南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
アメリカの株価は戻りそう?

アメリカの株価は戻りそう?


会社の飲み会がカラオケでした。
中国人、フィリピン人、タイ人、日本人で10人以上でカラオケなんて初めて行きました。
しかも年齢もバラバラでテイラースウィフトから六甲おろしから宇多田ヒカルと、まぁバラバラ。

言葉も中国語の歌やらタガログ語(フィリピンの言葉)の歌やら英語の歌やら日本語の歌やらでしたが、外人の方が日本の歌を歌うのうまかったりしました(笑)。
歌が上手い人って、どこの国でも通じるもんだなぁと感心しましたわ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカの債務指数が出ており、第二四半期は48ポイントとなりました。
第一四半期の48.8ポイントから若干の悪化です。
経常赤字なので、借金が国全体にあるのは当然ですが、債務をあまりため込まないようにしないとですよねぇ。
まぁ、お金がそもそもない国なので、借金依存になるのは当然でしょうけども。

ランドは最近めっきり安定しています。
今日は対ドルで13.2ポイントぐらいですが、最近の平均ぐらいな感じ。
安定してるのはいい事です。

市場は少し戻りがきています。
特にアメリカの株価指数の戻りが割としっかりしてる。
こりゃ、上がるなアメリカは。
SP500のオプションでも建てておこうかな。

対してドル円の戻りはイマイチですね。
でも、ここは円高には賭けられないでしょう。
108円半ばで止まったと見たい所です。

日経先物もちょっと戻った。
まだまだ苦しい。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの税収不足大きなものに

南アフリカの税収不足大きなものに


NHKが、マンションに衛星放送の施設があるから払えって押しかけてきました。
NHKってズルいですよね、平均給与が1000万円を優に超えるのに手当も厚いくせに公務員みたいな立場で、むっちゃくちゃ高い契約料を押し付けてくる。
そのくせ不祥事までしでかして、民意なんて反映出来ないようになってる。
日本一の既得権益じゃないかと思う。

見た事ないんですけどね、衛星放送なんて。
それに毎月お金を払わないといけないなんて納得いかない。
マンションに言って外してもらうとか出来ないのかな。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカの税収不足が500億ランドになると見込まれています。
4000億円不足は小さくはない。
2008年の金融危機以来最悪の数字となる可能性が出てきました。

税収不足の主な理由は所得税と消費税による収入が落ち込んでいるからだそうです。
企業レベルの法人税ではなく消費者レベルの税収不足が大きいという事ですね。
南アフリカの財務省は支出を減らすなどして赤字を埋めるようにはすると述べていますが、実際のところ出来る事は大きくないようでして、今年は厳しい結果になりそうです。

今日のランドはしっかりしてはいますけどねぇ。
南アフリカの株式市場のヨハネスブルク株式市場も若干上げる形にはなっています。
あまり大きな下落は想定していないのですが、日本はダメですな。。。

今日の日経先物はイマイチです。
戻るかなぁと思ってたんですが、全然戻らないや。
ちょっと苦しい展開です。

下行くならガッツリと行って欲しい。。。
あ、下値切り下げてきた。
まぁ、この辺が一番苦しい所なので、焦るまい。

結局、リバースカレンダーでベガヘッジしてみたりしています。
結構使えるストラテジーな気がしてきました。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



保守的な右派は変化に生き残れるか

保守的な右派は変化に生き残れるか


ホントによく雨が降ります。
涼しくなって今日は気持ちがいいのはちょっと嬉しいんですけどね。
夜がよく寝られるようになりました。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

先週はボストンの白人主義への抗議だったり、トランプのTweetだったり、白人至上主義の殺人だったり、裏のアメリカ大統領とまで言われたBannon氏の解雇だったり、スペインのテロだったりと、全体的に社会問題に関する話が多かったです。
社会問題の裏側には経済問題があったりするものですけども、アメリカは景気はいいですし比較的経済問題の色合いは薄い感じがします。

個人的に興味深かったのはトランプの支持者の黒人がAmerica Firstだ!ってプラカードを持ちながらも、俺はナチズムなのかって抗議してる写真を見た事です。
これ、グローバル化と言う名の元に仕事を失ったか仕事の選択肢が減った黒人層がアメリカ政府に対してもっと国内の対策をせよって抗議してる絵なんですよね。
この人、オバマに反対だったって事なんだろうなぁと思いました。

誰にとっても職を奪われるのはツライ事でしょうが、グローバル化の流れでよその国に産業自体を持っていかれると、そこで仕事をしていた人々はにっちもさっちも行かなくなり窮地に陥ります。
特に環境要因が大きいと本人の努力とかって話は全く関係なくて、工場の海外移転などでいきなり仕事が無くなり、生きるすべを失ってきた人々がアメリカには相当数いるんでしょう。
トランプは無茶苦茶だと第三者的には思いますが、それでも4割近い支持を未だに持っているのは、こういう層がここ数十年で累積してきた結果なんだろうなぁと、トランプ支持の黒人の写真を見て思わざるを得なかったです。

海外の新聞なんかを見ると保守層の右派対リベラルで革新的な左派の構図が見られます。
傾向としては田舎の保守層右派と都会の左派な感じで、まさにそれがトランプ当選の理由だったとも思います。

保守層は通常変化を嫌う人々で、環境の変化により生活が脅かされるのに対して強い嫌悪感を抱くイメージがあります。
この環境の変化を嫌うのはある意味で社会主義のイデオロギーに通じるものがありまして、村社会を形成し、外にいる人と敵対しがちです。
過激化すると人種差別になるのは世界を見渡してもあちらこちらで見られます(日本を含む)。
また、宗教のような閉鎖的で考え方を変えない人たちとも相性がいいように思います。

一方のリベラルな左派は変化を受け入れる人々で、変化による刺激を楽しむ人々かなと言うイメージがあります。
環境が変化すれば割と自在に動きを変えながら、外に出ていきます。
左派で過激化するのってあまりない気がするんですが、それは環境に乗って考え方も変えられるし、生活も変えていける器用な人々なんでしょう。
従って環境の変化の恩恵を享受しながら豊かになっていける可能性が高くなりますし、右派の考え方とは本質的な合わない。

人種問題がクローズアップされていますが、本質的には変化に乗れる人々と遅れてしまった多くの人々の対立が世界規模で起きてるんだろうなと思っています。
変化に乗ればいいんだよって言うのは簡単なんですけども、そもそも変化のない環境にいる人々はやれる事がないんでしょう。
ゆっくりと日々出てくる差は10年でとんでもない差になってしまい、取り戻せない人が多くなる。
これが地方と都会の格差となるし、欧州なんかでは国家単位でこの差が開く。(欧州じゃなくても、北朝鮮と韓国の差を見れば明らかですけども)

環境を変えられるのは、お金があってチャンスを与えられてきたりとか、強い意志を持って何かをつかみに行く人でないとなかなか出来ない話です。
それを思うと、今世界で起きている事は必然かなと思います。

ランケンはホリエモンのファンではあまり無いんですけども、彼は左派の過激派な感じがします。
自ら強い意志で環境を変えたり、権力とも戦う。
エスタブリッシュメントとも違うので、異端児に見られますが、スティーブジョブズにしてもビルゲイツにしてもイーロン・マスクにしてもジェフベゾスにしても異端児が世の中を変えてきている部分は常にあって環境は変化せざるを得ないんでしょう。

地方創生なんてちっともうまくいかないのは1つには変化を受け入れずに持っているものだけでやろうとしている点だと考えます。
持っていないものなんて出来っこないし、老人ばかりになっている地方で変化をしろって言っても現実的ではなくて自分で環境を変えるような事は出来ないでしょう。
結局は外から変化を入れこまないといけなくて、それは痛みを伴う。

変化って多かれ少なかれ痛みを伴うものですが、やらないといけないんだろうなぁとアメリカを見てて思いました。
環境を意識するってあまり無いんでしょうけども、意図的に見て環境を変えるという事もしていかないと取り残されて人生詰んでるみたいな事にもなりかねない。
ヒキコモリなんてのは最たるものかもしれないな。

ランケンも今が割と楽なので全然変化する気が無かったりしますが(笑)、良くないのかなぁとか思ったり。
まぁ、でも都会に住んで外資に勤めて相場やってるだけでも、世界の変化には多少気が付く環境にはいますかね。
変化に全く気が付かない人の方が圧倒的に多いんでしょうし。

少なくともテクノロジーがどう社会を変化するか、あるいは制度を変えていくかは見ておきたい。
ビットコインは制度がなかなか追いついてこないですねぇ。
ヒカルのValuのインサイダー取引なんて笑っちゃいました。
歴史は繰り返す。

さて、今週の相場に変化は出てくるでしょうか。
チャートだけ見てると戻りそうにも見えますけどね。
材料出尽くしになるか(上がる)、トランプ政権の政策に対する実効性を疑問視される相場(下がる)になるかのどっちか。

直近のBannon氏の実質解雇は相場にはプラスだとは思うんですけども。
上がる方が7割、下がる方が3割な気分です。

まぁ、どっちに行ってもいいのはいいけど、ちょっとベガが大きいのが気になるかなぁ。
上がるが基本なので、ボラティリティが下がると思うんですよねぇ。

どうしよう、カバードプットにしてベガショートのデルタ先物ヘッジにしようか。
ガンマはプラスにしておきたいなんて都合のいいことを考えてたらダメ?
あーそーか、期先でプット売ってヘッジしたらいいのかな?
板少ないはずだけどATMなら出来るかも。
考えよう。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ中銀の次回金利引き下げは11月の予想

南アフリカ中銀の次回金利引き下げは11月の予想


会社で同僚が作った資料の指摘をしてたら、失礼だって逆ギレされました。
作ったもののアカウンタビリティが余りにもなくて穴だらけだから品質が低いだけなんですけどね。
上下関係も何もないので、どうやって指摘したらいいんだろうか。。。
品質が悪いのほっておくと、後でトラブるので指摘しない訳にもいかないし。
ケアレスミスレベルならば直しちゃえばいいとは思うんですけども、仕事がいい加減なのが見えちゃうとストレス溜まります。
やりにくいわぁ。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカ中央銀行の金利引き下げ予想が出ています。
ロイター調査によると9月の引き下げは27人のエコノミストの内11人が予想しているのですが、11月の金利引き下げの可能性の方が高いと報道されています。
また、5人は年内の引き下げはないともしていまして、11人が9月で5人が来年とすると残る11人が11月って事かな?
そうすると同じ確率になるように見えますが、なんとなく意味が分からん文章だな、これ。。。
9月も可能性があるとは言え、11月にもって両方に答えた人がいるって話なんでしょうか。

南アフリカのインフレ率は5.1%とだいぶ下がっています。
現在の金利6.75%はそこそこの引き下げ余地がありますので、経済成長が停滞しているので、下げるのは間違いありません。
問題はいつ下げるかって話と、どれだけの引き下げ幅にするかの2点です。

エコノミストたちは各自バラバラの予想を出しまして、それを平均すると(中央値ですけど正しくは)11月に0.25%下げて6.5%と言う予測になっているそうです。
個人的には来月下げちゃえばいいのにとは思うんですけども、どうやら南アフリカ中銀はより慎重な金融政策をとるだろうというのが現地のエコノミストの見方になっています。
南アフリカの政府がデタラメなんで、保守的な政策を取っている部分が南アフリカ中銀の評価の礎みたいな部分ありますから、理解はできますかね。
正直、賛成しかねる部分もあるけど。。。

今日は市場がまた落ちました。
先日は北朝鮮でしたが、今回はトランプの発言でアメリカの株式市場急落の影響を受けた感じでした。

そっすかぁ、そーきますか。
せっかくなので、喜んで建て玉を増やさせて頂きました。
攻めてみますが、どうなるかなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



人種差別主義者に関するトランプの失言とか

人種差別主義者に関するトランプの失言とか


お盆休みなのに、会社ほとんど誰も休んでません。
ブラック企業か。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

白人至上主義のクークラックスクラン(KKK)による殺人の件、結構大変な事になっています。
よくもまぁ、これだけの失言が次から次へと出ますよね。
さすがにアメリカの経営者も怒ってますが、薬品会社のメルクのCEOが一番怒ってそうです。
黒人CEOなので、当たり前ではありますが、アメリカ人にとって非常にセンシティブな話なので、大問題になってます。

世界トップの債券投資会社ブラックロックのCEOはトランプの発言は国内テロと同等だと強く批判しています。
インテルのCEOも同様に厳しくとらえており、トランプ政権はイエスマンを集めてるように見えると公に発表しています。


アメリカのそうそうたる企業のコメントが並んでる記事がCNBCにありました。
英語ですが、いい勉強になりますし、アメリカのトップ企業の価値観みたいなのが分かりますので、ぜひ見てみてください。

https://www.cnbc.com/2017/08/16/heres-whos-in-and-out-of-trumps-economic-advisory-councils.html

こう言うのが、すぐに各企業のCEOから出てくるのがアメリカの凄さかなぁといつも感じます。
って言うか、Twitterで国家元首の批判出来そうな会社、日本ではソフトバンクぐらいかなぁ。
ヘタな発言したら、社長のクビが飛びますからねぇ。

だいたい、合衆国大統領への批判なんて簡単に出せないはずで、日本の企業だったら原稿のドラフト作成して推敲して、取締役会で稟議通してぐらいじゃないと出てこないように思います。
一か月ぐらいかかるんじゃないかとw
よくツイッターで出来ますよね。
アメリカのトップでもツイッターで発言してるかどうかもあるし、声明文の書き方見ると当該のCEOの発言の強さから発言力が見えて面白かったりしますね。

アメリカにも和の精神は割とありまして、あまり組織が荒れないようには考えています。
ちなみに、英語でなんて言うか分かります?
答えはブログの最後ね~。

南アフリカはトランプのニュースあまり大きく扱ってないように見えます。
少なくとも新聞上は。
人種問題は南アフリカではタブーなんでしょうねぇ。(タブーに決まってるか。。。)

市場はドル円がまた109円台に入ってますね。
日経先物19500円台に落ちてきた。
昨日の夜、19800円手前で利食いしてたんですが、良かったかな。
もうちょい下げたら、ポジション追加したいな。

さて、和の精神を英語に訳すとって話、ランケンは下だと思います。

Team!

結構、使われますよ。
日本みたいにベタベタした和の精神とは違うんですけどね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ボラティリティが下がってきた

ボラティリティが下がってきた


よく振りますねぇ、雨。。。
傘を使わなくてもいいんだか使わないといけないんだか分からない位な所が、ビミョウです。
傘を持つのが嫌いなので、濡れながら動くんですけども、結構濡れる。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ドル円は111円を意識した動きとなっています。
円については先週の北朝鮮絡みの下落は全戻ししました。
日経先物の方は付いて来ていない状況ではありますが、お騒がせは一旦終了でしょうか。

やっぱりねって感じですよね。
IVも下がってまして、VIXは今日は12ポイントを割りました。
一時17ポイントまで行ってたのにあっという間に元の数字。
10ポイントぐらいまで下げてもおかしくないですので、ボラティリティショートをしたいかな。

それにしても、また値動きのない相場に戻っちゃうんでしょうか。
うーん、ツマラナイ。。。
もう少し、ピラミッティングを増やせば良かったな。

だいたい政治家の発言で動く時なんて、まだ本格的な危機じゃないんですよね。
今週は反発するの分かってたんだし、先週の時点で少し控えめにした所がイマイチだな。
攻める時に攻められないのはよくない。

SQまでの残存がもう少し短かったら、攻めたんですけどねぇ。
売り枠の制限があるので、残存が1か月とかあると攻めきれない部分はあります。
慎重すぎるのねぇ。
ランケンが大金持ちにならない理由でもあります(爆)

今日のランドも落ち着いています。
北朝鮮の話でランドが動く理由もないので、当たり前っちゃ当たり前かもしれませんが。。。
ランド円は8円37銭ぐらい。

今日の南アフリカのニュースはMoody'sが南アフリカの成長阻害要因は政治だって言った話が出ています。
同社は南アフリカ経済への投資が活発になるような政治的コンセンサスはあまり出来ないだろうとして悲観的な見通しを示しています。
一応、ジャンク入りにはmoody'sはしていなく、経済のサイズが大きい事や産業の多様性をジャンク回避の理由としてあげてはいます。
ただ、今後の格下げの可能性は低くなく、格下げの可能性の方がやや高いと述べています。
格付け会社に振り回されることもランドは最近少ないですし、なんとなくマンネリ化すら感じるので、あまり気にする必要はないとは思います。

むむ、ユーロドルが気になる感じのチャートですね。
ユーロが1.17割れてきた。
もう少し押すかもしれないなぁ。
だいぶ上がりましたからね。

そーいや、騒いでたカナダドルもだいぶ下げましたね。
USドル・カナダドルで1.27まで来た。
こりゃ、ドル買いしか出来ないなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ裁判所、中銀の独立性を明言

南アフリカ裁判所、中銀の独立性を明言


会社のチームが大きくて複数チームを掛け持ちしてるもので、飲み会の回数が今月は多めです。
あんまり会社の飲み会は多くしたくないんですけどねぇ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカの裁判所は中銀のインフレターゲット変更の措置要請を退けました。
南アフリカ中央銀行の勝ちです。
正常な裁判所で良かったわぁ~

裁判所は判決の中で南アフリカの権限は憲法により守られていると明確にしました。
まぁ、訴えた人がおかしいって話はあるんですけどね。
若干、茶番劇な気もしますが、滅多に出てこない南アフリカ裁判所がマトモな事が分かったのは良かった。

市場は、昨日は戻りが鈍いなぁなんてボヤいてましたが、やっぱり戻してきましたね。
一気に利益化してきました。
20000円見に来るかな?
デルタの大きさに耐え切れずに利食いいれちゃいました。

19800円後半ぐらいで本当は入れたいんですけどね。
まぁ、明日の様子を見てでもいいかなぁと。
ただ、どーしよ、テールが下がってるのが気になる。
17250円はストップ安の下だからさすがに大丈夫か。

ドル円も110円を回復です。
円高に賭けにくいとはやっぱり思いますね。
素直に円安に賭けたい所です。

もーちょい利確したいんだけどなぁ。
なんか19700円割れそう。。。
それならそれでコール側に手を入れようかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



明日、南アフリカ裁判所が中銀の独立性を判断

明日、南アフリカ裁判所が中銀の独立性を判断


東京は雨ばかりで記録的な雨だそうですねぇ。
気温はさほど高くないんですが、ジメジメして寝苦しい感じでした。
夏はどうあっても苦手。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカは明日、中央銀行のインフレターゲット変更を改変するかどうかについて裁判所が変更を違憲とするかどうかの判定がされます。
まだ高等裁判所のレベルですので、最終決定ではないかもしれませんが、裁判所がどう判断するかによってはランドが動くかも知れません。

中央銀行の独立性を維持できるかどうかの重要な判断となります。
政治の変な思惑の影響を裁判所が受けてるかどうかという観点でも個人的には興味ありますね。
政治家がダメなのは十分に分かってるので裁判所のレベルをはかれるかな。

さて、市場は週明けの戻り、鈍いです。
シカゴの日経先物は19350とか付けてたと思うので、19580円ぐらいまで戻ってるのは割と戻ってるとも取れるんですが、東京の日経平均で見ると窓開けの急落な感じ。
まぁ、基本的には戻る方向で見ています。

今日はリスク感応度の高いランドもやや上げています。
対ドルで13.5まで先週落ちてましたが、13.3まで回復です。
ランド円のチャートなんか見ると割ときれいな十字線出てるし、上がるんじゃないかなぁ。

一番、心強いのはアメリカのSP500ですかね。
予想通り、値を戻してきました。
なんで、円と日経先物の反応が鈍いんだろうか。
先週末、SP500でポジション組めば良かった。
甘いなぁ。。。

海外投資家がアジアのリスクだからってんで買いにくい状況になってるのかなぁ。
うーん、それはあるかもしれない。
まぁ、こういう時こそ、ジワジワと日銀の買いが効いてくれると嬉しいんですけどねぇ。

人気blogランキングへ


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



お盆相場は薄商いの中、チョッピーかなぁ

お盆相場は薄商いの中、チョッピーかなぁ


ランケンスクールに学生さんが土曜日から入ってきてるんですが、結構経済を理解しているんですよ。
ランケンブログの読者さんなので、経済にもちろん興味あるんでしょうけども、初心者の中では今まででトップクラスかもしれません。(感覚的ですけども)
エンジニア上がりのランケンには20代であんなマクロなものの見方出来なかったけどなぁ。
一緒に受講されてた女性も驚いてらっしゃいました。

こちらの女性は5年ぐらい前にも参加して頂いてた方なのですが、なぜかイチから再受講されたいとの事で出戻ってらっしゃいました。
普通の英語スクールって戻ってくる人、よくいるのかなぁ。
変な英語と経済の先生がいいんだそうです(爆)。

後は証券会社の女性の方が入学されました。
金融系の女性の方、割と多いスクールなんですが、なんとなく共通の雰囲気を醸し出してるものですね。
なんとなく上品でWell educatedな感じかなぁ。
男性はこれが分からないんですよねぇ。
ランケンなんてインテリヤクザっぽいとか呼ばれますから(爆)。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

先週末はイマイチ買い戻しが出なかったです。
結局シカゴの終わりは19400円ぐらいでドル円も109円台の頭。
まぁ、下がろうが上がろうが構わないポジションなので、いいんですけどね。

個人的には下がってくれた方がありがたい気はします。
19000円以下はプットの買い玉が15枚ぐらい並んでます。
かかってこーいw

でも、これ、下がらないんだろうなぁ。
ランドの動き見てても海外の新聞読んでても、それほどの緊迫感は感じません。
トランプは相変わらず吠えてるけど、だいたい彼は休暇中でアメリカが今手を出すとは思えません。
北朝鮮は意味不明なので予測不能ですけどね。

ランケンのポジションのデルタは全体で0.67。
戻ってくれば一気に利益になる(はずw)。
まぁ、ベガは53とかあるので、戻ってIV下がるとこっちはやられるんですけども、トータルでは勝てる(はずw)

9月のSQまで4週間丸ごとあるのが、安心なような微妙なような。
不安って感じまでしないんですけども、もうちょい残存が短い方が元に戻るならやりやすい。
逆に下がるなら残存が長い方がいいのか。
結局、相場次第ですな(笑)。

機関投資家はミサイルの可能性をどこまで織り込んでるんでしょうね。
数千億円とか動かしてたら、ミサイル怖くてしょうがないですよねぇ。
大きく動き出したらストップロスで日経先物の売りが大量に動くようになってるのかなぁ。
まぁ、それで動いたと言ってもいいかもしれない。

今週は日本はお盆休みなので、商いも薄いはずです。
チョッピーな展開かもしれませんね。
19000円見に行ったりする可能性も考えておかないとかなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



今日は買い戻しの日かな

今日は買い戻しの日かな


右折禁止で右折してしまいちょうどお巡りさんがいたのでチケット切られちゃいましたぁ。
7000円。。。
くぅ。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

日本は山の日でお休みですが、海外の相場は動いています。
ドル円は108円台に入りそうです。
でも、少し落ち着きの兆しが見えなくもない気がします。

ランドは世界的な株安でリスク回避の動きで下落していましたが、今日はちょっと上昇気味です。
同様に日経先物もシカゴ市場で19400円台を回復。
あと一番大事なアメリカのSP500が下げ止まっています。
今日は週末ですし、全般的に買い戻しが入るかもしれませんね。

南アフリカでも今日のランドは比較的落ち着いていると報道されています。
これだけボラタイルな世界の市場の中でこの動きならば、まぁ本格的な感じはしません。

北朝鮮情勢を巡り相変わらずトランプは無茶苦茶言ってて日本ではそれしか報道されていませんが、実はアメリカ政府の閣僚は後からトーンダウンの発言を結構しています。
相変わらず日本のメディアは視聴率やらなんやらで過激な部分しか報道しなくてウンザリです。
市場が反応してるのは夏休みで薄い所に北朝鮮のネタに食いついたって感じじゃないかと思うんですよね。
だって、ファンダメンタルとして何か変わったわけではないはずです。

恐らく北朝鮮情勢はまた膠着状態になるんじゃないかなぁと思います。
来週になれば相場も戻るんじゃないかなぁ。
今日、どれだけ買い戻しが入るかで変わるかと思います。

昨日、デルタヘッジの先物を建てたんですけども、ちょっと上だな。。。
デルタヘッジしない訳にもいかないんでいいんですけども。
アメリカの株式市場ですねキーは。
ちゃんと戻ってほしい。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張