって気はします。
一方で、関税が6月に入ると本格化しそうなので、そろそろ妥結するならしてほしいタイミング。
トランプのTwitterni振り回されそうな週ですねぇ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの閣僚、週末にも発表か

南アフリカの閣僚、週末にも発表か


一気に暑くなってきたようですが、夜は気持ちいい感じですね。
湿気がないからかな。
なんとなくカリフォルニア辺りの天気を思い浮かべました。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカの閣僚が週末にも出てくるようです。
まずは汚職に関与した可能性のある副大統領あたりは閣僚入りしないとされており、その他にも環境大臣等が賄賂疑惑で外されそうだとの話が出ています。

Cyril Ramophosa大統領の閣僚としてはクリーンな政治を投資家から求められており、それと同時に経済活性化が期待されています。
経済活性化についてはビミョウと言うか、南アフリカ中銀も来年・再来年も1%強の成長率と予想していますので、そこまで期待が高い訳では無さそうです。
電力問題も解決に向けて動き出した所なので、閣僚がクリーン程度で解決する話でもないんでしょうが、政治が汚職にまみれてるようでは海外からの投資などされないのは確か。
と言う所で、どこまでクリーンな閣僚を選んでくるかが重要視されています。

特に気にされてるのがBathabile Dlamini女史などで、かなりの実力者とされています。
市場としては外してほしい感じで報道されてるので、今回は選ばれ無さそうです。
選ばれちゃうとランドは下がる。
ややこしいおばさんですな。。。
政治家ってのは面倒くさい人間ばかり。。。

さて、アメリカの株価指数は割り込みませんでしたね。
トランプが解決するだろうみたいな事を言ってますし、今週は乗り切れそうですね。
やっぱり来週かなぁ。

多分、回避するか税率を低めに抑えて妥協するかみたいな感じになるんじゃないかなと思うんですけど。
トランプも選挙あるし、あまり経済にダメージは出したくないでしょう。
一方で強いアメリカを演出する必要もあるので、格好つける事だけは必要。

そう言えば、トランプが来日しますね。
都内、お巡りさんがたくさんでした。
検問にひっかからないかとちょっと怖かったです。(笑)

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



今週のランドは南アフリカの閣僚選定に左右される見込み

今週のランドは南アフリカの閣僚選定に左右される見込み


ボクシングWBSSの井上尚弥の試合を見に、朝の4時半からスポーツバーに行ってライブ観戦してきました。
いやぁ、凄かった。
相手のロドリゲス、IBFチャンピオンが泣いてました。
あのボディブロー、バンダム級のチャンピオン泣かすぐらいですから尋常じゃない痛みなんでしょうねぇ。

井上と同じバンダム級でスパーリングした人(国内トップクラス)が、何日か前の記事に出てて、パンチもらうと意識が飛んじゃうって言ってました。
ハンマーで叩かれた感じって表現もありますが、ハンマーを一瞬でお腹に二発も入れられたら泣いちゃうですよねぇ。
あばら骨、折れたかもなぁ。

スポーツバーも混んでましたが、さすがに朝が早すぎたせいか皆様お一人様でした。
でも、パンチが入ると盛り上がるのがライブ感あって楽しかったです。
2時間睡眠でも行って良かった。
Wowowの契約がカッタルイ気がしたので行ってみたんですけど、決勝戦のドネア線もきっと夜中なのでまた行こうかなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ビットコインがまた上げてますなぁ。
8120ドルですか。
もうひと上げ来るかな。

やる人は、やっぱりもう少し枯れるのを待つ方が良さそうですかねぇ。
買う気には到底なれないんですけど、ちょっとヤケドする可能性のある仕手化株と同じに見えますわ。
仮想通貨の再興みたいな話が出てきたら売りで入るとかでいいかもですね(笑)。

今週のランドは南アフリカの閣僚の刷新が重要事項となります。
Cyril Ramophosaが大統領に選出された時の閣僚はなかなかの人事だったと思いますが、今回はどうでしょうね。
市場はかなりドラスティックな構造改革を出来る人選を期待しています。

逆に言うと今の閣僚にはZuma前大統領時代の政治家をバランスよく配置した部分もあり、これをどこまで切ってくるかが焦点でもあります。
Cyril Ramophosa大統領としても、いい意味でも悪い意味でもいつまでもZuma大統領時代の政治に縛られたくはないでしょう。

政治的な派閥や思惑は与党ANCの中に相当強くあります。
なので、予想外の事をどこまでされるか、閣僚のリストラがどこまで出来るかって感じでランドの市場は動きそうです。

また、閣僚の職掌範囲も大きく変わる見込みです。
商業省と経済発展省を分けておくかどうかみたいな話もあり、閣僚を減らす事も考えてるみたいですね。

地合いの点としてはアメリカのSP500が2900ポイントを超えられるかどうか。
現時点では、どうも月曜日の出だしはあまり良く無さそうです。
あんまり週末に米中関係の進展は無さそうです。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



週初から米中貿易戦争で市場の下落がキツメ

週初から米中貿易戦争で市場の下落がキツメ


トヨタが終身雇用は難しいと述べてますね。
産業界を代表しての意見だとは思いますが踏み込んだ発言だと思います。
人件費が安かった時代でしたら終身雇用で良かったんでしょうねぇ。

生産性を考えると給料上げて多くの生産を出せる人を雇いたいでしょうし、一方で給料を上げると雇用継続は難しくなると言う話なんでしょう。
まぁ、終身雇用を未だに信じてる人もほとんどいない気はしますけどね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

昨夜、今週は米中の貿易戦争の交渉がぁ。。。みたいな話を書きましたが、いきなり週初から中国の話で相場は荒れてます。
中国もアメリカに対して600億ドルの関税をかけると逆襲に出ています。
既にアメリカは関税率を10%から25%にすると発表していますが、中国も同様に6月1日から10%から25%の間のどこかに引き上げるだろうと発表し、ケンカモードです。

中国が6月1日と設定してるのは理由があって、アメリカも今出荷してるものが届くまで2,3週間かかるためタイミングとしてはもうちょっとアメリカの関税が実際にかかるまで時間がかかります。
従って、5月いっぱいぐらいは交渉は行われるんでしょう。
中国の今回の発表は、アメリカの税率引き上げに対しての強烈なけん制でもあります。

トランプは対中強硬にしておいた方が支持は間違いなく得られるでしょう。
景気が悪い訳でもないですから、このまま突っ込むかも。
株価の下落は気になるでしょうけどね。

ドル円は109円を割れて108円台に入りそうです。
これはNY時間には一度入るかな。
チャートが悪い。

日経先物も21000円を割り込みました。
雲を抜けてる。
チャートが悪い。

SP500はまだ始まってませんが、先物は下です。
雲までもうちょいありますかね。
でも、チャートが悪い。

ランドは選挙で上げた値を消しています。
現状、7.626円。
地合いも悪く新興国通貨が全般的に弱いのですが、比較的シッカリには見えます。

トルコリラも18.4円ぐらいまで吹き上げましたが、一気に値を消しに行ってますね。
17.88円ぐらい。

ちょっと元気なのは原油ぐらいかな。
1バレル63ドル台に入ってました。
こっちはイラン情勢でしょうね。

中東へも米軍を派遣したりしてまして、イランも何らかの政治的発言を行ってくると思います。
中国の対米発言を見てイランも反米発言でホルムズ海峡の閉鎖をまた出してくるんじゃないかなぁ。
もう発言だけは出してるんですけど、もう一歩踏み込むかどうか。

今週は交渉が米中の交渉が解決したりはしないと思います。
まだ時間があるから。
市場も重いと考えてます。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



今週は米中の貿易戦争の交渉が重要かな

今週は米中の貿易戦争の交渉が重要かな


スマホのPINを忘れてしまったんですが、ほぼ完全に復旧できたように思います。
ほっておいても、ログインしたらかなりダウンロードされて自動で復旧してくれた。
クラウドってスゴイなぁ。
端末がなんであれ、ほぼ元に戻せるんですねぇ。

端末に残ってた写真なんかは無くなっちゃいましたけど、あれもちゃんとクラウドに置いておけばよかったのね。
それにしても、これだけの情報を保管してるグーグルとかってどれだけのお金かけてるんでしょうね。
企業の情報インフラってレベルを超えて社会の情報インフラですよねぇ。

しかもX86サーバーで動いてる訳で、ほぼパソコンの集合体。
システム屋から見ても、感嘆と言う他はないです。

先日、ホリエモンのロケットが打ち上げに成功しましたけど、あれも市販のコモディティを使ったロケットとして有名です。
ロケットとか遺伝子とかって、Windows95のフェーズなのかなって思ったりします。
イーロンマスクのSpace Xも民間での成功例として最大のものでしょうけど、これからロケットの打ち上げコストはドンドン下がってって、普通に打ち上げられるようになるんでしょうかねぇ。

スマホのPINからエライ先に話を展開しちゃいましたけど、色々とドンドン変わるんでしょう。
そういう意味では楽しみかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカの総選挙の結果が出ました。
金曜日の時点とほぼ変わりませんが、与党ANCは57.51%を取り過半数を獲得です。
ただし、2014年には62.15%でしたので、その意味ではだいぶ下がっています。

一方で野党第一党のDAもあまりいい結果ではなく、20.76%の支持を得ました。
2014年の22.23%から下落です。

となると、与党と野党第一党が減ってるんですから、野党第二党が指示を得た事になります。
EFFと言う野党でして10.79%と2014年の6.35%から躍進です。
その他の野党はあまり大きくないんですけど、数が増えてるんでしょうかね。

EFFなどの野党は北側の割と貧困層からの支持を受けているようです。
貧困地域はいつも取り残される傾向がありますが、それが今回の選挙結果に出たんでしょう。

投票率は全体的に下がりまして、約66%。
南アフリカの歴史の中で最も低い投票率です。
これが意味する事は、与党ANC及び野党第一党DAの政策にあまり満足されていないって事と南アフリカでは報道されています。

この経済成長率では当然と言えば、当然です。
失業率はちっとも改善してないですしね。
市場から見ると、とりあえず与党ANCの勝利は満足なものってのが皮肉な気はしますけどね。

さて、今週の市場はと言うと、アメリカの株価が少し回復基調な感じがします。
オプションを売るかVIX指数を売るかって感じですかねぇ。
プット売ろうとは思わないけど、ここでリスクを管理しながらやるのが利益なんでしょうけどね。

この株価の行方は米中の貿易戦争。
今週と来週ぐらいが交渉の大事な期間です。
さすがに25%の関税はかけられないんじゃないかなぁとも思うんですが、トランプだしなぁ。。。

政治は分からんですからね。
アメリカも南アフリカも政治がキーを握る5月ですか。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ、与党ANCの勝利は十分なレベル

南アフリカ、与党ANCの勝利は十分なレベル


スマホのパスワードが分からなくなりましてドツボにはまりました。。。
一度電源を切るとPINがいるんですね。。。
再起動しかした事なくて今回間違って電源を切っちゃったみたいで、PINがさっぱり分かりません。。。
初期化しかないかも。。。
ムガァ。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカの総選挙96%が開票が終わっている状況です。
与党ANCが圧勝で、現時点で57.72%の票を獲得しています。
58%が閾値ですので、若干下に来ていますが、とりあえずはギリギリでしょうか。

これでCyril Ramophosa大統領も支持を得た事になりますので、満足してるんじゃないでしょうかね。
市場の評価も良いようで、今日の新興国通貨の中ではベストパフォーマーだそうです。
ランドは7.75円まで上昇しています。

野党第一党はDAは伸び悩みまして、20.67%。
25%まで伸びるかって勢いだったんですけどね。
個人的にはDAの方が好きなんですけどねぇ。
理由はなんとなく(笑)。

市場の方は日経先物は第二金曜日でしたのでSQだったのですがあんまりいい数字ではなかったですね。
これだけ落ちればッて感じはします。

一方でトルコリラが急上昇。
18.16円。

追撃売りをトルコリラだけ見てるとしたくない事はないですけど、アメリカの株価指数が戻る感じもしますねぇ。
結構、下髭が長い。
VIXもちょっと下がってきた。

VIXは売るタイミングかもです。
現在17.42ポイントですが、19ポイントに行く可能性と15ポイントに行く可能性を天秤にかけるなら15ポイントだと思うな。
19ポイントを損切りラインに設定しちゃって成りで決済出せば、そんなに怖くないように思います。
さて、どーなるか。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ総選挙結果、大きな波乱はなさそう

南アフリカ総選挙結果、大きな波乱はなさそう


保育園園児の交通事故のニュースでまた自動車事故が注目されてますね。
メディアのインタビューの酷さがだいぶ話題になってるようですが、マスコミの酷さもどうしようもないものがあります。
視聴率がお金に繋がっちゃうもんだから、派手にしたがる。

社会問題系は経済とは違ってクオリティをそこまで要求されなくて、むしろお涙頂戴でやるからバカなマスコミばかり群れちゃうんですよね。
思考回路が政治家と同じなんだよなぁ。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカの選挙結果、だいぶ出て来ています。
現時点で全体の45%の結果が出ており、全国区では下記の状態です。
やっぱり与党ANCが2位の倍を取得しており強いですね。

1位 56.5% ANC
2位 23.6% DA
3位 9.27% EFF

ここまでで90%なので、後はもうどうでもいいかな。
野党第一党でアパルトヘイト時代の与党DAが善戦してるように見えます。
南アフリカで経済の強いのは首都Pretoriaがあり、最大都市のヨハネスブルグがあるGautengなんですがDAは25%近くを取っており、ケープタウンのあるWestern Capeでも51%強を獲得しています。

与党ANCは比較的北側の貧しい地域での票が強い状況でして、これらの地域で投票用紙が足りなかったりしたものでまだ結果が出たとは言い難い状況ではあります。
とは言え、今日中に90%は結果が出てくるとされていますので、日本時間の朝には概ね結果が出てるんじゃないでしょうかね。

ただ、今の時点でこの数字ですので与党ANCが過半数を割れる懸念は少なそうですねぇ。
ランドとしては与党ANCの票が58%から60%のレンジに近づけば近づくほど強くなるとされています。
ちょっと下目ですが、与党ANCがこれから伸ばすんでしょうから、市場としてもそこまで悲観していない様子です。

今日のランドは対ドルで0.2%上昇しています。
あんまり動いた感じはしませんので、もう少し様子見なんでしょう。
ビミョウな感じなんだろうなぁ。

選挙結果の詳細は下記のリンクで見られますので、ご参考まで。

南アフリカ総選挙結果速報サイトへのリンク


さて、南アフリカ以外の市場の方はあんまり元気なくってやっぱり下げて来ています。
トルコリラ、下がる下がる(笑)。
もう17.5円。

先日から書いてますように今の地合いでリラは最弱でしょう。
ファンダメンタルズでもチャートでも買われる材料はない。
高金利なんて気にせず売るしかないでしょうねぇ。
(どうしても金利が気になる人はランドを買って少しヘッジするとかですかね)

日経先物も続落。
よく下がりますなぁ。。。

アメリカの崩れ方がちょっと大きいです。
踊り場を超えちゃった。

VIXも23ポイントを超えてきました。
Putが噴くな。

これ、結構下がるかもですねぇ。
買いポジションは基本的に色々怖くなってくるかもですよ。
あんまり買いを入れない方がいいと思います。
ランドも含めて。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張