FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
トルコリラ、急落気味

トルコリラ、急落気味


ゴーンさんの保釈に妻に会うなって条件がついたらしいですね。
欧米スタンダードだと受け入れられにくいですが、日本なのでしょうがない。
でも、変な外圧として来そうな気はしますわ。
人権問題とかに発展しないと良いんですけど。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

コメントでトルコリラは売りは禁止と言ってる割には売ってないか?ってコメントが来てました。
はい、売ってましたよ。
ややクレームっぽいコメントになってますが、ランケンが途中でスタンス変えたのが多分読めなかったんだと思います。

売りはダメって書いた時に、アレが来るかもしれないみたいな話を書いたと思います。(ちょっと時間が無くていつのだか見れませんが、どっかにあるはず)
トルコリラがなんで1000%の金利になったかが分かっていれば、あの時は売れなかった。
なぜならば、その金利が意味する事はオフショアで買い手がいなかったって事ですから、凄まじいショートカバーが来る可能性があるからです。

特にトルコがオフショア市場をカットしたら、爆上げになりかねない。
なので、売れなかったし、売っちゃいけない局面だったとランケンは勘が手ます。

その数日程度後で、アレの可能性が下がってきたみたいな事を書いたと思います。
アレって何かって、市場のカットです。(これ以上の説明は文面ではツラいのでもうしません)

これは、ちょっと時間が経ってトルコの選挙後にその可能性も低くなってきた事が分かった。
1つは金利が落ち着いてきたから、もう1つはリラの暴落は許容できないものの、ある程度の下落を許容する余地がトルコに出てきたからです。

当然ながらトルコとしても副作用がある話なので、奥の手ですからやる可能性は高くはない。
一方で、通貨防衛で外貨準備高も無いし、他国から信用供与も受けられなければ、頼る手はそれぐらいしかないんです。

実際、トルコは他国からの信用供与を受けられなかったと見えて(少なくとも短期間で)、政府が国内の民間銀行からドルを借りると言うビックリするような裏技に出てるようです。
政府は民間を助ける立場だろうが~ってのがビックリする所ですね。

なので、奥の手はやれないと見切れれば売ってもいいってスタンスに変えられる事になるんです。
通貨防衛のやり方とその影響がどこにどう出るかってのを知ってれば、分かるんですよね。
こう言う部分は、将棋とかと似てて、どこの手を誰がどう打つか、あるいは打たないかで、次の局面がドンドン変わってくる話なので、その局面を考えられる事ができるかどうかです。
ブログで字面だけ追ってても難しいかなぁとは思いますけど。

と言うトルコリラは今日は18.64円まで下げています。
結構、急落してますね。
トルコ政府も頭が痛いんでしょうが、介入をせざるを得ないのかなぁと。
原資があまり無いので、ドル借りるんだろうな。
苦しいでしょうねぇ。。。

トルコ政府の単独介入など、あんまり効果はない。
暴落は避けたいので、スムージングって奴程度ですね。

ちょっとVIXも上がってます。
ユロドルも割れちゃいましたね。
切れちゃった。

株価がまずまずなのは理解に苦しむ部分ありますが、相場なんでしょうがない。
SP500が高値更新間際ですね。
明日は金曜日、どーなるかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トルコ中銀のスワップによる外貨準備高操作

トルコ中銀のスワップによる外貨準備高操作


会社のプロジェクト打ち上げでバーベキューしてきました。
ちょっとまだ寒かったかなぁ。
でも、久しぶりにバーベキューで楽しかったです。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

今日はユーロがだいぶ下落してますね。
製造業の指数が悪くなったために、ヨーロッパの景気が悪化してる懸念が強くなっています。

やっぱりヨーロッパの景気は基本線はあまりよくないと見るべきだと思うなぁ。
ただ、景気のデータで為替が本当に動かされてるかというと疑問。
なんとなく大きく動いたのって、同じレベルの戻しが割と来てる気がします。

現在、1.1240ぐらいですが、1.1200と1.1280だったら、1.1280を付ける可能性の方が高いはず。
打診でロング入れておいて、ナンピンで1.1200まで買い下がりでもいいかも。
もちろん、1.1180あたりまで行ったら損切りですけどね。
本質的な方向感が出てるとは思ってないのと大きく値が動いた場合に、値を消してる事が多いのでエントリーのチャンスかと思ってるぐらいです。

ランドは8円をまた割れてますが、そこまで下げていません。
ユーロが売られた割にはシッカリかな。
南アフリカでは新興国通貨が売られたので下落と報道されていますが、そんな感じはしない。

新興国通貨で売られたのはトルコリラ。
リラ円は19円を見に行きまして、一時19.1円。
現在は19.25円ぐらいまで戻していますが、先日の18円台を試しに行く流れかなぁと。

まぁ、でも対ドルのリラチャートはもう3月の安値まで来てますね。
これはきっと割れるなぁ。
割れたらリラ売り増やしましょう。

Financial Timesを読むと、トルコ中銀はリラ防衛の能力を誇張してるんじゃないかと言う恐れが投資家に出ていると書かれています。
まぁ、どこの中央銀行であっても自国通貨を守れないなんて言う訳ないんですけどね(笑)。

ただ、大きな問題と見られてるのはトルコ中銀の外貨準備高がスワップによるドルの借り入れで賄ってる部分が大きいとされている所です。
スワップの部分はランケンも余り詳しく分からないんですけど、どうも民間銀行のドルを中銀に短期的に持ってくる契約を結んでるみたいなんです。
要は、どれだけ本当に外貨準備高があるか分からなくて、数字を作ってるとも言えます。

Financial Timesのトルコ中銀のスワップ契約の量を見ると衝撃的です。
4月にスゴイ増えてる。
こんなん理由もなくしないわな。。。

相当、通貨防衛に外貨準備高を既に使っちゃったんだなぁ。
危ない事するよね。。。

実際のところがどうかは恐らく全ての投資家にとって分からないんですが、少なくとも余力は既に相当に限られてるはずです。
どれだけあるかは不明で、それ自体が透明性がないとされている部分です。

トルコ語が分からなくて情報が取れないのではなく、本質的に正しい数字を出しているかという信用問題なんですよね。
これが、改善されない限りは恐らくリラは売られるでしょう。
しかも改善される目途ははっきり言って現状全く無し。
トルコ中銀がだらしない。

通貨攻撃をされたらもう一発来るかもしれませんね。
スワップの急上昇に気を付ける必要はありますが、売りは間違いない。
チャートが崩れたら入るように逆差しですね。
ランドも崩れるかもですが。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ランド、リラに連れ安

ランド、リラに連れ安


今日の東京は割と寒かったです。
ちょっと薄着過ぎたかなぁと。
水曜日は最高気温がまた9度とか。。。
長野に雪マークが出てる。。。
どーなってるんだろう。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

トルコリラの下落でランドが下がってると南アフリカで報道されています。
ランドは国内要因ではなくてリラで下げる、と言うパターンはまだあるあるですね。。。
とは言え、そこまで大きく引っ張られてなく、若干下げたって感じ。

ランド円は現在7.91円。
さっきよりは戻したな。
対ドルでは14.07ポイントなので、リラに下げさせられた分は消してる感じします。

世界情勢で南アフリカとランドで今もっとも影響するのは米中の貿易論争だそうです。
ただ、これもそこまで悪化してない気がするんですけどね。
トランプが飽きたんでしょう、もう。

リラ円は19.5円を割り込みました。
あえなくカット。。。
ドル円が下落してるのも割とありますね。
111.3まで0.5円弱下げています。

ユロドルが上に来ました。
よしよし、こっちはいいぞ。
1.1272まで上昇。
1.128まで来い。

リスク資産が全般的に悪いって感じもしないですけどねぇ、今日は。
ユーロも上がってるし、原油とか上がってるし。

日産のゴーンが再逮捕されて数日経ちまして、ゴーンの奥さんは出国してるのが報道されています。
Financial Timesにインタビューが出てるってんで読んだんですけど、なんだかゴーンを見捨てた感がちょっとだけあるなぁ。
逮捕されてなかったら日本に残ったけど、フランスに戻って圧力をかけた方が役に立つって言ってます。
まぁ、フランスのパスポート取り上げられちゃったから怖いってんでしょうけど、ゴーンには痛手だなぁ。
にしても10日間ぐらい待てないものかな。。。

奥さん曰く、ゴーンの目には既にエネルギーを感じないとして、常にゴーンは疲れを感じているとしています。
まぁ、そりゃぁそうでしょね。
せっかく拘留から解放されたのに再逮捕されて奥さんは10日もガマン出来ずに帰国しちゃうんですから。
しかも、フランス大統領のマクロン氏とゴーンは中が悪いそうで、あまりフランスからの支援は期待出来ないとされています。
かなりゴーンにはシンドイ状況でしょう。
絶望的な気分だろうなぁ。

でも、やってる事を見る限りは結構なマネロンですよ、あれ。
個人的に、あの手のお金の流れで被害にあってるので、検察もマネロンはしっかりと潰してほしい所です。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トルコの選挙、再集計

トルコの選挙、再集計


今日の東京は少し暖かったです。
昨日と一昨日はビックリするぐらい寒くて、桜が咲いててもあんまり見る気にはならなかったんですけど、今日はパスポートセンターの近くの桜を楽しめました。
ちょっとショックだったのが、戸籍謄本をいらないって言われた事。。。
えー、半休取ってもらってきたのにー。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ランド、今日も割としっかりですね。
先週あたりは対ドルで安値を付けてきたんで、嫌なチャートだなぁと思ってたんですが、一気に戻してきました。
結果としてチャートが汚い。。。
まぁ、ランドが堅調で悪い事はないですが。

気になるユロドルは地固めかな。
上に行ってくれって思ってるんですが、安値割れたら当然損切り。
明日は週末なので、少し動きがあってもいいでしょうかね。

南アフリカはあまりたいしたニュースはないんですが、トルコの方は選挙結果の再集計をイスタンブールでする事になったそうです。
注目は、無効票のカウントだそうです。
日曜日の選挙で野党は25000票の差で勝ったのですが、無効票がなんと319500票。
10倍ほど無効票があります。

これだと再集計するとどっちに転ぶか分かりません。
なかなかに独裁っぷりを発揮してきますなぁと思ったんですが、前回の選挙では野党が再集計を要求したとの事でして、まぁしょうがなさそう。

いずれにしてもトルコ与党AKPは過半数割れして44%の議席にしかなりませんので、大打撃である事は間違いありません。
ただ、極右と連立してるので連立上はまだ52%の議席を持っていますので政権が変わる事は無さそう。
再集計で過半数達成も難しいでしょうから、大勢に影響はないようには想像します。

それにしても、トルコの政治は難しそうだなぁ。。。
イスラム教の古いのと新しいのが割れてて、クルド人系はそれはそれで派閥をなしていて、恐らく経済とは関係ない部分でかなり票が決まっちゃう感じします。
人種と宗教が経済よりも優先しそうですからねぇ。
まぁ、だからこそあれだけのサイズの国でこんなバカな通貨危機を起こしてるんでしょうけども。

昨日はトルコのインフレ率も出ており、19.71%に3月はなったそうです。
絶対値として見ればヒドイ数字ですが、一時の25%に比べると少し落ち着いたかな?って感じがしなくもない。
そもそも、トルコ統計局の数字がどこまで信用出来るのか疑問ではありますが。
これなぁ、15%とかで下落目線ならリラ買ってもいいかなとも思うんですが、買えないね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



格付け会社の見方とかトルコとか

格付け会社の見方とかトルコとか


外務省が元号の表記をとりやめて西暦に統一する事が波紋を広げたらしいですが、どうして波紋を広げるかさっぱり分かりません。。。
和歴なんて海外で通用する訳がないんだから、当たり前やないかいって感じjするんですけど。
外務省でしょ?

だいたい首相官邸も頭が固いですよね。
元号を大事にするために全部の書類に元号書かせるって意味があるのかよって感じします。
一部の公文書だけでいいじゃん。
世界的に西暦を使ってるんだから、業務効率を考えたら元号なんて減らすべきでしょう。。。
発想が数百年遅れてるとしか思えん。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ランド円、7.9円まで続伸しましたね。
現在7.83円。
南アフリカの新聞読むと、Credit opinionを発表して、その中で南アフリカの経済は他のBaa3と同列だとしたのが好感されたんだそうです。

Credit opinionってのは、あくまでも「意見」なので余り格付けそのものには関係ないのですが、見通しも安定的ですし、格下げの懸念は後退したと言う事でしょうね。
次回は11月1日が見直しのタイミングですが、恐らくこれも格下げにはならないでしょう。
あったとしても、見通しをネガティブにされるぐらいでしょうか。
もちろん、世界的なショックみたいなのは無い前提ですが。

今日は原油も続伸しています。
WTIは62.23ドルと一気に2ドルぐらい上げてます。
アメリカと中国の需要が強くなると考えられてるそうで、特に中国の製造業の指数が3月は良かったためとされています。
世界経済は好調って事になるんでしょうかねぇ?

さて、トルコは昨日の選挙結果が割と世界的に注目されています。
エルドガン大統領は自由市場の減速に則った力強い改革を約束し、国民と投資家から信用を得るとしています。
すげー態度の変わりようだな。。。
やっぱり、選挙結果が痛かったんでしょう。

リラのリクイディティは相当枯渇したとされており、Financial Timesでは外貨準備高が300億ドルしかネットで無いと書かれています。
3兆円か。。。
7兆も無いじゃん。。。

一方でトルコ政府は選挙で大敗を喫したので、政府支出を上げる方向です。
政治的にはそうならざるを得ないんですけど、財源どうするんですかねぇ。
インフレがヒドイ所に税金まで上げられないでしょうに。。。

IMFは更なる景気後退を2019年は予想しています。
となると、税収も入らんでしょう。
経済のコントロールの余地がドンドン減ってきています。

格付け会社ムーディーズもトルコ中銀の透明性と独立性に疑問があるとしています。
財政も疑わしいわ、中銀も疑わしいわでは、通貨の信用が得られる訳がない。
相当に厳しいですな。

トルコ、2023年まで大統領選がないんですね。。。
あのクソ大統領がまだ3年も続くわけですか。
どれだけの国民を不幸にしているか分かってるのか疑問です。

逆に言えば、大統領が失脚しないんであれば売りでもいいか。
さすがに外貨準備高をゼロには出来ないでしょうから、下がらざるを得ないかもですね。
トルコの銀行も結構ヤバそうなので、アレはできない気がしてきました。

ちょっとエルドガン大統領の態度が変わったのを見てランケンの見方も変わった。
あの強気な大統領が折れかけてる。
市場の信用を取り戻さないといけないと考えるのであれば、市場のルールを破る事は出来ないですし、銀行の連鎖倒産に追い込むような事は出来ないですからね。

少しトルコについての英語の情報が出てくるようになってきてるように思います。
今度のスクールのニュース編はトルコだな(笑)。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トルコリラ、外貨準備高減少で更に不安定化

トルコリラ、外貨準備高減少で更に不安定化


新しい元号、令和ですかぁ。
ピンと来ない。。。
個人的には元号なんて無い方がいいな。
昭和生まれとか、平成生まれとか、令和生まれとかって、毎回お役所で書かせるの辞めて欲しい。。。
ま、平成を全て生き長らえたのはメデタイとしようか。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

トルコの外貨準備高が減ってるそうで、737億ドル強となったそうです。
トルコが買い支えしても下げてるって事ですから、分かりやすい展開ですね。
要は通貨防衛に負けてるって事です。
トルコリラが不安定になってるのは正にここにありです。

あとわずか7兆円しかない訳ですか。
ドル円だったら日銀介入が一回分とかですかねぇ。
分かってるのかなぁ。。。

バカな大統領のせいで、トルコ国内のドルがどんどん流出しちゃってます。
この程度の規模の国で市場にケンカ売っても勝てっこない。

ランケンスクールの受講生の皆様、危機編でやりましたよね?
次に何が起こるかの想像もつくでしょう。
ランケンが手を引いている理由も分かりますよね?

売りをやるならレバかけたらダメですよ。
アレをトルコがやってきて、売りの買い戻しのショートカバーが一気に来たら、すげー事になるかもしれませんからね。
トルコは固定相場制ではないんですから、オフショア切られたら買い手がゼロから全員が買いに回るので吹き上げるしかないはずです。

もっとも、どこのヘッジファンドも金融機関も分かってるはずなので、そこまで行くかは分かりませんけど。
ただ、外貨準備高が尽きて通貨防衛を余儀なくされるようならば、やれる事はあまりない。
トルコのケツモチが出てくればいいですけど、そんな国あるかなぁ。

EUが人道的支援と言う事でクレジット出してくれる可能性はなくはないですけど、政治的にはバカな大統領の支援はしたくないと思います。
きっと、欧米のヘッジファンドやら何やらはその辺の政治的な動きにも既に目を光らせてるでしょう。

トルコもさすがに外貨準備高の減少は怖いと思うけどなぁ。
市場は確実に既に目を付けてるはずで、狙ってはいるでしょう。
EUさえ入ってこなければ、7兆円抜けちゃう訳ですからね。

介入しなければ、市場に食われてインフレしちゃうし。
結果として金利上げないとだし。
財務大臣にエルドアン大統領の娘婿なんか充てるから。。。
市場を分かってないといけないと言うか、せめて通貨防衛の勉強ぐらいすべきでしょ。

場合によってはFXで決済できなくなる可能性も一時的にはあると言う事は念頭に置いておいてください。
FX会社もカバー出来なかったら、取引停止か無茶なスプレッドかけるしかないと思う。
下がるのは分かってますが、そこまで考えてランケンは手を引いてます。
FX会社から忠告が出てくる頃には遅いからね。
買ってる人はまだいいですけど、安易に売ってる人はご注意ください。
ランケンスクールの受講生はリラ売りはそろそろ禁止ね(笑)

エルドガン大統領もそろそろ政治的に不安定になってきていて、首都アンカラやイスタンブールをはじめとしたいくつかの地方で選挙に負けています。
これはいい話。
トルコの底が見えてきたと考えるべきかどうかは微妙ですけどね。

どっちにしてもリラは市場は売りに傾いています。
だからと言って売りに乗る局面では素人の我々にはもう遅い。
どこまで落とされるかは不明ですが、何らかのイベントがあった時にこの傾きは戻される可能性が高いと思います。

その際には、急激な上げが来る可能性があるので、そこは乗りたい所。
いくらまで下がるかは分からないし、イベントが政治なのかアレなのかは不透明。

もちろん、買うにもまだ早い。
エルドガン大統領の失脚は必須だと思うので、その辺りが出てくるまでは買っちゃダメ。
興味深いので見ておきたいです。

さて、南アフリカの方はランドは急上昇していて7.8円まで戻っています。
何があった?と思って南アフリカの新聞見たらムーディーズが何も出さなかったからとされています。

先週の金曜日にムーディーズの発表が出る事になってたんですけど、ムーディーズが見送ったんだそうです。
で、No news is good newsだそうです。。。
さようですか。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トルコリラ、オフショア金利300%に

トルコリラ、オフショア金利300%に


サッカー日本代表ボリビア戦、中島翔哉のレベルの違いが目立つのみですねぇ。
宇佐美は何本か乾にいいパス出してましたけど、シュート外してたし肝心な所でうまくいかなかったなぁ。
宇佐美はもう代表には呼ばれないかもですね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

株価、だいぶ戻しましたね。
日経先物は21500円。
ほぼ値を消したな。

この中途半端な下落がホントに今年はやりにくい。
これで、また値動きが少なくなってきちゃうんだろうなぁ。

一時110円を割り込んでいたドル円も110.60円まで戻ってきました。
まぁ、でもドル円ロングのチャートじゃなくなってきたな。

トルコリラも20円になりました。
そーですか、そーですか。

トルコ当局がリラのショートを不可能にしたらしく、それもあり上がっているようです。
なるほどねぇ。
売りが刺さらないかなと思ったんですけど、割と普通に入りますね。
でも、スワップいくら持ってかれるか分からんのでやめときます。。。
手を引く。

ブルームバーグのニュースで、トルコリラのスワップレートはオフショア市場で300%を超えたって書いてあります。
瞬間的なものっぽいですかねぇ。
にしても、熱いなぁ、リラはw

固定相場制でもないのに、金利がそこまで跳ね上がっちゃうんだ。
流動性が無いから反対売買が出来ずにこうなっちゃうんだな。
ランケンスクールの危機編でアジア通貨危機の時の金利が跳ね上がった事を勉強してるんですけど、変動相場制でも起こるんですね、これ。

流動性が無くなったら、変動相場制であっても値が付かない以上は金利を要求されるって事ですか。
むしろ、変動相場制だからこそ、値下がりリスクを勘案すると金利が跳ね上がると言う見方も出来るかもですけどね。

にしても24%の金利が300%超えか。。。
結構ウケるな(笑)。
さすがに300%は売れんわな(爆)
なんちゅーか、歴史は繰り返すと言うか、同じ事ばっかり市場はやってるな。

流動性ってのは怖いですよね、やっぱり。
って言うか、これトルコリラは通貨危機でしょ。
イマサラって感じもしますか、そーですか。

トルコリラに昨年は振り回されたランドは今年は比較的穏やかかも。
影響はあるんでしょうけど、去年ほどムチャクチャにはされていないように思います。
本来そうあるべきですけどね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トルコの大統領、またバカ。。。

トルコの大統領、またバカ。。。


もう3月も最終週ですね。
来週で4月だよ。。。
桜も少し咲いてますけど、まだ寒い時期ですね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

今日は日経平均が朝から下げてましたね。
でも600円程度なんだよなぁ。
2週間前の安値割れてないし、まだそこまでショッキングでもないな。

この安値を割れると雲を抜けて下落基調か?って感じなんですけど、まだそこまでの懸念は大きくない。
少し後場のプライスも戻してますしねぇ。
日経先物のナイトセッションは21000円ちょうどぐらいです。

日本株が下げた理由は株から債券への資金移動が理由とされています。
海外勢の逃げみたいな書き方されてますから、米国債へのシフトでしょう。
そりゃぁ、そーだよね、100%元本保証の米国債が2.5%近くで、イールドカーブ逆転してるんだから。
スクールでも先月から何回か言ってますけど、あんまり上がる感じしない日本株なんて外人投資家が持ちたい訳がない。

アメリカのSP500は2793ポイントぐらいでして、こちらも下げてはいます。
ただ、今のところは先週の下げを更に深押しな感じはしないですね。

トルコリラも19.5円まで回復。
リバ入って然るべきと思うのでこんなもんでしょう。
20円まで来たら追撃売り。

トルコのエルドアン大統領が疑わしいバンカーに制裁を課すみたいな事を言ってます。
ホント馬鹿ですよね、この人。。。
トルコ程度の国の大統領が市場にケンカ売っても勝てる訳がない。。。
それを理解しないから現状を招いてるのが分からないんだろうなぁ。。。

そういう制裁を課したいのであれば、自由な資本移動を国としてさせるべきではない。
一方で貿易促進のためにはお金の移動に制限をかけたら貿易が停滞する訳で、言ってる事とやってる事が矛盾しています。
そんなのは国際金融で何十年も前から常識にもかかわらず、無知をさらしているとしか思えない。

FXで扱われちゃうぐらいですから、相当にお金の移動は市場で自由にできちゃうんですよ、トルコと言う国は。
逆に言えば、常に攻撃されるリスクを抱える事になりますし、それは表裏一体。
片側しか見ないで国家のトップがバカを公言しちゃうから、この国は売られる。

もしも、資金移動の管理をしたければ中国のようにすべきでしょう。
それであればFXなんかでも扱われにくい。
ただ、貿易に制限をかけるでしょうし、トルコが言ってたユーロへの移行なんて話にならない。

って言うか、ユーロに入ったらギリシャを超える悲惨な国になるよね。。。
自国通貨持ってた方が身のためだよ、マジで。。。
まぁ、EUもトルコなんて入れないって言ってるので、現実的には考えるまでもないんですけど。
頭の悪いポピュリストな大統領が発言すればするほどEUやユーロは遠のいていくのみ。
都合のいい所だけしか考えないから、リラはひたすら暴落して、結果としてこの様。

トルコ国民は大統領に騙されてる事を知るべきだと思うんですよね。
バンカーに制裁を課すなんて責任逃れをしてるのが国民には分からないんだろうなぁ。。。
一回、トルコ大統領はランケンスクールにでも勉強に来るべきだな(爆)

トルコに金融ブロガーとかいないのかな?
不幸な国民です。
一回、ソロスにでも出て来てもらって嫌と言うほど攻撃を受けるといいのかもですね。
受けてる最中か(笑)。

今日はランドも少し戻りが入ってまして7.67円。
余計な事を言う大統領がいないだけでもラッキーかもね。
大統領はイマイチ感がたまにありますけど、財務大臣と中銀総裁はシャキッとしてるのが救いだな、南アフリカは。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トルコリラ買いのランド売り?

トルコリラ買いのランド売り?


隣のチームで発見されたトラブルがなぜか僕のチームの問題とされて、家に着いたのが夜中の12時前になってました。
なんだか知らないんですがお客さんの上層部まで話が進んでて、無関係である事を自分の会社の上の方やらお客さんの上の方に説明して火の粉を振り払うだけで1日終わった。。。
しかも関係ないのに、途中のプロセスのやり方が甘いとかって話になって仕事が増やされるハメに陥りました。。。
完全にトバッチリと言う奴です。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

南アフリカの景況感が出ています。
1月は95.1ポイントとなり12月の95.2ポイントとほぼ変わらずです。
ただ、残念ながら1年前からずっと下がり続けており、あまり良い結果ではありません。

2018年の平均は95.5ポイントとの事ですので、まぁ平均とあまり変わらずな感じかも。
低位安定ですな。。。
次の選挙で政治改革がうまくアナウンスされれば、景況感も改善する可能性があるとされています。
公共工事とかで景気引き上げみたいな話になるのかもですね。

アベノミクス見てると、公共工事の威力は否定出来ないかもなぁと思う部分はあります。
後で回収できないと、しっぺ返しが来ますけどね。
南アフリカみたいに成長余地がある国は回収余地もあるように思うので、うまく使ってやれればとは思うんですけどねぇ。

さて、ランドについて面白い記事が南アフリカの新聞で出ていました。
ランドは対ドルで今年最もパフォーマンスが良かった通貨だそうで7%上昇しています。
で、トルコリラ売りのランド買いも今年は現時点でかなり機能しており5%上昇しており、昨年の20%上昇に続き好調です。
ここまではランケンも書いていたので、それ自体はフンフンって感じではあります。

面白いのがこの構造が変わるかもしれないって話で、リラ買いのランド売りの方がいいかもしれないとの事です。
その理由はリラ・ランドのゴールデンクロスとされています。
ほぉ~、みたいな感じですよね。

ランドが上昇しすぎってのも指摘されており、トルコリラは高い金利がリラ下落をサポートするだろうとなっています。
なるほどねぇ。
かなり逆張りな気はしますけど、面白いかもしれませんね。
リラの方が金利が高いのでスワップ的に見ても、時間を敵に回す事はない。

リラ危機はだいぶ沈静化してきた気もしますので、戦略としては考え得る。
リラ円のロングはイヤですけどね(笑)。

ただなぁ、実際にやるかと言うと、トルコリラって落ちる時が結構キツイし、出口戦略も見出しにくい部分ありますよね。
チャート的には面白い見方ですけど、ファンダメンタルズとして考えた時にリラ買いってのがなぁ。
トルコの地政学リスクってホントに分からんし。
宗教リスク、政治リスク、人種リスク、近隣諸国リスク、中銀の独立性リスク、みたいなのがゴチャゴチャになってるのがあの国の難しさ。

ご興味のある方はお試しください。
ちゃんとExitに成功出来たら、ご報告ください~。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



トルコは一旦落ち着くか

トルコは一旦落ち着くか


某アイドル女性のひき逃げの動画見たんですけど、スゴイですねぇ。
あんな真昼間に酔っ払ってひき逃げは驚くなぁ。
しかも完全に赤信号無視ですもんねぇ。
執行猶予ホントに付くかなぁ。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

今日は世界的にリスクオンな市場になってるようで、株価が上昇しています。
ランドはちょっと上がったんですけど、今は戻してますね。
ヨハネスブルク株式市場なんかも堅調ではあるようです。

トルコリラは少し上昇してるように対円では見えますけども、これは円安の影響です。
対ドルは昨日の高値から下落してます。
利上げから1日経ちましたけど、雲を動かす程のパワーは無かったようですね。

ランドに影響するのであんまり下がって欲しくないんですけど、このままだとズルズル下がりそうなチャートです。
やっぱり弱いんだよなぁ。
まぁ、一旦は落ち着くかもですね。

日経先物の上昇は気になりますけど、どーなのかなぁこれ。
ドル円も112円と円安なので株価の反応としては妥当なのかもしれません。
となると円安が続くかって話かなぁ。

まだ方向性が出て上がるって感じじゃないんだろうなぁ。

んー、イマイチ乗り切れないがちょっとオプション乗ってみるか。。。
明らかに株の信用の方が楽。
まだ、利食ってないので安心出来ないんですけども、全部利益が出てます。

そう言えば、先週の日曜日に書いたルネサス、予定通りの展開です。
窓埋め指しておいただけなんですけど、キレイに刺さってそのまま下落。
ありがたや~。

それにしても7330億円の会社を買うってのはどういう計算だろ。。。
増資しないみたいで、全部借金で買うようですけど、のれん代凄いんですけど。。。

買う相手のITDのバランスシートの3割ぐらいがのれん代です。
総資産13億ドルのうち4.2億ドルがのれん。
しかも赤字。。。

どーして、この会社を7330億円で買うのか意味不明。。。
のれん代なんて評価上やむを得ない数字みたいなもんですから、赤字会社でブランド価値なしとされたら吹っ飛んだのは東芝でも明らかなんですけどねぇ。

さすがに重いと思います。
市場もそれが分かってるもんで株価が下がってます。
元々、厳しい会社ですしねぇ。

上がったら売り増ししようかなと。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張