南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ中銀総裁の中銀総裁賞受賞

南アフリカ中銀総裁の中銀総裁賞受賞


今日は会社帰りに某FX会社の知人に会いました。
なんか久しぶりで嬉しかったです。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカ中銀総裁 Lesetja Kganyago 氏が南部アフリカの中央銀行総裁賞にGlobal capital社から選ばれたそうです。
Global capital社が何者か分からなかったので、ちょっと調べたんですけどエコノミスト用の情報提供専門会社みたいです。
ブルムバーグみたいな感じかな。

いろんな賞があるもんですねぇ。
なんか権威があるんかしらん。

受賞理由は金融政策の規律をきちっとしており、投資家の信頼を維持したとされています。
また、南アフリカ中銀国有化の話もありましたが、独立性を貫いた事が評価されています。
当たり前なんですけども、なかなか出来なかったりするんでしょうかねぇ。
日本も訳の分かっていない政治家が昔いましたけど。

南アフリカの中銀総裁って、ずーっと評価が高い人が続いています。
政治家はダメダメですけどね。
こういうの見ると、やっぱり民衆が選ぶトップって腐るものなのかなぁと思わざるを得ません。
だらしない中央銀行もありますけどね。(トルコとか。。。あれ、なんでダメなんだろう。。。トルコ語分からなくて、ほんっとに分からん)

そういえば、トルコリラ、先週大暴落を起こしてました。
取り上げるの忘れていたんですけど、結構なロスカットが出たそうですね。
ランケンスクールでも先月当たりトルコリラどうかって聞かれたし、ブログでも書いてきましたけど、そうなったでしょ(笑)
あんまりトルコ叩きすると、ランドびいきだってランケンが叩かれるので、トルコの話はちょっと避けてる部分あるんですけどね。

前から書いてるようにランド買いのリラ売りのスプレッド組んだ方が勝てますって。
トルコリラで勝ちたいなら売った方がいいですよ、普通に。
でも、スワップを敵に回すので、それをランドで消す。
多少マイナスになりますが、だいぶ軽くなります。

一応、書いておきますけど、ランドも落ちる時は落ちます。
最近、ぜんっぜん落ちないですけど、結構エグイ落ち方しますからね。
レバレッジかけたスワップ派とかやめましょうね。

さて、スペイン政府がカタルーニャのリーダーに独立宣言を撤回するように求めてるって記事が出ています。
期限は木曜日だそうで、さもなければスペイン政府直々に動くとの事です。
なんか次のアクションが金曜日にあるって事でしょうかね。

スペイン株価指数が落ちてますね。
スペイン株価指数のプット、失敗かと思ってたけど目がまた出てきたかな。

そういえば、スペインの先週のデモについてコメント頂いてました。
スペインの方から直々に。
カタルーニャの独立賛成デモはカタルーニャの人だけではないって事で、投票と比べるのはおかしいみたいです。
なるほど~!
どうもありがとうございます!

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカのスタンダード銀行、賄賂疑惑企業の見直し開始

南アフリカのスタンダード銀行、賄賂疑惑企業の見直し開始


新しいスーツ買ったんですが、なんか面白味のない無難な感じでした。
ちょっと地味だったかなぁ。
生地見てる限りはいいんですけど、スーツの勉強をしたいなと思ったりしました。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

先日、ドイツのソフトウェア大手のSAPの賄賂の話を書きましたが、南アフリカ最大手銀行の1つのスタンダード銀行が同社とマッキンゼーへの契約の見直しに入ったと報道されています。
もちろん、スタンダード銀行は大元の問題となったKPMGとも会っていまして、全ての会社の説明を求めています。
同銀行は声明を出し、満足のいく説明がなされない場合は契約の継続をしないとも表明しており、是正措置がない場合は契約を切るとも言っています。

いいぞ、やれやれぇって感じですね。
こういうのは、またどっかで起きるんでしょうけども、やっぱりきちんと事件化しないとなかなか無くならないものです。
ランケンの会社では、政府相手に契約をする場合は特別な研修がなされたりするぐらいで、やっぱり政治家周りの汚職ってどこの国でも多そうです。

ただ、研修がどんなにあっても現場が聞くかどうかは文化みたいな部分が強いはず。
金融系なんかは非常に厳しいんですけども、これも小さい所行ったりするとだいぶ違いますし、銀行と証券会社系ではまた違います。
銀行なんて、接待なんてほとんど現場レベルじゃできないですからねぇ。

営業は飲みに来ちゃダメって言われるもんだから、全員が払う羽目になる。
フィリピン人とかはちょっと気の毒です。(多少は傾斜かけてるんですけどね、そもそも人件費が数倍違うので、負担としては彼らの方が大きくなっちゃう)
まぁ、上の方行くと、ちょっと違ってきて、銀行が保有する施設で飲み食いしたりしてるみたいですけども。

ただ、大手企業が持ってる保養所だかセミナーハウスだかって何回か行ったことあるんですが、お酒飲まないランケンにはまぁつまらんです。
あんなので接待されて感動する人もいなかろうとは思うんですけども、酒好きには高めの酒が飲めるんでいいんでしょうかねぇ。
都内の高い土地持ってるのが会社側からは優良な固定資産として計上する以外に対して役に立たない気はしますけど、本当に悪い話も出来るような場所なのかもしれないなぁ、とか思ってました。
会社の中なので、別のお客さんがいたりしないですしね。

賄賂の方ですが、マッキンゼーについては、間違ったことはしていないと言っています。
ただ一方で証拠が出た場合は当局に協力するとしています。

マッキンゼーは否定してきたのかぁ。
コンサル業界トップのガバナンスが崩れてるのかどうかが見ものです。
ランケンの会社程度のガバナンス体制はしいてると思うんですけど、ヨーロッパの大手新聞で汚職の名前に同社の名前が出てきてますので、米国本社も重大事項とはみなすでしょう。

で、KPMGは8社を既に失っているそうでスタンダード銀行からも厳しい処置を受けるでしょう。南アフリカの民間企業は割としっかりと汚職対応をしてきている気がします。
既に8社がKPMGと取引停止を決めてるってのは動きが速い。
他の会計会社だってやってるに決まってるんですけど、民間企業がしっかりガバナンスをするのは政治への圧力にもなりますからドンドンとやってほしいです。

あと、Old MutualのTrevor Manuelの動きも出てくるかもですね。
南アフリカの元財務大臣で、裏も表も分かってる人なので、ちょっと期待したい所です。

相場は金曜日はドル円が113円半ばまで雇用統計で行ったのに、また112円台半ばで戻ってきちゃいましたね。
ユロドル見る限りはまだドル高継続中ですけど、あまりスピードは速くなさそうです。

日経先物も結局20700円をキープできず。
これ位なら、さほど怖くはないかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ソフトウェア大手SAPも南アフリカ汚職に関与

ソフトウェア大手SAPも南アフリカ汚職に関与


アマゾンプライムで読み放題が始まりました。
いやぁ、驚くですね。
なんもかんも無料にして経済成り立たなくなっちゃわないかと心配しなくもないですが。。。
職にあぶれた人が逆にイノベーションを更に推し進めてくれるならいいんですけど、現実的にはどうなんでしょうか。

まぁ、でも書店が消えたように遅かれ早かれって話なのかもしれません。
これからはVRの方とかのコンテンツに人をかけていかないといけないとか産業構造レベルでイノベーション考えてるんでしょうね。
途中で商社やってるだけじゃ食っていけなくなるのかも知れない。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカはKPMG問題が割と経済記事の中心になっています。
汚職を助けたとして事実上クビになった元CEOに対して退職金を出したとかって話になっててモラルハザードの問題になってる。
悪い事してお金もらってたら、そりゃ問題になりますわな。。。

ありゃ、ソフト大手のSAPの重役も4人も賄賂を政府に出したって話で社内調査が始まってます。
SAPってIT業界の人じゃないと余り知らないかもしれませんが、世界的な基幹システムのパッケージ大手でドイツの企業です。
賄賂の額は750万ドル。
8億円ぐらいか。。。
結構な額だな。

絶対に政治家が賄賂を要求してるんだよなぁ、これ。。。
別に肩を持つわけじゃないですけど、他の企業も出してるはずなので、出さないと契約取れないって脅されて仕方なく出してるんでしょう。
ある意味で被害者かもしれませんが、8億円も賄賂出せるってSAPぐらいの大手がガバナンス効かせてないのは問題です。
数十万円程度なら、まぁ何とでもなるんでしょうけど8億は会計操作もしてるってレベルでしょう。

後、マッキンゼーまで名前があがってます。
マジかよ、マッキンゼー、ダサイなぁ。。。

ランケンの会社でも、しょっちゅうコンプラ研修みたいなのあるんですけど、汚職も言い出したらキリがないなとも思います。
長時間労働だって、勤務時間を誤魔化してるだけじゃなくて、コストを誤魔化してるので、本来は会計問題です。
それで言うと、多かれ少なかれみんなやってるはず。
たまーに自殺者が出て社会問題化してますけど、それ以前があって、東芝見ても分かるように線引きは確かに難しい。
まぁ、東芝は真っ黒ですけどね。。。

ランドについては、KPMG問題はほとんど影響なさそうです。
汚職の話なんてどこにでもあるんでしょうけども、政権がひっくり返ったりしそうになれば動く事があります。
ただ、南アフリカの場合はそもそもがZuma大統領な訳で、顔に汚職してるって書いてあるも同然な顔してます。
そんな訳で、ランドに影響なし。

今、ランドに影響あるのはドルの向かう先です。
ちょっとフラフラするんじゃないかなぁと先日書きましたが、やっぱりフラフラしてます。
この一週間強、ユロドルはずーっと1.7台。

ドル円もエネルギー感じなくなっちゃいましたね。
明日の雇用統計までは動かないかもなぁ。
そう思うと、プットのレシオとか作りたくなっちゃう。。。

99%勝てると思うんですけど、怖くて組めないチキンなランケン。
1日だけってスケベ根性がいけないんだよなぁ。
逆差しだけ入れておけば大丈夫か。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの汚職はキレイに少しは出来るか?

南アフリカの汚職はキレイに少しは出来るか?


東京は秋晴れのいいお天気です。
なんか1日中寝てました(笑)。
ちょっと疲れたかな

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカの元財務大臣のManuel氏がKPMGの上層部による汚職加担について発言してニュースになっています。
同氏はKPMGの汚職が明らかになるのはいい事であり、南アフリカを元の軌道に戻さなくてはいけないと述べています。

ランケンもManuel氏に同意しますね。
個人的には、KPMGを南アフリカから追い出さない方がいいと思います。
追い出しても他の会社が汚職の加担をするだけになりそうですから、それぐらいならKPMG Internationalに今後はしっかりとやらせるって言う内部監査も含めた体制を構築してもらって、支店であるKPMG南アフリカをきちんとガバナンスしてもらう。

少なくともKPMG南アフリカは当面はクリーンにやらざるを得ないでしょうし、他社もおかしなことをしてるんでしょうから、それを引き締められるように思います。
産業自体の体質を変えるには、それなりのエージェントが必要だと考えますので、この際KPMGにその役を担わせる。
南アフリカのカルチャーな部分はあるので、難しい問題である事は間違いないのですが、修正していくようなリーダーシップが必要です。

問題はリーダーシップの発揮が政府部門から出ていなくて、既に外部の人間になっている点。
政府が反省しないといけないんですけども、そこがなぁ。。。

Manuel氏は、現在Old Mutualのトップになってるんですね。
知らなかったな。
政府に戻って活躍してほしいなぁ。

さて、先週はドル円が112円丁度ぐらいで終わっています。
114円手前を目指すのかなぁ。
落ちて来ても不思議はないので、分かりにくいですけどね。

個人的には少し落ちてほしいぐらいですが。
上がるなら上がってほしいし。
コール側で今はポジション作ってるんで、うまく動いて欲しい所。

コール側のダイナミックヘッジってあまり儲からないかと思ってたんですが、意外と近くに組めるのでいける気もします。
ちょっと楽しみかも。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



KPMG問題、南アフリカ金融システムへの影響懸念

KPMG問題、南アフリカ金融システムへの影響懸念


トランプも金正恩も同じ人間に見えますわ。。。
あの2人が核のボタンを握ってるって、相当に世界はヤバイ。。。
さすがに格の搭載はないでしょうが、グアム方面に次は撃ってくるかもしれませんね。
北朝鮮が中途半端な失敗をするリスクが怖い。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

昨日、書いたKPMGの汚職加担、同社だけでなく南アフリカもひっくり返るような話になってきています。
KPMGは南アフリカから追放される可能性が出てきているのですが、そうなると南アフリカの会社も結構困る事になる。
同社に監査をしてもらってる銀行に影響が出てしまい場合によっては決算が出来ない。

銀行が決算出来ないなんてなった日には、金融システムが崩壊しかねないので大問題になります。
南アフリカの中央銀行もこれを認識しており、金融機関への影響を測っています。

元財務大臣のGordhan氏もKPMGのレポートによって部分的には解雇されているので、非常に怒っています。
なので法的対応と言う事になっていて、KPMG Internationalによる謝罪を拒絶しました。
ここは徹底的に戦って欲しいです。

ランドはあまり影響なしですかね。
対ドルで13.21ポイントと大差なしです。
チャートはランド高に行きそうに見えますけど、あまり手を出す気にはならないかな。

ドル円は高値を更新せずです。
112円ちょうどぐらいに戻ってきました。
なんとなく株価も頭打ちに見えるなぁ。

少し下がってほしいかも~。
出来れば今週食いたかったコールのガンマロングは来週に持ち込みます。
ここは少し粘りたい。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



KPMG南アフリカの汚職加担

KPMG南アフリカの汚職加担


会社でアメリカの会計士さんのネット研修をちょっと受けました。
なんか知らんけど、余裕で分かって単位もらえちゃいました。
あんまり役に立たないんですけどね(笑)

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

世界的な会計会社のKPMGが南アフリカの汚職の手伝いをしていたとして問題になっています。
KPMG International(恐らく世界本社)は南アフリカのKPMGのCEO及び7人の役員を代えました。
同社は南アフリカに対して謝罪をしていて、「今回の件は我々の本来の姿ではない」との声明を出しています。
汚職を認めたって事です。

この件は特に南アフリカで取りざたされているGupta家への便宜を図っていたとされているもので、南アフリカの税務署の不正にも関係します。
要するに南アフリカの政治家や役人の汚職をほう助していた事になります。
同社のグローバルでの会長は南アフリカ元財務大臣のGordhan氏とのミーティングを要請しているとされています。

Gordhan氏はこれを受けて法的対応を検討するとしています。
同社が結託した事が政治の腐敗を招いたと言うもので、南アフリカの汚職の一端を担っていたものです。
これにより南アフリカの税金が私的流用されています。

ランケンが詐欺にあったのも会計会社が汚職を見逃してた部分があって、会計会社の杜撰さんにウンザリしてるんですが、会計会社はもう少しシッカリすべきじゃないかと思います。
東芝もそうですし、あんなの1兆円単位で数字がおかしいなんて会計会社は何をしてたんだって話じゃないかと思うんですよ。
ランケンの詐欺にあった会社だって数百億円単位でごまかせてる訳ですから会計会社の監査って何をやってるんだって話じゃないですか。
もう少し世界的に会計会社を厳しく取り締まるべきじゃないかと。
アンダーセンなんて会計会社も飛びましたけどね、昔。

Gordhan氏には是非とも頑張ってもらって、南アフリカの立て直しをしてほしいです。
って言うか、次の大統領になってほしいぐらいです。

さて、市場は昨夜FRBが金利引き上げを12月にするって言ったもんで円安になりました。
まぁ、ドルが買われますわな。
アメリカの金利正常化がいよいよ目前に迫ってきました。

円安なもので日経平均も上昇。
高値を完全に超えましたね。

ユロドルは日曜日に1.2をもう一回見に行くのが美しいって書きましたが、昨日来ました。
このまま下がれば完璧なチャートです。
ドル高に転換した方が良さそう。
1.8目標ですかね。

円安が114円を見に行くって事にもつながるかな。
上がるなら頑張って上がってほしいぞと。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ中銀への陰謀

南アフリカ中銀への陰謀


昼間は暑い気もしますが夜はだいぶ涼しくなってきましたかねぇ。
東京は雨だか晴れだかよく分からない天気です。
でも、季節の変化を感じるようになってきました。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ドル円が110円を付けてきました。
107円台前半だったので、数日間で3%ぐらい戻したかな。
まだチャート的に円安になるともドル安の流れが終わるともいえる状況ではありません。

ただ、1つ注目したいのはアメリカの株価指数が高値を更新してきた事です。
ちょっとビックリした。
窓開けちゃってるレベルですから、頭を押さえてた壁が壊れたって事でしょう。
まだ上がると見るんでしょうかねぇ。

ランドは今日は若干下がっています。
要はドル高なんですね、今日の相場は。
ドル高、株高。

北朝鮮問題は相場からは消えたかな?ぐらいの勢いです。
むしろハリケーンが消えたからの方が大きいのかもしれませんけどね。
まぁ、また何か北朝鮮はしてくるでしょう。

今日は南アフリカのニュースは大統領府による南アフリカ中銀の憲法変更への陰謀が提訴された話が出ています。
ホントにどうしようもない大統領だ。。。

それによると6月7日に南アフリカの政府の外部機関であるPublic ProtectorのBusisiwe Mkhwebane氏が大統領府でアドバイザーと会議を行い、中銀の憲法変更を企てたとされています。
要は中銀の独立性をはく奪しようとするものです。

中央銀行が世界中で何故独立しているかの理由が分からないんでしょうねぇ。
こういう頭の悪い政府にお金の管理は出来ないからだって言う事を。
それが出来るぐらいしっかりした政府なら財政赤字が酷い事になったりしない訳です。

財政の規律も取れないくせに中銀の独立性をはく奪しようなんて本末転倒もいい所。
これだから、黒人に経済はし切れないなんて言われちゃうんだよなぁ。。。
レベルの低さを露呈している。
経済の基本的なお勉強をしてほしいものです。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップ


コメントで早くビットコインをやるようにおススメ頂きました。
きっとダイブ利益の出てる方で、ランケンが苦しんでるのがじれったく見えてるのかなぁと。
あそこまで言われると若干揺らがなくもないですけど、まぁその内気が向いたらやります~。
だいぶたくさん詐欺にあってるので、もうあいたくないんですよね(爆)。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

2023年に行われる第10回ラグビーのワールドカップの開催国決定が11月にあります。
現在、立候補している国はフランス、アイルランド、南アフリカの3か国。
南アフリカは最有力候補となっています。

アイルランドが次にやる気があるようにも見受けられますが、フランスはそこまでテンション高くはなさそうです。
南アフリカは2011年、2015年、2019年とぜんぶ立候補してるのですが、全部負けてます。
今度こそって感じなんでしょうね。
南アフリカは1995年の開催国で既に一回やってるのも取れない理由でしょう。

この観点から行くと、フランスは2007年の開催国です。
順番的には確かにあまり有利ではなさそう。

一方で、アイルランドは1991年にイギリス、フランス、ウェールズ、スコットランドと共同開催ですべての国でこの年はやったそうです。
また1999年にも同じメンバー国でやっています。
単独開催は一回もないので、回数的には割と有利なんでしょうかね。
とは言え、2015年にはイングランドとウェールズが共同開催なので、今回ウェールズに来ちゃうと若干バランスが悪そう。

南アフリカでも良さそうですね。
ちなみに2019年は日本の単独開催です。
欧州、アジア(日豪NZ)、アフリカの順番もありかなと。

南アフリカでは273億ランドの経済効果があるとしています。
2500億円ぐらいですかね。
サッカーのワールドカップほどのインパクトは当然期待できませんが、小さくはなさそうです。

今日の市場は北朝鮮ミサイルの穴埋めがされて日経先物が19500円まで戻ってきました。
これ、下がらないですねぇ。
ランドも対ドルで12ポイント台に入って上がってきてるし。
それならそれで助かるんですけど、もう少し上がってほしいな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



アフリカ投資指数で南アフリカは4位

アフリカ投資指数で南アフリカは4位


今度は富士フィルムが決算延期ですかぁ。。。
富士ゼロックスの不正会計220億円と。
たいした額では無さそうですが、次の東芝探しが始まっちゃいそう。。。

言ってる端から、日本郵政の子会社が数千億円規模ののれん代発生で巨額損失なんて話も出てるし。。。
ソフトバンクののれん代、大丈夫かなぁ。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ランドが今日は上昇しています。
ちょうど、半値戻しが出来ているレベルでして、とりあえずGordhan財務大臣の解雇によるパニックは去ったように思います。
だからと言って、もう下がらないって話ではないですけども、ジャンク入りした割にはしっかりしてくれて良かったです。

逆に言えば、織り込まれてたって事なんでしょうけどもね。
ただし、ジャンク入りが決まって資金を取りに行きにくくはなっているはずです。
ランドが安定したからと言って、投資の促進と言う意味ではあまりよくない事に変わりはありません。

投資の観点で面白い調査結果が出ています。
ジョージソロスが関係するQuantum Groupはアフリカ投資で最も魅力的なのはボツワナだと発表しました。
南アフリカは4位です。
昔はアフリカで投資先って言ったら、南アフリカかエジプトかぐらいだった気がするんですけど、ボツワナなんだぁ。
同調査によると2位はモロッコで、3位はエジプトです。

ボツワナは南アフリカの隣と言うか上にある国です。
調査の中身を見るとCredit Ratingが高いですね。
リスクが少ないとみられていますね。
ただ、為替レートは余り高い評価ではありませんが。

南アフリカは実質の成長率で高い評価を得ています。
ただ、対外債務が低いスコアになってます。
借金が多すぎるって事ですね。。。

さて、今日の市場の方はドル円が109円40銭まで上がってきました。
110円見に来るまで、もう少しかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ元財務大臣も起訴の検討に

南アフリカ元財務大臣も起訴の検討に


鳥取の地震、大きかったみたいですけども、最近は西の方の地震が目立ちますね。
東北もあったし、九州もあったし、そろそろ首都圏も?
うーん、怖い~
日本列島、結構揺れますね。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

今日の南アフリカは、組織犯罪や汚職を扱うHAWKSが元財務大臣のManuel氏を起訴することを考えてると言った話が出ています。
HAWKSってのは、南アフリカの格下げを押したい組織なんですかねぇ。
Manuel氏も南アフリカの財政をしっかりと握っていた人で市場からの信任が非常に厚かった人です。

この二人を市場は信用したからこそ大きなお金が南アフリカに投資されてるんですが、経済とか考えずにZuma大統領の腰ぎんちゃくしてる感じかなぁ。
まぁ、Zuma大統領が作った組織なので、そもそもがねって感じはします。

マニュエル氏は何も悪い事はしていない。
かかってこいと相当に強気です。
HAWKSもこのままスゴスゴと退散って訳にはいかないのかもなぁ。
勝ち目は余りない気がしますが。

世界情勢はまずはアメリカの大統領選ですかね。
クリントン氏が勝ちそうです。
さすがにトランプはもう無理でしょ。

トランプ氏も苦しそうです。
ブーイングまでおきる大統領候補ってあんまりいない。

トランプ氏はお金も無さそうですので、クリントンをひっくり返すのは相当厳しいでしょう。
日本にとっても良かったかな。

今日は帰りも遅かったので、もう眠い。。。
夕方から忙しくなるんだな、最近。
おやすみなさい~

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張