南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 500万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
南アフリカ貿易収支まぁまぁ

南アフリカ貿易収支まぁまぁ


会社の帰り、自転車乗って1分後から雨が降り出し3分後には土砂降りで思いっきり濡れました。
傘さしながら自転車乗ったので上着は袖口だけでしたが、ズボンがビシャビシャ。
家着いてから、アイロンで強制的に乾燥させました。
煙出た(笑)。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカの注目の指数である貿易収支が出てきました。
4月の貿易赤字額は25.1億ランドとなり、3月の900万ランドの赤字よりは悪い結果です。
ただし、予想は50億ランドの赤字でしたので、予想よりは良い結果です。

2015年1月から4月までの赤字総額は358億ランドであり、2014年の398億ランドよりよい状況です。
ランド安も2014年よりは進んでいますので、去年よりはいい状況が続くんじゃないかなぁと思ったりします。

ランドはレンジ内ですね。
下の方(上の方かな。。。)の節目に来ています。
アメリカの株価がガタガタするとちょっと下落しちゃいそう。

さて、日経平均、だいぶ上がってきて10連騰とかしてきましたが、そろそろ上がれなくなってきたんじゃないかと思います。
今日は出来高が割と高かったんですけど、若干の下落。
一回、押さないとじゃないかなぁ。

ドル円もガンガン円安って流れじゃないと思っています。
と言う所でコール売ったりして、ポジショントーク(笑)。

口永良部島の火山、スゴイですね。
画像が一瞬乱れてる所がありましたが、あれ衝撃波かなぁ。
3.11以来、全国的に地震が活発化してる気がしますね。

御嶽山もそうだし、西之島まだ大きくなってるみたいだし。
先週の地震警報も怖かったし。
火山爆発に囲まれちゃってますよねぇ。
嫌だなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FIFA賄賂と南アフリカワールドカップ

FIFA賄賂と南アフリカワールドカップ


FIFAの賄賂の話が出てますね。
南アフリカ大会で12億円とか。
アフリカで賄賂なんて当たり前ではなかろうかと。。。
フィリピンも酷いらしいですけどね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今回のFIFAの賄賂の話ですが、まぁなるべくしてなってるように思います。
5期目の再選確実とされているブラッター会長の独裁阻止でしょう。

絶対的な権力は絶対に腐敗するって言いますからね。
4期もやれば十分腐るに決まってるような特権階級です。
世界中が欲しい世界最大のスポーツの大会です。
FIFAの委員はどこに行っても国を挙げての超好待遇を受けるそうです。
おかしくなるに決まってるんですよね。

相当に政治的な逮捕と言えるでしょう。
FIFA会長選前のタイミングですからね。
当局の意図は明らかですし、プラティニがリークしたんじゃないかと思ってしまうぐらい、政治的な意味合いが強いと思うな。

Financial Timesでは、カメロン英首相はブラッター会長の辞任を求めていますが、ロシアのプーチン大統領はブラッター会長の支持をしていると報じています。
おいおい、ロシアマネーまで絡むんか、この話って感じです。
まぁ黒い。

いずれにしても、サッカー界の上層部を相当揺るがす話です。
もうちょっと面白い展開がありそうですね。(笑)

FIFAの賄賂の件は南アフリカでも報道されています。
2010年のワールドカップで南アフリカ財務省からの支払いは出来なかったため、FIFAから南アフリカへの開催資金のうち1000万ドルが控除されたそうです。

南アフリカはワールドカップにて14対10でモロッコに勝っていますが、賄賂を受けたとされる3人がモロッコに投票すると13対11で負けてた事になるそうです。
うへ。。。

モロッコであれ、南アフリカであれ賄賂は絡んでいたんでしょう。
FIFAの体質の問題ですからねぇ。

ブラッター会長、引退しないならば体質は改善しないでしょう。
引退すべきでしょうね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカ中銀、利上げを示唆

南アフリカ中銀、利上げを示唆


暑くなってきましたかねぇ。
夜はさむいので微妙なんですけど。
体調、気を付けましょう。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカ中銀は金利引き上げのサイクルに入ったと述べています。
つまり、これから金利を引き上げるぞって暗に示しています。

南アフリカ中銀は予想として今後のインフレ率が6%の上限に達する可能性が出てきているとしています。
この見通しの悪化が金利引き上げを誘因しているのですが、見通しが悪化している所が問題です。

来年の第一四半期におけるインフレ率は6.8%とみられており、一時的なものとはされていますが、高すぎるレベルです。
インフレ悪化は当然ながら金利引き上げを早めるため、今回の発言はその準備でしょうかね。
年内に一発はありそうな感じかなぁ。

さて、ドル円124円近くまで来ました。
日経平均もアゲアゲ。
強い強い。
もうちょっとペース落としてほしいんだけどなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカGDP伸び率減速

南アフリカGDP伸び率減速


ウッチーショックが日本を駆け巡ってるみたいですね。(笑)
そりゃー、日本代表のサッカー選手であれだけのルックスじゃぁ下手な芸能人より圧倒的にモテルでしょ。
うらやましーのー。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

先週の発表予定だった南アフリカ第一四半期のGDPが出てきました。
2014年第四四半期からの伸び率は年率1.3%となり、2014年第四四半期での4.1%成長から大幅下落です。

またエコノミストの予測中央値は1.9%の伸びでした。
予想から見ても悪い結果です。

内訳としては、鉱山が10.2%の伸びており貢献度は高くなっています。
ストライキが落ち着いていたってのは大きいでしょうね。

今後ですが景況感などから数か月は弱いと見られています。
数か月で済んでくれればいいですけどねぇ。

また、南アフリカの失業率も出ています。
26.4%の失業率で、前四半期の24.3%から悪化です。

15歳から64歳までの職業年齢は南アフリカには3580万人おり、1550万人が雇用されている状況で、550万人が非雇用です。
その他、1480万人が労働市場に参加していない人たちとされています。
仕事に就くだけのスキルがなくて働くのをあきらめた人たちも、入っています。

にしても、相変わらず失業率高いですね。
人口の増加に仕事が追い付いていない。

今日はギリシャ情勢、ギリシャ国内で少し進展が見られたようです。
国内の強硬派がチプラス首相の支持をすることになったようです。
チプラス首相が率いる極左のSyrizaの中でも現実的に考える派と緊縮策反対派の間でかなり深い対立があるようです。

ただ、ギリシャ国内の話と対立するIMFやEUとの話は別です。
時間がないので、そろそろ最終交渉でしょう。

ドル円、スゴイ跳ねてますねぇ。
123円だ。
122円当たりのオプションが吹っ飛んだんでしょうかね。

ちょっと、テクニカルな動きしてますので、今週中に一回は下がるんじゃないかと思いたいです。
122円前半までは下がるんじゃないかなぁ。
そこから先どう上がるかですかね。


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

OECDのアフリカ成長レポート

OECDのアフリカ成長レポート


東京の地震、結構強かったですね。
あんまり揺れなかったんですが、警報が鳴ったのが怖かったです。
嫌な音なんですよねぇ、あれ。
3.11のトラウマを呼び起こされる。。。
どんな警報でもそうでしょうけど。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

アフリカ大陸全体の経済成長率に関するレポートがOECDとアフリカ開発銀行と国連から出てきました。
それによると2015年は4.5%の伸びとされており、来年2016年は5%となると見込まれています。

現状、コモディティ価格は原油を中心として大きく下げていまして、コモディティが輸出のメインとなっているアフリカには向かい風です。
これについて、レポートはアフリカ大陸はコモディティ価格の下落の割には比較的抵抗力があるとしています。

今回の予想の4.5%の伸びは前回予想の5.7%から見ると大幅下落です。
それにもかかわらず、まずまずの評価を出していると見られており、やはり人口増が成長を押し上げており、中国やインドと同じような成長のプロセスは期待できるためです。

中国やインドとの違いは1つの国家ではなく、50もの国家があるためで、単純に中国やインドと同じと言う訳にはいきません。
今年だけで2300万人もの若者がアフリカでは労働市場に入ってきます。
スゴイですね、日本の人口の2割近い。

2012年の15歳から65歳までの日本の労働人口は6628万人です。
その3分の1強が1年だけで入ってきてしまいます。

それだけの仕事を増やせるのかどうかって話はありますよね。
市場も大きくなるので、当然ながら相応に仕事は増える訳ですが、政策がものを言うかとは思います。
市場開放や資源に頼った経済を改革できるか。
既得権益も絡むので簡単ではないでしょう。
それでも、OECDは4.5%と言ってるので、政策がもっと良ければ、大きく羽ばたく可能性はありますね。

さて、ギリシャ、やっぱり6月にデフォルトっぽいですねぇ。
6月の5日から19日にかけてIMFへの支払いが4回あります。
どこでダメになるかは不明みたいですが、外部からのお金が入ってこなければ、確実に払えない状況です。
あと2週間ですかね。
これから、少しバタバタしそうですね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

ランケンのDVD発売!

ランケンのDVD発売!


アメリカに留学してた時の友人と3人で朝まで遊んできました。
1人は世界的な大企業でスイスへ栄転、もう1人は自分で興した会社で上場を狙ってるそうです。
2人とも凄い!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

で、ランケンはと言うと、昨日オプションのDVDが発売です!
なんか、2人と比べると明らかに格下です(爆)。
ま、あの2人相手なのでそれはしょうがないと言うもの。

卒業した時には学位はランケンが一歩出てたはずなんだけどなぁ。
そもそも、目指してたものが違うってのもあるんですけど、野心を持ってリスクを取ってきた優秀な2人にひっくり返されるのはしょうがないと言うものですかねぇ。

優秀でしっかりとした戦略と実行力と努力を伴ってリスクを取っていく人には勝てませんわ。
相変わらず刺激的な2人でした。

さて、ランケンのDVDはオプションのケーススタディです。
こないだ3月に東京ドームでやった投資戦略フェアのものですね。
ドームには300人前後来て頂いたんですけど、東京の人しかなかなか来られないのでDVDで見ていただけるようになっています。

当日は300人前にしてだいぶ緊張してました。
ちゃんと喋れなかったなぁと思ってたんですけど、DVD見たら意外とちゃんと話してますね。(笑)
プレゼントしては許されるレベルでしょうかね。
(どーでもいいような気もしますがトレーダーの人って概してプレゼン下手ですよね、あれビジネスやってる人との差だなぁって感じたことあります。トレーダーが潰しのきかない商売である理由の1つだと思ってます。)

内容はグリークスの考え方をケーススタディで勉強出来るようにしています。
オプションは多少はやったことあるけども、敷居の高いグリークスを勉強出来るといいかなぁと。
グリークス分かると、デルタヘッジが出来るようになります。
なので相場がどっちに行っても勝てる可能性が高まるように出来るなど戦略の幅が劇的に広がるんですよね。

そう言ったグリークスのケーススタディとかってあんまり本になってるの見たことないので、作ってやってみたものです。
自分が数年前にこんなのないかなぁって探してもなかったので、作ってみた次第です。

ケースは以下の4つです。

ネイキッドのコール売り
ショートストラングル
スキュー
ロングストラドル

OptionDVD.jpg


せっかくのケーススタディなので、ランケンがやってしまった最悪のトレードも出しました。
これをやると死にますってのが出ています。
追証、結構かかりましたからね。(爆)

まぁ、失敗も通らないといけない貴重な経験でしょう。
いい所ばっかり見せてるトレードなんて役に立たないし。
特にオプションは破産しかねないですしね。(ってか、破産すら許されない世界ですけどね。。。)
ちゃんと勉強してからやってくださいね。(やらないと分からないのがこの世界でもあるですけどね。。。)


ランケンのオプションDVD申し込みはコチラ!!!


しっかし、こんなマニアなDVD誰が買うんだろうと思わなくもないですねぇ。
どう考えても爆発的に売れるとは思えん(笑)。

オプション分かるとボラティリティーが見えるので市場の恐怖の大きさがよく分かったりしますし、スキューを見ると市場がどちらにリスクを感じてるかもわかります。
その辺は勉強できるのはいいとは思うし有利になるかとは思うんですけど、オプションやってる人どれだけいるのって言われるとねぇ(笑)。
まぁでもスキューのボラティリティートレードの説明がされた資料ってそうはないはず。

このDVD出して、どれだけランケンに印税入るんだろうって冷静に考えてみたら全然入らないことが分かった(爆)。
面白いからやってるだけなので、DVDで金儲けしようとしてるとかって、いじめないでね(笑)。
どう考えても、トレード数回分ぐらいしか儲からんわ(爆)。

良ろしければどうぞ!

昨日は最初に書いた留学時代の友人にポーカーを習いました。
テキサスホールデムって奴で世界的に人気だそうです。
極めて心理戦。

かなりトレードに近いですね。
いかに損を切って勝負をどこでするか。

トレーダーにポーカー好きが多いってのもよく分かりました。
かなり面白かったです。
これ以上バクチにはまりたくない気もしますが、また時間あれば書きますねぇ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

ギリシャ、次の借金はなさそう

ギリシャ、次の借金はなさそう


明日はアメリカに留学してた時の友人がシンガポールから帰国するので同窓会です。
3人しかいないんですけど、濃密な時間を過ごした思い出があってスゴイ楽しみにしてます。
5年ぶりぐらいじゃないかなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

ギリシャ問題、いよいよ瀬戸際ですかね。
ギリシャはユーロ圏に対して、公務員の支払いと年金の支払いを優先すると言ってます。
場合によっては(と言うかかなりの確率で)6月5日のIMFへの支払いが一部されない事になりそうです。

6月5日の返済額は15億ユーロ。
2000億円ぐらいでしょうかね。
無理だろうなぁ。

当然ながらIMFは怒っていまして、厳しい線引きをしています。
IMFがお金を出さない場合、EUもお金を出さないとしており、72億ユーロの救済金はゼロになりそうです。
IMFが一番ギリシャに対して厳しく出てるっぽいですね。

ドイツはドイツでIMFが出さないのに、これからいつまで救済しないといけないか分からないギリシャにどこまで金を出すんだって国内から突き上げられているようで、メルケル首相も厳しく出ざるを得ないようです。

メルケル首相は基本的にはギリシャのユーロ圏からのExitには反対しているんですが、そろそろ限界かもしれませんね。
IMFなしではギリシャをユーロ圏にいさせ続けることは出来ないとまで言ってるそうです。

何日か前の橋下市長じゃないですけど、論理よりも感情で交渉が行われているようにしか見えません。
マジョリティが感情で動いたとき、政治家は基本的に無力なのかもしれませんね。
だからこそ、戦争が起きてしまうのかも。。。

傍から見るとギリシャは最も愚かなチョイスをしているように見えます。
チプラス首相は単なるポピュリストで終わってしまうかな。
国家のトップがそんなことやっていていいんだろうか。。。

6月5日まであと2週間。
ギリシャはお金を借りれないとしたらどうなるか。
デフォルトだなぁ。

世界中のどこもお金を貸してくれない状態では、国外からの物資が入ってこなくなります。
輸出入は壊滅的な状況になるかも。

まず政府と取引している民間会社が次々と潰れ、潰れた所と取引している会社も潰れと連鎖倒産だろうなぁ。
それでも、ユーロに残らざるを得ないのは借金がユーロ建てだからなんですけど、それは輸入の強化が出来ず、不景気が長引く事を意味します。

ギリシャ国民は強い不満を持つでしょう。
そこで、ユーロに居続ける意味があるかって話ですよね。
ユーロに居続けるかどうかならいいんですけど、変な方向に進まないといいですけどね。

さて、ユロドル、めちゃ際どい所にいますねぇ。
株価は上がってます。
そこまで怖くはなさそうです。

ギリシャがどうなろうと知ったこっちゃないと(笑)。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカ政策金利据え置き

南アフリカ政策金利据え置き


昨夜の東京の雷凄かったですねぇ。
2回ぐらい夜中に目が覚めました。
爆撃機でも飛んできたのかと思いました。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカの政策金利は予想通り据え置きです。
金利は5.75%。

南アフリカ中銀のインフレの見通しは2015年は4.9%となるとみています。
十分低いですね。
賃金上昇がリスクとして懸念されていたのですが、こちらも公的セクターは低めに妥結されていますので、南アフリカ中銀は安心材料となっているようです。

ドルランド若干動いてますが、基本変わっていません。
どっちかと言うとやや高値圏での推移です。

チャート見てる限りは、もうちょっとしたらどっちかに抜けそうですけどね。
綺麗なトライアングルです。
上に来てもいい気もしますが、下に行っちゃうと12.5ぐらいまで下落しちゃいそう。
動いた方に付いていくかって感じですねぇ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカインフレ率と今週の南ア金融政策の行方

南アフリカインフレ率と今週の南ア金融政策の行方


今日は会社の研修がありました。
あんまり面白くなかったなぁ。
会社の研修って受けるたびにモチベーション下がってしまう。
ランケンスクールの方が面白いな絶対。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカのインフレ率が発表になっています。
4月は年率4.5%となり3月の4%から上昇しています。
予想では4.6%でしたので、ほぼ予想通りと言えるでしょう。

今週の水曜日木曜日は南アフリカ金融政策決定会合が行われるのですが、今回のインフレ率を受けて金利は据え置かれるとみられています。
まぁ、そうでしょうね。
十分低いと言えると思います。

南アフリカでは当初年後半に金利引き上げがされると予想されていましたが、現状を鑑みると年内はこのまま据え置きの公算が強いとされています。
原油価格も今後上がることが想定されており、インフレ率の上昇リスクは高いとされそうです。

今のところは十分低いんでいいんですけどねぇ。
これが正常だといいんですが、そうじゃないのは明らかかな。

さて市場の方はユーロが下がってますねぇ。
昨日ドルが上がってるって書きましたが、その流れが今日も続いています。
この1.09を割り込むようだと、また分からなくなりますが、ここで跳ね返して上昇するようだと割と本格的な戻りに入るんでしょうかね。

分かりやすいチャートリーディングとしてはそれだな。
ドル円も121円を久しぶりにつけてきた。
こちらもレンジを抜けるにはもうちょい。

注目は日経平均です。
高値を更新出来るかどうか。
トヨタ株の含み益結構出てるんですけどね。

トヨタ売って原油にしようかと思ってたりもしたんですが、もうちょっと様子見にします。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカの失業率発表、一週間延期

南アフリカの失業率発表、一週間延期


昨日のエントリー、読者さんがコメントくれてまして、政治は感情だって教えてくださいました。
そーかもなぁ。
感情で国の制度を決めるのもどうかと思うけど、それが実際なんでしょう。
感情がドライバーなんだなぁと分かった気がします。
橋下さんは色々な意味で感情がつきまとう感じの政策でしたが、最後は感情的になりにくい政策だったかも。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

ムーディーズが南アフリカの格下げは当面なさそうだとの談話を出しています。
他の新興国が悪いので、それに比べればある程度は力強いと述べており、格付けの大きな変更はないだろうとの事です。

ただし、財政の規律はしっかり守らないとすぐに格下げとも言っています。
そのため、政治家の動きはかなり注視しているそうです。
まぁ、とりあえずは安心ですね。

今日は南アフリカは失業率が出てくる予定だったのですが、リリースされませんでした。。。
重要な一数の発表をミスるなんて何やってるんだか。。。
一週間遅らせて26日発表だそうです。

ゴールドとシルバーがちょっと強いかなと思ってたんですが、今日は急落してますね。
ユーロも下落。
ドル円もドル勝ち。
ドルが強いですね。

まだドル高が続くんだろうか。
ちょっと注目したいです。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張