南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 500万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
英語と忙しさの関係

英語と忙しさの関係


金曜日の夜はいつものトレード仲間と飲みに行き、土曜日の昼間はランケンスクールやって、夜はそのままトレード仲間と別件会議と何をやってるんだかって思う位バタバタしています。
充実していると言えば充実してますが、忙しい。。。

相場なんてやらなくてもいいんでしょうけど、やってしまうし。。。
遊んでいるんだか、仕事してるんだか良く分からないですね。


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今日のCFDステーションのメルマガにも書いたのですが、英語が出来るってのは忙しい状況に陥りやすいです。
結局、仕事の業務の詳しい内容を知りつつ、英語が出来る人って言うと極端に少なくなってしまい、まして英語が出来る人が求められる事は海外を動かすと言う事だったりします。

必然的に色々と分かっていないといけないですし、国内の配下の人間を動かすのだって苦労するのに海外の人間動かすとなると、そこに情報が集中するため、仕事が増えてしまうと言う状況に追いやられます。
結果、やたらと忙しい。。。
しかも、遅延が発生しがちなポジションなので担当している人は、仕事は出来るもののストレスが非常にたまる。

逆に英語が出来ないと海外を動かす事が一切出来なくなるので、その時点で仕事を担当者に頼り切り。
はっきり言って、いなくてもいい存在になります。
とは言え、お客側の人間だと見てなくていいと言う話にはならず、お客側の人間もストレスを抱え込みます。

別に英語に限った話ではなくて、インド人で日本語が出来る人とかもボトルネックになっていたのを見た事があります。
全部の情報が海外との窓口となる人をとおるので、ホントに大変。
やっぱり疲弊しますね。

ランケンの仕事も最近そんな感じなもので、いつも帰りが遅いんです。
さすがにウンザリしてきたので、誰か代わりを探してくれって言ってるんですけど、出てこないんだなぁ。
結果として、代わりがいないもので、ブツブツ言いながら会社の仕事をやってしまうランケンです。
俺ってマジメだよなぁとか思いながら。。。

昨日のランケン経済英語スクールのイントロでも話したんですけど、最近って英語が出来ないとハンデです。
昔はアドバンテージだったんですけど、今はハンデで、英語が出来ないってだけで、仕事が取れにくくなってすらいます。
結局は、日本の人口減に伴う海外との仕事に対する需要が増える一方で、海外と仕事が出来る人の供給は相変わらず少ない。

これって、英語が出来る人から見ても不幸なんですよね。
だって誰も手伝ってくれないんだもの。
仕事がやりきれないと怒られるし。
じゃぁ、アンタやってくれって気持ちになるんだけど、相手が英語が出来ないのが暗黙の了解なので、代わりにやってくれる訳でもない。
こっちもやりきれない。。。

昔、ランケンが留学した時のように授業料も安くは無くて、MBA取ってきたって言う人も減っています。
そういう状況ですので、英語が出来る人は非常に忙しくなる。
雇用する側も場合によっては高いお金を出す必要が出てきますし、その代わりに英語が出来ない人の給料は減らすと言う具合。
人口が増えてる時なら英語が出来ない人の給料を減らさなくてもいいんでしょうけどね。

こうやって、二極化がますます進むんでしょう。
グローバル化と人口減と言う構造がそういう環境を作ってますからねぇ、今は。
どこ行っても忙しいんだろうなと。

たかが英語なんですけどねぇ。
ランケンだって帰国子女でもなんでもないんだから、大学生まではTOEIC400点でしたよ。
海外行ってドキドキしてた事もあったです。
英語なんて別に出来ない事ないと思うんだけどなぁ。

えーと、明日の会社を前にややブルーなランケンでした。
雑談ですみません~

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカのプラチナストライキ解決へ向かうか?

南アフリカのプラチナストライキ解決へ向かうか?


今日は会社の飲み会をパスして、いつものメンバーで飲み会やってました。
会社の人達って、どうも話題が合わない、と言うかツマラナイ。。。
なんででしょうねぇ。
突っ込んだマニアな話が出来ないからかなぁ。
むしろ、バカ話が出来ないからかな。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカのプラチナ鉱山ストライキが少し解決に向けて動き出したようです。
プラチナ鉱山は13週間ものストライキに苦しんでおり、会社側の損失は135億ランドにまで達しているそうです。
1350億円ですね。

組合側は一か月の基本賃金に12500ランドを向こう3年間で要求しており、これは今までの2倍となるそうです。
2倍は要求が高過ぎだべぇ~。

労働者側も既に3ヶ月以上給料をもらえていないそうで、労働者の数は70000人とされています。
しかも、政府に対して7万人の生活を維持するために補助金を出せとまで言ってるようで、もうメチャクチャ。。。

一応は、来週は会社のトップと組合のトップでの話が行われることになっています。
これがうまく行かないとプラチナ価格急伸だな。
ただ、プラチナ価格はここ数日1460ドルから1400ドル割れまで落ちているので、市場としては決着を見る方向で考えているような感じは受けます。

明日はランケン経済英語スクールです。
汐留は明日で最後で来月から虎の門に移転です。
色々な知人を得た場所なので、残念な部分もありますが、まぁ虎の門でも色々な人に会えるかと思うと楽しみです。
虎の門ヒルズに期待かな(笑)。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

Gordhan財務大臣の南アフリカ経済構想問題

Gordhan財務大臣の南アフリカ経済構想問題


暖かいですけど、乾燥してますよねぇ。
のどが痛くなります。
でもコートはいらない感じで気持ちいいです。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカの小売り売り上げの伸びが減速しています。
伸び率が2.2%に2月はなり、3.2%の予測よりもだいぶ下の結果となりました。
相変わらずいい数字が出てこないですね。

今日はGordhan財務大臣がヨハネスブルグ大学で、南アフリカの成長にかんする講演も行っています。
それによると、南アフリカはもっと世界経済と融合しないといけないとしており、より多くの起業家や小規模のビジネスを今後20年で立ち上げる必要があるとしています。

特に今の経済はアパルトヘイト時代の経済を引きずっており、いくつかのセクターでは独占状態が続いている事が懸念点としてあげられています。
電力会社とかなんとかした方がいいと思いますね。

また、南アフリカ政府の実施するBlack Economic Empowermentも十分でないとしており、黒人のビジネスオーナーが少ないとしています。
新しいビジネスを立ち上げるよりも既存の既得権益を巡って取りに行った方が分かりやすいんでしょうねぇ。
そんな事やってても進歩しないだろうに。

今日はランドが上昇していますね。
いい所で上昇の線を引いてくれてます。
10.3を目指せるかどうか。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

S&Pの南アフリカ銀行への警告

S&Pの南アフリカ銀行への警告


今日は会社のアメリカ人の同僚からメールが来まして、変な文書がくっついてました。
謙虚と自信は補完関係にあるとか、どの美徳とどの美徳がどう関係あるみたいな、ふかーいお話がワードで27ページ。。。
クリスチャンやねぇ。。。(ちょいと異質な奴ですが)

当然、全部英語なんですが、ちょっと英語が分かる相手となると外人にでも宗教を普通に話してくるのが宗教の強さですよねぇ。
まぁ、綺麗事が多くて平和なのはいい事だとは思うですけどね。
仏教はなんで、あぁいう分かりやすく綺麗な言葉を出さないんでしょうね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

さて、日経平均の反発来ましたねぇ。
よしよしと。
我慢した甲斐があったかな。

もう1日か2日待って次のポジション作ろう。

ビットコインの取引所のMt.Goxが再建をあきらめています。
精算ですので、同社の復活は無くなります。
と同時に消えたビットコインのみならず、恐らくビットコインの多くの投資家のロスが確定でしょう。

一応、取引所を買うと言う人もいなくはないようで、取引所が買収された場合はビットコインをMt.Goxで取引していた人ももう少し戻ってくるかも、な感じですね。

多分、Mt.Goxで大儲けした連中がニヤニヤしてるんでしょうね。
いかにガバナンスが重要かって話ですね。
ガバナンス自体はイノベーションとかないので、ヒジョーにつまらない話が多いんですが、重要なのは認めざるを得ません。
理研ももう少しガバナンスがしっかりしていれば、小保方さんも今頃国民的ヒロインだったでしょうに。

南アフリカの方は、スタンダードアンドプアーズからFRBのテイパリングに対する南アフリカの銀行の脆弱性が指摘されています。
最も弱いとされているのはトルコなのですが、南アフリカも経常赤字による銀行の弱さが指摘されています。

危ないとされているのは特に銀行の対外債務ですね。
海外での資金調達が今後FRBの引き締めにより厳しくなってくると、相応のインパクトが出るだろうとされています。
うーん、中銀のガバナンスはやむを得ないんですが、南アフリカからしてみると嫌な話ですな。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカへの旅行者数、過去最高

南アフリカへの旅行者数、過去最高


相場が難しいですねぇ。
どこが反発か分からんです~。
同じようなポジション維持していますが、コールも売りにくいしなぁ。
そんなに下がる局面ではないと思うので、一番硬そうなのはプットの外側なんですけどねぇ。
さすがに、勇気ないなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今日はランドも下がってますね。
ただ、上昇のモメンタムはまだ残っているように見えます。
暴落する感じはしません。
最近、日経だけ暴落したりするんでややこしいんですけどね。。。

南アフリカ関連のニュースは、過去最高の旅行者が2013年12月に来たなんて話が出ています。
12月の旅行客は93万7792人となり、2012年の87万人を7.6%上回り過去最高です。
これにより、2013年は1年で953万人と1000万人近くの旅行者が来たことになりました。
年率ですの3.7%上昇です。

2014年は1000万人の大台確実なんじゃないでしょうか。
東京と同じぐらいです。
ちなみに、日本への旅行者の数調べて見ましたら、2013年12月は86万人となっており、南アフリカよりも少ないです。
意外と見るべきか、妥当と見るべきかって感じですね。

元々、南アフリカは観光に力を入れてきていますし、ランドの下落が効いてるのもあるんでしょうね。
経常赤字国家としては貴重な外貨取得手段です。

そう言えば、最近は南アフリカの治安悪化のニュースを聞かないですね。
危ない国って言う印象が昔は強かったようにも思いますが、なんとなくその手のニュースが減った気がします。
慣れただけかな?

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

WTOの商取引伸び率引き上げ

WTOの商取引伸び率引き上げ


さすがに今日は日経平均も反発しましたねぇ。
14100円まで戻してきました。
大事なラインはとりあえずいったんは回避ですかね。
あれだけSQで売り込めばって話ですか。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今日は珍しく世界経済の明るい話が出ています。
WTOは世界の商取引が4.7%伸びるとして、前回の予想の4.5%から引き上げました。
また、来年は5.3%に達するとしており、強気の見通しです。

WTOは脆弱な部分もありリスクも高いとはしていて、リスクがある事も強調しています。
リスクはあるものの高い成長と言ってるあたりが、なんなんだと言う話ではありますが、まぁWTOもリスクなしとは言いにくい訳で、その辺は組んであげましょう。

2015年の5.3%の伸びにより、世界経済は過去20年の平均の伸び率に戻るんだそうです。
世界経済を元の成長率に戻したって事ですね。
FRBってのはスゴイなぁ。

WTOはまた地理的なリスクについても指摘しており、中東、アジア、ウクライナとしています。
アジアって北朝鮮とか中国とか下手すると日本もでしょうかね。
アメリカ辺りはかなり警戒しているようですが、日本人としてはなんとなく実感がわかない。
平和ボケって奴だろうなぁ。

なんにせよ、世界経済が元に戻ってくれるのはありがたい事です。
日本も少しは景気が良くなってきたのかなんなのか分かりませんが人手不足のニュースが最近目立ちます。
人口減少がかなり響いているとか。

いよいよ、人口減の日本経済への影響が見え始めた形でしょうか。
その割には賃金が上がったって話はあんまり聞かないですよね。
遅れて出てくるものではありましょうがねぇ。
ランケンは給料よりも時間が欲しいですが。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカと日本のエネルギー政策

南アフリカと日本のエネルギー政策


先週の市場はエグイ下げ方をしましたね。
ドル円は104円から101円前半への3円近くの下落。
日経平均は15200円から13900円への1300円の下落。

これだけ下げてたいしてやられていないのが不思議な位です。
5月物が少なかったのと、ほとんどSQに持ち込めたからかな。
しかし、強気にやってきたんですが、さすがに弱気にならざるを得ないですねぇ。
アメリカも下げちゃってるので、やや気分は後退です。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカがまた電力問題で揺れています。
南アフリカの電力会社エスコム社は、経営難で東京電力のような状況になっており、現金がひっ迫しています。
世界銀行に融資してもらったはずなんだけどなぁ。

もんだいの1つは人件費が高騰している事にあるようで、エスコム社は5年にわたり年間10億ランドのコストセーブを目指しています。
もちろん、人件費だけでは厳しいのでスポーツイベントのスポンサーをやめる、出張の制限なども入っています。
電力会社がスポンサーなんてする必要ないと思いますけどね。
経営陣がダメなんだろうなぁ。

そもそも電力会社が一社しかないって所が構造問題で、自由化をもっとするべきなんでしょう。
それがなかなか成されないと言うのは政治にもかなり食い込んでいる事を意味し、まぁその意味では日本の電力会社と同じ。

南アフリカのエネルギー省と財務省はお金に関してもかなり絞って来てはいるようですが、国民への電力料金値上げの8%は既に決定しています。
これがインフレ要因になってると言うのが良くなくて、南アフリカの経済成長の足かせの1つとなっています。

土地もあれだけあるんだから太陽光発電でも風力発電でもやればいいのにとか思うんですが、コストに見合わないんでしょうね、まだまだ。
日本の太陽光発電は世界一らしいですが、相当な補助金やら高い買い取り価格の上で成り立っています。
結局は、一般の家庭の電気代に反映されている訳です。

ただ、現状の日本のエネルギー政策もかなり危機的なレベルではあって、経済の足かせの1つになっている感じがします。
やはり、全原発が止まった場合の影響は大きく燃料の輸入増加が4兆円にも年間達するとされています。
原発は止められないですかね。

日本政府は、コスト的には非常に高いのですが、再生エネルギーとして太陽光発電を急ピッチで促進した結果、日本の太陽光発電の普及は急速に進みました。
とは言え、まだまだ全然でして、日本のエネルギー全体で見るとわずか1.6%です。
日本政府は、「エネルギー安全保障にも寄与できる有望かつ多様で、重要な低炭素の国産エネルギー源」と表現し、2013年から3年間は導入を最大限加速し、その後も積極的に推進するとしています。

今後、円安が進むようだと日本の発電に要する燃料価格は更に高くなります。
それは結局電気価格高騰に跳ね返り、人件費は圧縮するが輸入に依存するものの価格は高騰し、日本人の貧困化に拍車をかけると言う話ですね。
まぁ、太陽光程度じゃ、家の電力代は多少は安くなりましょうが、電車動かしたり車動かしたり工場動かすって話にはなりませんよね。

アメリカはシェールガスで一気にエネルギー輸出国に転換したりしていますが、日本のエネルギー政策は難しそうです。
南アフリカは、なんとでも出来る気がするんだけどなぁ。
石炭も取れるし。エスコム解体しちゃえば話は早いんじゃないかとぉ。↓
人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

オーストラリアとコートジボワール

オーストラリアとコートジボワール


またしても大荒れのSQでした。
まったく、どーなってるの、これ。。。
5月ものがいきなり大ヤラレ。。。
たいして怖くないと思って強気で張ってはいるんですけど、ちょっと凹んでます~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

最近オーストラリアが気になっています。
オーストラリアから自動車会社が撤退したりしていて、自動車産業自体が消えたりしているのですが、南アフリカのInvestec資産運用会社もオーストラリアの事業縮小を決めクイーンズランド銀行へ売却しました。
残るのはアドバイザリーサービス、不動産ファンド、航空機、プロジェクトファイナンス、M&Aなどとなっています。

オーストラリアって人口少ないんですよねぇ。
消費者系のマーケットとして考えると確かにあまり魅力的な市場とは言い難いかもしれません。
なんとなくオランダ病に陥ってる気がするんですけどね。
福利厚生が厚すぎるって話ではなく、通貨が高過ぎて産業競争力が低く資源への依存度が高いと言う観点で。

別にすぐに何か大きな問題が出る国とはまったく思わないのですが、長期的に産業があまり維持できないのではないかと思ったりします。
割と孤立した場所にありますしね。

アフリカの方はコートジボワールの株価がどうも面白くなってるようです。
年率10%のリターンを狙ってパリの投資会社が2つのファンドを立ち上げ、合計が6500万ポンドとなっているそうです。
いくらだ?
110億円ぐらいかな。
んー、あんまり大きくはないかな。

コートジボワールは教育水準が高くインフラもしっかりしており、起業家も多い文化だそうで、アフリカの中でも最も投資として期待が高い国の1つとされています。

あの辺の国は脆弱なので、なかなか手が出しにくい部分ありますね。
アフリカ投資ならば、やれそうな国がそもそも少ないので、コートジボワールって話なんでしょうけどねぇ。
MENAなんてどうなったんだろ。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

南アフリカの雇用統計と日経平均暴落

南アフリカの雇用統計と日経平均暴落


またもタクシーで朝帰りですー。
もー、このプロジェクト、イヤ。
別のに変えてもらうぞ~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカの雇用統計が出ています。
3月は48000人の雇用が失われており、ほとんどが鉱山セクターのロスとなっています。
鉱山セクターが大きいのはあるのですが、建築や卸なども大きく減っています。

ストライキの影響が大きかったとされています。
唯一上昇したのが政府系雇用。
16000人が公務員関係で、4000人が政府系企業となっています。

うーん、景気がよろしくないですな。
せめてストライキやめた方がいいと思うんですけどねぇ。

さて、日経平均が相変わらず下げまくってますね。
まったくー、最近のSQやり過ぎだと思う。
お金が余ってる連中が動かしまくってるんでしょうね。。。

毎回SQの度に1日で500円とか下げていい訳?
犯罪だと思うけどなぁ。

一方で南アフリカの株価指数は過去最高を更新しています。
いいんですかねぇ、この状況。
日本の株は上がらないのにね。
もう、これからSQ前はプット買っておこうっと。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

研究開発の強さと弱さと可能性と

研究開発の強さと弱さと可能性と


小保方さんに惚れそうです~。
STAP細胞と言う夢の技術と、若さと美貌と知性に恵まれた未熟な科学者。
ランケンが見てても、同情もあるし、STAP細胞への信念は胸を打たれるものがあるし、マヌケだなぁとかもうちょい英語が出来ればあんなにならないのにとかの軽い上から目線もあるし、世間も騒ぎ過ぎってのもあるし、単に女の子としてかわいいなぁと言うのもあるしで、まぁありとあらゆる感情が刺激されます。
人間の可能性とか強さとか弱さとかをここまで同時に見られる人もそうはいないなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

世の中の反応も似たようなもので、どれが先に来るかで人によって順番が違うかなとは思いますね。
なんにしても、色々な意味で感情を揺さぶられる話題です。
STAP細胞が本物となれば映画化間違いなしですね。(笑)
夢があるので、あると信じたいな。

という所で、こないだのは一回恩赦!
もう一回論文出せばいい!
誰にも危害を与えた訳じゃなし。
一回ぐらいの失敗で負けてほしくないですね。

ランケンの予想としては、STAP細胞が本物であれば、恐らく彼女はアメリカで研究を続行するでしょう。
日本の研究機関は例外をなかなか認められないだろうし、日本の文化としても研究が非常にやりにくくなったのは間違いないでしょう。

アメリカは日本と違って失敗を許しますから、本物となればいくらでも予算を付けると思います。
そういう意味では日本の損失になっちゃうだろうなぁと思いますね。
もう少し、小保方さんを守る人がいてもいいんじゃないかと。
倫理だのなんだのって言う人も多いでしょうが、大発見なら懐を大きく持ってほしいと思います。

さてさて、惚れかけてるがために長々と書いてしまいましたが(笑)、強くあって欲しいのはランドも同じ。
最近少し強さが見えていいぞ。
こないだまでは弱さばっかりだったけど。
高値更新が続いており、10.45です。
ランドの可能性はどこまで行くかなぁ。

南アフリカも研究開発費が底を付けたようで、研究開発への投資が増加していきそうです。
とは言っても、GDP比で0.76%だそうで、世界的な平均の1.77%からだいぶ下です。。。

南アフリカ政府としても研究開発をもう少し持ち上げようとしているそうですが、なかなかうまく行っていません。
小保方さんでも招聘すればいいんじゃないのとかって思っちゃうなぁ。
相当予算付けてもらえると思う(笑)。

ってな所で、無理やり小保方さんと南アフリカをくっつけて適当なエントリー書いたランケンでした。
読者の皆様、すみません~
ランケンの知性なんてこんなもんです(爆)

あ、一応は英語の論文書きましたよランケンも。
コピペなしで!
耳は聞こえなかったですけどね。(笑)
英語が聞き取れなかったんだもん~。

たいした研究でもなかったし、たかがマスターの学位だし、それ位しか小保方さんに勝てそうなアピールが他になんにもない(笑)
ランケンから見たら雲の上ですよ、あんな研究。
頑張ってほしいす。↓
人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!
Blog_Ranking

為替ブログも面白いですよ
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張