南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
IMFの通貨SDRって実は仮想通貨じゃないの?いえ本物のお金です

IMFの通貨SDRって実は仮想通貨じゃないの?いえ本物のお金です


確定申告やらランケンスクールやらで、やる事たくさんです。
確定申告、年に一回なので毎年やり方を忘れて苦労してます。

でも、最近のクラウドのソフトはありがたいですね。
税理士がいなくても決算書がわずかなお金で自分で作れちゃうし、銀行口座から勝手にデータ取ってきてくれたり、スマホのデータアップロードしたら結構出来ちゃう。
ランケンスクールみたいな月に2回しか営業していないスクールには大変助かります。
だって、売上少ないにも関わらず、決算書つくる事は企業規模に関係なく労力がいる訳ですから、コストを抑えられるのは助かります。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

昨日のランケン経済英語スクールに、世界銀行の元職員で某有名大学の教授が見に来ました。
NHKに出た事がある人ですので、1コマ目のクラスにいた方はちょっとラッキーだったと思いますよ。

元々は受講生さんのお一人が中国の元は将来的に基軸通貨になるんでしょうか?って質問から始まりました。
これは将来の事ですし、そもそも中国が基軸通貨にどこまで本気にしたいかって話が政治的にありまして、答えのない世界ではあるのですが、教授が質問を気に入って説明してくれました。

まず、基軸通貨が米ドルになったのはアメリカの思惑が強く影響しています。
歴史的にはIMFが出してる通貨のSDR(Special Drawing Right)のような形が提案されていたそうですが、アメリカが政治的にドルを採用させました。
これにより、アメリカはエネルギーを為替リスクない形で手に入れられますし、アメリカの借金も容易になるなど大きなメリットがあります。

SDRなんて我々の生活では全く関係ないのですが、経済の大きな流れの中では見えない所ですごく活用されています。
例えば、IMFはSDR建てで援助国にお金を本当に出してるんだそうで、為替レートもあります。
引き出すときはこの為替レートを使ってドルにしたりユーロにしたりするそうです。

つまり、世界共通の通貨としてSDRは国家レベルで活用されています。
Special Drawing Rightって位ですから、お金を引き出す権利なんです。
なるほどなぁって思いました。
まぁ、でもこの通貨、世界銀行とかIMFとか国連とかの国家を超えたレベルじゃないと目に触れることはありませんね。

この辺の話はなかなか聞けないので、あれだけでも昨日のクラスは十分高い価値があったかなと思いましたし、ランケンも勉強になりました。
教授には御礼申し上げます。

今、思ったんですけど、ビットコインって流行らそうとしてる詐欺集団がいっぱいいるじゃないですか。
IMFが出してるSDRこそ元祖仮想通貨かなぁと。
違うか、本物の通貨だから仮想通貨って言ったら教授に怒られるな。

でも、紙幣が存在してる訳ではなくてコンピューター上の数字って意味では仮想っぽい。
仮想通貨なんて昔からあるっちゃあるんですよね。
別に珍しい話じゃなくて、単に流行らそうって人がいるだけか。
SDR流行らせても、個人レベルで扱えない以上は流行りようがないですしねぇw

なんて事を考えると通貨ってなんでしょうね?って疑問にぶち当たりませんか?
お金って何でしょう?

昨日、教授はちらっと言っていたのは金との兌換性って奴が本質的な価値なんでしょうけども、それも形骸化してる今、お金とは何か?
モノやサービスを受ける権利って所かな。
ただ、そうだとしたらデパートが出してるデパート商品券もお金な訳だし、マクドナルドの割引券だってお金になっちゃいます。
もっと身近な所で言えばTカードとかポンタとか。

そんなの発行し放題ですよね。
ドルや円などのどう見てもお金であるものと、IMFのSDR、商品券とビットコインの違いは何でしょうか?
深いなぁ。

ところで、そもそも、なんでそんなエライ教授が小さな英語スクールに来るのかって?
実はランケンの親戚です(笑)。
異常なエリート家系でして。。。

でも笑っちゃうのが、昨日の午前中はランケンが教授に講義してあげてて、ランケンはスクールが終わった後に師匠に面白い事を教えてもらったりしてました。
何が笑っちゃうのかって?
師匠、学歴とかない人で、腕一本で生きてる人です。
昨日の図式は師匠がランケンに物事を教えてて、ランケンが元国際公務員の教授に物事を教えてると言う形。

完全に下剋上www
肩書きなんて関係ない世界は面白いですね。
師匠、ありがとうございますー!

さて、もう2月も終わりです。
恒例のランケンスクール懇親会は3月25日です。
詳細はまた別途来週ぐらいに告知いたしますが、受講生の皆様は先行予約で、いつもの予約ページにて入れて頂ければと思います。
7時30分から新宿で5000円でーす。
よろしくお願いします。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの土地収用政策

南アフリカの土地収用政策


今日は目がかゆい気がしました。
花粉ですよね、きっと。。。
明日、ランケンスクールなのになぁ。
目がショボショボしてたらごめんなさいー。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

東芝が切り返してきてますね。225円ぐらい。
まぁ、でもこれはまだ売りチャートですな。
やらないけどw

今日のランドは若干戻しています。
8,65円。
こっちはまだ買いチャートですね。

高値更新で安値切り上げてるチャートなんて、なかなか売れない。
とは言え、何かあったら強烈に下げる通貨なので、あまり深入りしない方がいいと思います。
なんか、最近不気味なぐらい調子いいですからねぇ。

南アフリカの大統領Zuma氏は土地の強制収用の法律を通すと述べています。
しかも土地オーナーに無償としています。

現在、土地の多くは白人が未だに持っています。
土地改革です。
あんまり大きなニュースになってる感じもしないのですが、結構な話だと思うんだけどなぁ。

もちろん、簡単にはいかないと思います。
なかなか貧富の差が埋まらないので、かなり劇的にやる事を選ぶ感じでしょう。
今の時代に沿ってるとは思わないけども。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ランド上抜けか?

ランド上抜けか?


銀行口座で数千万円寝かしてるのがあるんですが、金利がついてました。
55円。。。
おい。。。ふざけんなよ。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ランドがキレイに上昇しています。
ドルランド12.81ポイント。
ランド円は8.8円まで上昇です。
やっぱり押し目買いでしたね。

チャートが青天井になったかも。
ここ2年で節目がない。
12.5ポイントまでは来てもいいと思うけどなぁ。
9円が射程圏内ですかねぇ。

一方でドル円がイマイチですね。
なんかチャート汚いなぁ。
ランドの方がキレイってのもなんだかね。

今日は生産者物価指数が出ています。
5.9%。
予想が6.9%だったので、だいぶ良い結果とされています。

生産者レベルでのインフレがこの程度ならば消費者レベルでのインフレの懸念が少し和らぎます。
厳しい干ばつで苦しんでた部分があって、需要に対して供給が出来なく成長率が低い割には高めのインフレだったのですが、この問題が少し解決してきたようです。

イギリスのバークレーズが南アフリカの大手銀行ABSAの株価を売ると述べています。
現在の保有率が62.3%ですが50%を割るようですのでだいぶ支配権が小さくなる感じです。
もう少し成長率の高い所に投資したいんでしょね。
分からなくもないか。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの増税発表

南アフリカの増税発表


NHKが死亡した人から受信料を取っていたとの話が文春で出されるとの話が出ています。
いつも思うんですけど、NHKってフェアじゃないですよね。
平均年収が1000万円超えてて、公務員並みの扱いを受けてるって何だろう。
お金あり過ぎるんだよな。

民間なら不買される等で強制力のある反対意見が通るのにNHKはせいぜいコメントが届くぐらいしかなくて、受信料はほぼ税金となってるし、フェアじゃない。
せめて電気水道みたいに視聴量に応じた徴収方式に変えるべきじゃないかと。
出来るに決まってるのに。

でも、税金にしておいた方が彼らにとってはいいですよね。
視聴率なんて気にしなくていいんですから。
どんなにそんなのをNHKに言ったってスルーされるだけ。
都合の悪い事は握りつぶせるし、こういうのがNHKに強制的に届かないのが気に入らない。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

今日の南アフリカの予算演説がちょうどやられています。
Gordhan財務大臣の英語、聞きやすい。

南アフリカでは今日、所得税の増税が発表されています。
150万ランドを超える所得がある人には最高税率の45%が課される事が発表されています。
日本円で1200万円ぐらいでしょうか。
今までは41%が最高税率だったので、税率を引き上げる形になります。

南アフリカも累進課税ですので、150万ランド全てに対して45%って訳ではありませんが、所得が多くなればなるほど半分近く持ってかれるってのはどこの国も似たようなものですね。
日本では4000万円を超えると45%ですね。

南アフリカで150万ランド以上の所得がある人は10万人いるとされており、44億ランドの税収が見込まれています。
その他の所得税増税で165億ランドが入り、所得税以外も含めると280億ランドとなるそうです。

2400億円程度の税収増ですか。
なんか、これ見ると東芝のぶっ飛び方のサイズが如何に大きいかとか思っちゃいます。

ランドはあまり動かないですね。
想定内って所でしょうか。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



Gordhan財務大臣の発言でランド下落

Gordhan財務大臣の発言でランド下落


昨日のエントリーで台湾からの訪日観光客が人口比でスゴイなんてな事を書いてました。
今日のニュースで楽天の社員が覚せい剤密輸を台湾からしてて、台湾への渡航数が140回なんて出てました。
え?そういう事?なんて思っちゃいますね。

にしても、日本人かよ密輸してるのは。。。
当たり前か。
外国人じゃ持ち込んでも売りにくいですものね。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカでは、Gordhan財務大臣が自分は代えのきかない人間ではないと言った発言があり、ランドがちょっと落ちました。
Zuma大統領に人事でやられると覚悟したって事かもしれません。

とは言え、ランドの下落は全然大したことがなくて13ポイントだったのが13.15ポイントになった程度。
その発言に反応して動いたのはあるんでしょうが、前みたいにヤバい感じはしません。
完全に調整のレベル。

ドル円がまた円安気味になりそうな形になってきましたかねぇ。
2月初旬の111円台がやっぱり円高の直近安値になったようです。

日経先物はまたレンジの上側に近づいてきました。
なんかダイナミックヘッジで下で買って上で売るだけの簡単なお仕事になってる。
19600円ぐらいつけてくれると嬉しいんだけどなぁ。

でも、ダイナミックヘッジだけだと負けちゃうと思われるので適当にコールのレシオも入れてみました。
20000円は簡単には超えられないと思うんですよね。
って、書いてて自信がイマイチ無くなってきた。。。
ホントか?って問う自分がどっかにいる。。。

アメリカの方は、SP500のオプションをプット側でバーティカルスプレッド。
ほとんど何もしてないですが、利益になってくると言うありがたさ。
たいした額じゃないんですがね。

どこまで上げるんでしょうかねぇ。
下げた時に捕まるんだろうなぁ。
高値を追っかけてるのでついていくしかないかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの観光客増加とか増税とか

南アフリカの観光客増加とか増税とか


暖かいんだか寒いんだかよく分かりませんね。
何着たらいいのか分からんなと思ってたら、新人の女の子が椅子でコートはおってました。
それは違うんじゃないかなと。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

今日の東芝は小動きでした。
売り禁出てませんでしたっけ?
売り禁出てて、上がらないとなると弱気なんでしょうねぇ。
まぁ、ファンダ的にもチャート的にも弱すぎて買えないわなぁ。

南アフリカへの観光客が2016年は13%増加したそうです。
観光客の数は1000万人を超えており、2015年と比べて100万人以上増えています。

凄いなぁと思ったんですが、日本への外人観光客、年率21.8%で伸びてました。
日本のがスゴイわ。
昨年1年で訪日した外国人は2400万人で2015年と1974万人と比べて大幅増です。
8割がたアジアから来てますね。
韓国、中国、台湾がビッグ3な感じで、この3か国だけで6割です。

2012年が835万人で、わずか4年で3倍近い。
台湾なんて人口2350万人しかいないのに、日本への観光客416万人ってどーいう事???
どうりで外人が増えたなって思う訳ですわ。
南アフリカは日本を見習ってもいいぐらいかもです。

南アフリカに戻りますと、観光産業は南アフリカの大事な産業の1つです。
イギリス人が多くて45万人弱。
なんか日本の数字見ると物足りないなぁと思わなくもない。
やっぱり遠いんでしょうかねぇ。

今週は水曜日に南アフリカ財務大臣による増税の発表があります。
どうも所得税が上がるようですが、率がどれだけ上がるかが注目です。

ランドも動くかもですね。
チャート的には押し目買いな感じですが。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



東芝の粉飾の本レビュー

東芝の粉飾の本レビュー


金正男の殺害実行犯はやっぱり北朝鮮のスパイではなかったみたいですね。
なんか簡単に捕まるなぁと思ってそんなにマヌケじゃなかろうと考えてましたが、その通りでした。
もちろん北朝鮮のスパイが裏で糸を引いてるのは間違いないでしょう。
うまくやったんでしょうね、彼らから見れば。

にしても金賢姫なんて、スッゴイ久しぶりに見た。
懐かしい~とか思っちゃいました(笑)。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

この週末に東芝関連の大きなニュースがまた出てくるかもしれないとか思ってたんですが、出てこなかったですね。
銀行は支援する事にして破たんは避けられたと言う事で間違いないって事でしょう。
銀行もシンドイだろうなぁ、債務超過で粉飾してて数字が正しいかどうか分からない会社の支援なんて。

とは言え、腐ってもタイなのかな。
世界の原発産業のためにも、潰せない会社の1つって事を意味する気もします。
雇用や経済のためにも潰れてしまえって訳には簡単には行かない。

今日は1日、東芝の本を読んでました。
アマゾンでも売れまくってるようですが、日経ビジネスが東芝社員から内部暴露を同社HPで募って800人の暴露と同社の取材を元に書かれた本でスゴイ本でした。

読んでてずっと思ってたのはランケンが去年800万円やられた詐欺と重なる所が多い点です。
ランケンがやられた詐欺も粉飾を十数年に渡って投資家を集めていて結果として2000人以上の被害者を出したものなのですが、東芝も粉飾を続けて更に悪くなってる状況が良く分かりました。

詐欺が個人的な経験としてあるので非常に腹立たしい部分もありながらも、日本や世界の経済を担うサラリーマンとして、雇用を守る事や過剰な競争、東日本大震災やリーマンショックも背景にありつつでして、読んでて実にツライ。
暗澹たる思いとはこういう事かって感じな本です。

あとねぇ、経営者ってのはトレーダーと近い部分があるんだなと思った。
アメリカなんかと違って、日本では雇用を民間企業が責任を持ってたりしますので難しいのでしょうが、事業の損切りが大事だったんでしょうね。
これが東芝は下手ですねぇ。

ランケンのトレードもあまり人の事言えなかったりしますけども、なんでもっと早く切らなかったんだろうと思いました。
東芝の原発は政治も絡むので更に難しいんでしょう。
今日この時点で、この期に及んでも原発を切れない状況に陥っちゃってますが、もう少し早く見切っておくべきだったんだろうなと。

失敗の処理能力って経営者に必要なんじゃないかと感じざるを得ません。
処理できないぐらい東芝の原発失敗は既に大きくなってしまい、債務超過確実になっています。
損切りが下手な野心家にレバレッジのかかる経営させちゃダメよね。

経営陣も相当に苦しかったんでしょう。
かなり不仲だったとか。
この本にもそれが書かれてますし、失敗プロジェクトにいると人間関係がギスギスしてくるので、よく分かります。
これが日本を代表する名門企業だったりするわけですから、背負ってるものが違い過ぎる。

経営者は野心がある位じゃないと務まらないでしょうけども、ウェスティンハウスの買収はムリがあり過ぎた。
それが全社に対しての粉飾をさせる原因となり、現実から程遠い経営計画とそれが達成されない時の減損処理を恐れた更なる粉飾につながった。
読んでて、疲れるレベルでよく書かれています。

また、社外取締役や監査法人も何をしてたんだと思わざるを得ません。
ランケンがぶち当たった詐欺も監査法人が機能してなかったので、監査法人には腹立たしい思いしかありません。
公認会計士なんて偉そうにしてますが、数字を特権で読める立場にいるくせに、読んでないか目をつぶった。

本の中には、これらの第三者機関への情報開示が不十分だったのも書かれているのですが、それを言っちゃぁ存在意義がないと思う。
ってか、数千億円単位の不正が見抜けないなんてのはザルって言うレベルじゃないでしょ。
穴があいてるじゃん。

東芝があり得ない経営計画で押し通せば、それでのれん代を減損しなくてよくなっちゃうなんて言ってたら、何も機能しない。
経営者も数字なめまくってるだけの実態がよく分かります。
ここは完全に経営者の責任だとは思うのですが、東芝を支える重要な支柱なのですから、予想通りに行かないなんて分かり切ってる話ならば、社外取締役が機能すべきだったのかなと。

いずれにしても、東芝の粉飾に対する新日本監査法人の責任は重いと考えます。
って言うか、不正に加担してるとしか思えない。
もっと糾弾されてしかるべきじゃなかろうか。
再発防止とか担当会計士の懲戒処分なんてレベルじゃなくて、会社として解体すべきじゃないかと思ってしまう。
エンロンって会社がアンダーセン無くしたアメリカと比べてだいぶ甘いでしょ、金融庁さん。

東芝の現場の皆様は苦労されてるでしょうし、恐らく多くの人がチャレンジと言う名のもとにやらされて、やってしまった粉飾を後悔してるからこそ、800人もの暴露が日経ビジネスに投稿されたんでしょう。
会計から人事から労務から製品の品質から法律から完全に整合の取れた仕事なんて夢物語だとはサラリーマンとして思います。
程度問題だとは思うのですが、20万人の雇用とかエネルギー産業とかの意義を考えると東芝社員の背負うものは重かったとしか言いようがない。

事業撤退って、もう少し議論すべき話なんでしょう。
日本社会も雇用を守るべしってのは分かるんですが外資だからダメとかってんじゃいけないのかなと。
日本文化の悪さも出てる気がします。

富士フイルムとか結構事業をうまく変えて来てたりするので、必ずしもヘタとも言えないとは思いますが、ランケンが勤めてる会社の事業売却や事業買収のスピードもスゴイものがあって驚かされるんですけども、東芝とか見てると正しかったんだなぁと思ったり。
変化についていくってのは大変ですよね。

是非、読んでみてください。
失敗の勉強は、投資にも役に立つ気がします。

そういえばイチローもそんなの言ってましたね。
失敗しないとうまくならないって。
東芝みたいな失敗を避けるためにも、程ほどに失敗するってのは大事なんでしょう。
生き抜いたものこそが失敗を語れる訳だし、ランケンも無茶苦茶下手打ったののあるけど頑張りますわ~




人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



東芝、WHプットで更に大損

東芝、WHプットで更に大損


東芝、やっぱり200円割れましたねぇ。
意外と時間かかったな。
もっと早く割れると思ってたんですが、ここに至ってはテクニカルで155円の安値目指すのが本筋でしょうか。

半導体の売却が決まったら爆上げしたりするかもしれませんし、土日に何があるか分からないですから怖いですよね。
素人のランケンは手を出しませんが、気になってしょうがないです。
と言う所で、色々と興味深いので今日も東芝。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

東芝がIHIが持つウェスティンハウスの株を買うなんてニュースが出ていますね。
プットオプションの契約を東芝とIHIが結んでいて189億円で東芝が買うとニュースで出ています。

これだけ損失を出しているウェスティンハウスの株を買うなんて訳が分かりませんよね。
ちょっと色々と推測も含めて説明します。

IHIのプットオプションとは、ウェスティンハウスの株を「約束した値段」で売る(反対の東芝から見ると買わされる)権利です。
IHIはこの「売る権利」のオプションを買ってあったので、ウェスティンハウスの株を東芝に売る事が出来る訳です。
「約束した値段」とは何か?
いくらでも契約で決めればいいんですが、今回は購入時の価格みたいです。

難しい?
要するに、IHIはウェスティンハウスに何かあったら東芝がWHの株を買いとれよって約束を、WHの株を購入時にしてたって事です。
IHI、賢かったですね。
危うく189億円の特別損失を計上する所でした。

で、逆に言うと、何でそんな契約を東芝とIHIは予めしておいたかって話になります。
きっと、WHが高すぎたんでしょうね、やっぱり。
IHIも非常識だと思ったんでしょう。

何か臭いものを感じた。
だからプットオプションを主導した東芝に契約を持たせてリスクヘッジしておいたんでしょう。
IHIの経営陣は東芝よりはだいぶ賢いです。

それにしても、ホントにプットは買うものだわ~。
ランケンもプットを持ってて、先物買わされて大損出したりしてましたが、マジであれ痛いです。
最悪の時にひかされるんですよねぇ、プット。(まぁランケンはコールで引かされたのが大きいですけどw)
東芝も、倒産の瀬戸際にいる時に目いっぱいひかされたって事になりますね。

どうでもいいですけど、バットマンの映画の中で、大富豪のブルースウェインがいきなり超貧乏になったりしますが、あれも敵にプットの売りをブルースウェイン口座で大量にされてたからです。
週に何回もプットの取り引きしてるもので、あぁいうのは身に染みて分かる。

今回の東芝もプットまで仕込んでた東芝の経営陣は完全に犯罪だと思うな。
粉飾も悪質ですけども、どんだけヒドイんだ、この経営陣。
無茶苦茶もいい所です。
きっと歴代の社長はここまでやらかしちゃうと逮捕されるだろうなぁ。

ホントは原発関連の官僚も同罪で逮捕してほしい所ですけども、さすがにそこまでは法律で裁けないと思う。
見れば見る程、闇が深い。
東芝の社員さん、気の毒に。。。

去年ボーナスが半分カットされたのに続き、またボーナスカットを労働組合と交渉とかって話も出ています。
もう年に一か月分とかしかなくなるんじゃないかなぁ。

東芝を見てるとギリシャを思い起こしますね。
あそこも公務員のボーナスカットとかやってました。

更にビックリするのが、東芝は新卒採用するのをやめてないなんて言ってます。
誰も応募しないでしょ。。。
ボーナスカットが分かってて潰れるかもしれないのに、若者を取ろうなんて無茶もいい所。。。
現場の30代とかは辞めるだろうから、人は取らないと回らないでしょうけども、すんごい人不足になるでしょうね。

入っても残業に次ぐ残業だろうし、ブラックなのは誰が見ても分かってるし。
チャレンジで人を採れって言うのかなぁ。
人事も大変だろうなぁ。。。

原発の現場、回るんだろうか。
ランケンだったら絶対に辞めるな。
リスク高いのに給料は下がる一方で、将来も暗いじゃやってられないでしょ。
まぁ、原発やってる他社なんて少ないし、そこまで受け入れられないだろうから、簡単に転職って訳にもいかないんでしょうけども。

東芝が潰れなくても人は去っていく気がします。
お金だけ手当しても、経営は成り立たないでしょうね。

一度、ランケンスクールでも東芝やろうかなぁ。
経営と経済は違うとは言え、似てるっちゃ似てる。

さて、日経平均も少し下げてきました。
もう少しガッツリと下げてほしい所ですが、また戻るんだろうなぁ。
ボラティリティー、あんまり上がってないし。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ドルランド13ポイント!

ドルランド13ポイント!


北朝鮮の刺客、3人目が捕まったとのニュース出ています。
結構ボロボロと捕まりますね。
スパイにしちゃマヌケな気が。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ランドが12ポイント台に入ってきました。
ランド円も8.75円ぐらいでしょうか。

ゴールドが割といいチャートなんですよねぇ。
1オンス1240ドルを抜けてきそう。
ランドと一緒に上がってほしい。

さて、東芝は債務超過の状態で3月末を迎えるみたいですね。
3月末までに売らないといけないとなると足元を見られて叩かれて激安で売る羽目になるので、安売りしないためにも賢明な判断でしょう。

その代わりに東証一部から二部へって話ですか。
上場廃止にならないのがスゴイ。

それにしても7000億円の、のれん代って意味不明ですよね。
のれん代の事を英語でGoodwillって言うんだそうです。
Goodwill自体は、好意とか善意とかって意味があるんですが、善意どころじゃなく悪意すら感じる。
Willも意志の意味がありますしね。

元々悪意のある買収だったから、失敗したんでしょうね。
悪意あるのれん代じゃぁ、うまく行きっこないと。

言葉ってよく出来てますよね。
誰がGoodwillってつけたんだろう。

イギリスの新聞のタイトルには下で書かれてました。
メルトダウンとうまくひっかけてますよね。

Toshiba faces nuclear power goodwill cost meltdown.
東芝は原発ののれん代コストによるメルトダウンに直面している

まさに、メルトダウンの様相です。
ただ、日本の誇るフラッシュメモリーの大手なので、終わってほしくはないです。
ダメな経営者だからと言ってダメな社員とは思わない。
優秀な技術陣もいるんですから、買われるは買われるでしょう。
半導体でいつまでも食えるかどうかは分からないので、日本で維持したい所ですが、雇用を守れる形であれば、とりあえず高く引き取ってくれる所でやむを得ないかもしれません。

社員の皆様、頑張ってください。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



世界銀行の南アフリカ成長率予測

世界銀行の南アフリカ成長率予測


金正男、顔になんかかけられて殺されたんですね。
何かけたら人が死ぬんだろう?
ヒ素とか?

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカのインフレ率が1月は6.6%となりました。
南アフリカ中銀の予想通り下がってきたかもしれませんね。
エコノミスト予測の6.7%よりも良い結果となっており、インフレとしてはまずまずです。

また、世界銀行による南アフリカ成長予想も出ています。
今年の成長率は1.1%とされており、かなり低い成長率が予想されています。

世界銀行は民間投資が加速しないと成長率は上がらないとしています。
そのために民間投資が加速出来るような税制を作る事を提言しています。
税制で民間需要を刺激するって事ですね。
是非、Gordhan財務大臣にもっと考えてもらいたいところです。
まぁ、考えていない訳がないとも思いますけども。

ランドは13ポイント付けました。
抜いてきた感じがしないでもない。
ランド円も8.7円まで上がっており、9円が見えて来ています。
がんばれー

さて、東芝が熱いですねぇ。
東芝が気になって仕事の効率がだいぶ落ちましたわ今日は(笑)。
まぁ相場が動くといつもだけど(爆)

株価は200円になりましたが、意外とここら辺が硬いですね。
半導体事業売れば1兆円レベルの金が入ってくるので、株式数で割れば200円の価値にはなるって事と師匠に教えてもらいました。
いつもありがとうございます~。

でも半導体事業売って、残るものを考えると悲観的にならざるを得ません。
155円の安値を取りに行くかどうか。

銀行の支援が一か月出る事になったそうですが、銀行もたまらないでしょうねぇ。
粉飾だらけの会社にお金を数千億円レベルのお金貸してるんですから。
しかも既に債務超過でしょ。
半導体事業があるとはいえ、げんなりでしょう。

なんか東芝の話を知るにつけ、そもそも原発事業も何かを隠すために国策に無理やり乗っかって色々隠したかったんじゃないかなとか思ってしまいます。
東芝っていつから粉飾がまかり通ってたんでしょうね。

半導体の事業も数字正しいのか、投資家も信じられない気がします。
外資に安く売らないとかもですね。
どう売るかって難しいでしょう。
時間はないので、かなり厳しい交渉になりそうです。

笑っちゃうのがエプソン株が今回の東芝の崩壊で値上がりしている点です。
東芝の代わりに日経平均に入るのがエプソンと見られているからなのですが、東芝と比べるとだいぶ規模が小さくなる感じします。
今度は粉飾で困るような事がないといいですな。

ちなみに英語で粉飾の事を下のように言います。

Toshiba had been cooking the books and inventing revenues.

Cookって”料理”って習ってますが、帳簿を”料理する”って感じですかね。
Inventも発明するですが、この場合は利益を”ねつ造する”です。
要は何もない所から作り出す点で発明もねつ造も同じなんでしょう。

受講生さんが喜んでくれたので、皆様にもシェアしておきます。
英語のお勉強ね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張